同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

尻尾切断手術 (グロ注意) 

きなおの神経が切れた尻尾
IMG_0899.jpg

元気が出るまで手術は出来ないと医師
で、待っていた
が、尻からダランと垂れ下がっている尻尾
階段の上り下りとかでバッタンバッタン
打ち付けてケガしてもマヒしているから分からんきなお

ふと気づくと先がビミョーに短くなっている
IMG_0900.jpg

多分、壊死した部分を自分で舐め剥いだのだろう
元気も出てきたしと手術の予約を入れると
二週間後だという
いや、そんなに~?
そー言えばこの病院
何年か前には看護師さん(?)は二人位しかいなかったのに
今じゃ四人
診察受けている間にも次々と来院していたし
今はブームなのかね、ペットの。

で、やっとこさ手術を受けて帰って来た
手術痕をなめたらいかんということでカラーを嵌められ
鬱陶しそうなきなお
IMG_0902.jpg

その毛を刈られた手術痕がなんとも・・・・
まるで羽根をむしり取られたチキン
で、十日後
やっとこさ抜糸でカラーも外されのびのび

IMG_0905.jpg

刈られた毛もボチボチ生えてきた
IMG_0906.jpg

ま、ここまでは良いんだけど
去年から突如始まった『何処でもうんちぃ~』
が、シッコまで・・・・・
ストレス?それとも仏夫みたいに排泄の感覚が失われたとか?
最近は、夜の、オシッコ地雷に気をつける毎日である

にしても、家の中が臭くてたまらん。。。。。。

category: ペット

帯に短し、たすきに・・・ 

二年前に買い替えた助手席リフトアップ車
ここで記事にしたように乗り降りに不満があった
そんな中、購入した一年後にこのシリーズがモデルチェンジ 
car_list_fre_plift.jpg
今度のは前後にスライドシート出来るし
グローブボックスと膝との間隔がだいぶ広くなっているという

きっとユーザーの不満やら意見を取り入れて改良したのだろうが

うーーーーーーーん
(後悔先に立たずだ)

ンでも、考えた
わたしゃ、後何年元気で介護出来るだろ・・・・・・

てことでここ五年で三台目
ただし助手席は今回はハイブリットは作ってないとのことで
サイドリフトアップ車にした
car_list_fre_slift.jpg

考えてみたら最初からサイドリフトアップだったら
ここまで乗り替えんでもよかったのよね

ていうか、リフトアップ車自体がニーズもあんまりないだろうし
第一、展示車が近辺にはないから
実際に使ってみるまで分からんのよね〜

ま、とにかくこれで最後・・・・のつもり
車に遣ったお金・・・・・
いやいや、いやいや
自分の体力と健康を秤にせんばね


category: ひとりごと

きなおくんが・・・・ 

きなおが夜に脱走した
いつもだと二、三時間で戻ってくるのに
その日は一晩中帰って来ない
朝、気になってテラスから「きなお〜、きなお〜」。

仏夫も心配だったのか
『車に轢かれて玄関で死んでいた』
と、縁起でもない夢を見たという

それからしばらくして、テラスで呼んでいたのが聞こえたのだろう
玄関のガラスにちょこんと座っているきなおの影

あぁ、良かったと家に入れたのは良いが
なんか様子がおかしい

いつもご機嫌でこんな風に尻尾がピーンの筈が
ダラーンと垂れて、元気もない
IMG_0858.jpg


脱走して帰ったらいつも餌に直行が
食欲もなさそ・・・・うーむ
IMG_0639.jpg

病院に連れて行くとレントゲンを撮られた
その結果
肛門の近く、尾の付け根当たりの神経が切れているという
IMG_0883.jpg

「これは事故ですね」と、医師
そっか〜・・・・・
そして、神経が切れて感覚がないから
元気になったら付け根から切断した方が良い
そうしないと引きずって汚れるし大小便も付いてしまうのだと言う

きなおちゃん
あんたの尻尾ぴーん姿、もぉ見れんとね
母ちゃん、悲しかよぉ

ンでも、よぉ考えたら
尻尾で良かったかも?
もぉ少し上の部分の神経だったら仏夫の二の舞だったかもしれんしねぇ
猫の車椅子?
あんたの介護までは母ちゃん
無理

category: ペット

今年かなぁ〜と思いながら 

施設暮らしも六年が過ぎ、今年の六月で丸七年を迎える
ここ四年くらいは正月を迎える度、今年かなぁ〜・・・
だったのだが
施設からの連絡では、減っていた体重も下げ止まって
少し持ち直してきているという

そんな中、面会に行くと仏夫の車椅子姿で分かるのだろう
「馬場さんですか?」
と、スタッフが話しかけてくる

で、去年もだったが
義母がここ何日か話すようになって
それも訊かれたことのオウム返しじゃなく
会話として成り立っているのだとか

食事後の"美味しい"とか挨拶を返すなどの様子を
動画で見せてくれた

確かに部屋に会いに行くと声は出せなかったが
いつもの能面じゃない
少し微笑んでいるような穏やかな表情をしている

・・・・もしかして抜けかけた魂がこちらに戻ってきている?
ンなバカなと思いながら
この分だと今年も大丈夫のような気がしてきた

ところで義母は六人部屋で同室の皆さんは全員重度
寝たきりで、齢も九十過ぎ百歳超えなのだが
今回入り口に近いベッドが一つ空いていた
きっと・・・・だろうなぁ

category: 認知な姑

沈黙ーサイレンス 

ずいぶん昔、まだ独身だった頃に読んだ
遠藤周作の「沈黙」。

映画になってレビューも点数が高かったので
長女と仏夫、三人で観に行った

320.jpg

・・・・・・三時間近くの大作だったが
途中で出ろうかと思うくらいクソつまらんかった
評価はあてにならん



うちの枝垂れ紅梅

IMG_0896.jpg


ただいま三分咲きくらい
今年は咲き始めるのが早い

category: ひとりごと

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。