同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

忠猫ミー公 

最初は偶々かなぁ〜と思っていたが
ふっと気づくと
三日に一回の仏夫の入浴時には必ずミーが脱衣所にいる
入浴の間中、浴場の外でじっと座っている

もしかしてお風呂の水が飲みたいとか?
試しに飲ませてみる

確かに飲むが、飲み終わってもジッとしている



入浴が終わり風呂場から仏夫と出てくると
安心したかのようにトットットッと戻っていく

私や娘たちが入っていても
こんな風に待っていたことなんてないから
もしかしてオカーサンからちゃんと入れてもらえているか
監督している・・・・とか ( ´,_ゝ`)プッ



category: ペット

キャットミント 

ミネソタンの怪人さんブログ
初めて知ったキャットミント

猫にはまたたび的な効果があるとかで
うちにもくれんかなー

との念がアメリカにも届いたのか(届くかっ)
三個も作って送ってくれた

013.jpg

怪人さん、ありがとー

早速、暴れん坊きなおに与えると・・・

014.jpg

ぺろぺろ



うちの"たま駅長"ミーもご覧の通り


一番ぐふぐふだったのがデブちよこ


で、怪人さんの記事にもあったのだが
うちにも無反応が一匹

IMG_0837.jpg

ふんっ!てな感じで
むしろチキンな子だから後からは恐がっていた

ミーが遊んでいるのを横取りするきなお


この暴れん坊は放ってると
こんなことをするので


IMGP1210.jpg

慌てて取り上げた

怪人さん、あーた
器用だわ、ほんと。
何より、そうやってすぐ作っちゃうのには
脱帽ですたい



category: ペット

うちの"たま駅長" 

同じ三毛だからかもしれないが
先ごろ亡くなった、たま駅長

PN2009122201000868_-_-_CI0003.jpg

見る度に、うちのミーとよく似ている
違うのは左頬の黒い部分だけ

IMGP0998.jpg

似てるよねっ
IMGP0997.jpg

あんたも14歳だ
そろそろ・・・・かもね

category: ペット

きなおとチヨ子 

先週のこと
都会に住んでいる姉が母の葬儀以来だから
六年?七年?ぶりに里帰り
うちにもニ泊した

顔も身体もふてぶてしいくせに
ノミ心で超人見知りなチヨ子は
IMG_0593.jpg
IMG_0439.jpg

絶対に出てこんだろうな~と思っていたら
案の定
IMG_0704.jpg

出てきても結界から一歩も入って来ず
姉の姿が見えたり声が聞こえたりしたら
それこそ必死で隠れまわる

「かわいくねぇー」と姉。

対して『人間みんな友達』きなおくん
身体スリスリ愛想振りまくり
姉のために敷いた布団にどっかり座り
挙句の果て
まだ夜明け前だちゅうに
ガブリと甘咬みして姉に餌をねだる
IMG_0705.jpg

これが二晩ともだという

ま、咬んで餌をねだるのはいつものことだけど
(それも顔を咬む)
にしたって家族とよその人間ぐらい見分けつくだろ・・・・・

ん、ついてない?
もしかして
きなおってバカ??

あんたら兄弟(多分)
二匹混ぜ混ぜして"丁度良い猫"だよね~
IMG_0592.jpg

category: ペット

茶トラ三代目 

猫って普通はゴロゴロ言うよね
特に首の下なんか撫でたら、そりゃぁもぉ~

でもね
うちのきなお君・・・・言えない

IMG_0641.jpg

撫でると気持ち良さげはするんだが
ゴロゴロじゃなく「ふぅー、ふぅー」。
まるで全力疾走した後の息遣いだ

で、寝息がすごい
「ぷしゅー、ぷしゅー」
ベッドの下に隠れて寝ていてもすぐ分かる

肺でも悪いのか?
それにしては元気が良すぎだから
持って生まれたモノだろう

茶トラは、きなおで三匹目

もう14年くらい前になるのかなぁ
馬場家で最初に飼ったのが、茶トラで
入りこみ猫というか
いつのまにか住み着いていた

それまでは元々家を荒らすからという事で
猫も犬も飼っていなかったのだが
入りこんできた時は
ペット絶対不可の義父も亡くなっていたし
タイミング(?)も良かったのだろう

で、これが一代目のトラ
IMG_0627.jpg
(写真からなのでボケボケ)

ところが飼ってすぐにしばらく居なくなった
何日かして帰ってきたのだが
具合が悪そうで元気が無い
IMG_0634.jpg

病院に連れていくと白血病だとのこと
おそらく親由来のもので生まれた時からだという
それでも一年くらいは生きていて
最後はお腹に腫瘍が出来てあの世に。。。。

その最後がね
苦しんで苦しんで・・・

弱った体でヨロヨロと風呂場に行き
瞳孔が開いてまっ黒になった目で私を見て鳴くのよね
「お母さん、助けてー、助けてー」
みたいに

そんなトラを段ボール箱に入れて
もう早く楽にならんねと
事切れるまでまでお腹をさすってやったっけ
あの苦しそうな様子は今でも忘れられないし
思い出すと今でも涙が

その後がペットロスというのかな~
思い出しては
一ヶ月くらい泣いていたような気がする

で、その頃とっていた生協のチラシの中に
『猫を譲ります』みたいな記事を見つけて
その頃には猫好きになっていた(ならせた?)
義母を連れて貰いに行ったのが
この茶トラ、二代目

IMG_0636.jpg

この子も上の子と同じ
一歳までにはなっていなかったけど成猫だった

可愛かったけど頭が残念(?)で
来て八ヶ月後の或る日、行方不明に・・・・
きっと外に遊びに行ったはいいが
家が分からなくなったとか?
それとも車に轢かれたとか?

で、三代目きなお
ブサ面で腕白だが
かわいい
IMG_0639.jpg

長女の大のお気に入りで
いっつも、かわいかぁ~かわいかぁ~
そんな娘に
嫁にいくときゃ、持たせるからねと
(いけるのか?)

三匹の茶トラを飼った経験から
独断と偏見で言わせてもらうと
茶トラは陽気で人懐こくて面白い・・・と思う

category: ペット

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター