同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

今年かなぁ〜と思いながら 

施設暮らしも六年が過ぎ、今年の六月で丸七年を迎える
ここ四年くらいは正月を迎える度、今年かなぁ〜・・・
だったのだが
施設からの連絡では、減っていた体重も下げ止まって
少し持ち直してきているという

そんな中、面会に行くと仏夫の車椅子姿で分かるのだろう
「馬場さんですか?」
と、スタッフが話しかけてくる

で、去年もだったが
義母がここ何日か話すようになって
それも訊かれたことのオウム返しじゃなく
会話として成り立っているのだとか

食事後の"美味しい"とか挨拶を返すなどの様子を
動画で見せてくれた

確かに部屋に会いに行くと声は出せなかったが
いつもの能面じゃない
少し微笑んでいるような穏やかな表情をしている

・・・・もしかして抜けかけた魂がこちらに戻ってきている?
ンなバカなと思いながら
この分だと今年も大丈夫のような気がしてきた

ところで義母は六人部屋で同室の皆さんは全員重度
寝たきりで、齢も九十過ぎ百歳超えなのだが
今回入り口に近いベッドが一つ空いていた
きっと・・・・だろうなぁ
スポンサーサイト

category: 認知な姑

コメント

もう6年になるんですね。
なんつーか、もう本当に・・・お疲れ様です。

URL | 怪人 #-

2017/03/03 21:48 * edit *

怪人さん

そーです、もう六年で
仏夫の事故から五年
施設に預けられないまま介護していたら
・・・・うーむ

URL | 馬場エマ #-

2017/03/04 13:02 * edit *

今年かなぁ~って思いつつ、
毎年年末になると年賀状を準備して、
今年も何事なくお正月を迎えられ、
もう4月。

うちでも、
そういう年がここ2~3年続いています。

90超えると、
いつ何が起きても不思議はないけど、
女性は粘り強いですよね。

義母の兄さんがつい先日亡くなり、
最期は肺炎でした。

あれ?肺炎?って気付いてから、
3~4日で亡くなってしまいました。

ほんとにあっという間に。
肺炎になるとあっけなく逝ってしまうんですね。

そういったことがない限り、
大丈夫だったりしますよね?

うちの義母も、
医者から言われた余命から、
半年過ぎています。

今年かも? そう思いつつ、
今年も乗り越えられそうな感じです。。。

URL | 赤い花 #-

2017/03/21 09:13 * edit *

赤い花さん

ですね〜。お宅も同じ感じですよねぇ
でも言葉があるだけマシのような・・・
うちなんか全然
こういう奇跡なんかは面会中にはあったことないし。
でもお年寄りはいつどうなっても分からないからね
覚悟はしていてもいざその時になると
アタフタしそうです

URL | 馬場エマ #-

2017/03/21 16:53 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/740-d9075a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター