同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

事故から2年 

早いもので
あの事故から今日が丸二年

一年目の記事を書いたのが
ついこの間な気がするのだが
・・・・

一年目は入院生活が主と
退院したてでバタバタしていた記憶がある

二年という事で落ち着いたというわけでもないが

あの時どうやって三メートルの高さの側溝から
救いあげてもらったのか?

と、今更ながらの疑問が湧いてきた(遅過ぎだろっ)

まず、落ちたのが夕方6時頃で
辺りは薄暗くなっていた
側溝は
海に流れる込む川で当時は10センチ程度?の水深
それくらいの浅さだったから
川底の石などに背中をまともにあててしまい
ご存じの通りのせき損になったのだが

一年目の時は
意識をなくしたのがあと50cm、橋の手前だったら
とアンラッキーを悔やむばかりだった。

でも現在は
あの時、偶々夜勤の人の出勤時で丁度橋を渡っていて
仏夫の
「たすけて~」
というか細い声が彼に届いたので命拾いした
ラッキーだったと思えるようになった


せき損になって
不自由な身体になったのは勿論口惜しいが
もしあの時彼が通りかからなかったら
雪もちらつく寒い日だったし凍死していただろう
(事務所と工場の間に件の側溝があり
間にある道路は市道だが、一般の人はほとんど通らない)

また、仰向けじゃなくうつぶせだったら
浅いとはいえ窒息していたかもしれない

そう言えばあの時ヘルメットを被っていたのだが
それが壊れていてその欠片で額も怪我していたっけ
ヘルメットのお陰で頭部も守れていたのかぁ~

で、本題に戻って
どうやって上げられたのかと仏夫に訊くと
工場から梯子を持ってきて6人がかりで上げたのだという

仏夫が言うには
工場内で履く安全靴は水に弱いとのことで
ダメにしちゃったかもなぁ~、と申し訳なさそう

で、ハタッと思った
その最初に見つけてくれた彼に
命の恩人に、何のお礼もしてなかったねぇ

一歩間違えば今日が三回忌だったかもしれない(こらこら)

仏夫にしてみれば
生きてるだけで丸儲けの気分じゃないだろうが
私にしてみれば
ホントに生きていてくれて有難うの記念日だ
スポンサーサイト

category: クローン仏夫

コメント

もう、2年になりますか・・・
さまざまな苦難と困難を乗り越えて
仏夫さんもエマさんも頑張ってる
仲睦まじさ満開こその現在なのでしょうね

そうそう!
1月と言えば仏夫さんエマさんの
お誕生月ではあ~りませんかぁぁぁ~
遅ればせながら・・・

v-315お誕生日おめでとぉぉぉ~v-315

これからも仲睦まじく押し寄せる波を乗り越えて行って下さいませ♪
苦あれば楽ありでございます
時におこぼれ頂戴したいwhochanでございます(笑)

URL | whochan #tHX44QXM

2014/01/27 10:02 * edit *

whochanさん

えぇ--v-237誕生日覚えてくれてたんだ、whochanさんv-237
ビックリですぅ
ま、いつもの通りお祝いはふたりまとめてでしたけど
今回は珍しく長女がケーキを買ってくれてました
(ケーキだけ・・・)
ま、我が家ではそれすら希有な事なんですが。

今はまだ事故の日は忘れられない日ですが
もう来年あたりからは
結婚記念日と同じで薄れていくような気がしています

ただ、仏夫の身体がこれ以上マヒがひどくならない事と
自分が健康で
いつまでも介護が続けられるよう祈るだけです





URL | 馬場エマ #-

2014/01/27 16:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/603-f757a3f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター