同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

塞翁が馬だったら・・・ 

仏夫の事故前は
今日みたいな明日がずーーーっと続くと思っていた
て言うか、明日のことなんか考えてもいなかった

一度あぁいう経験をすると
弱気になると言うか
電話がしばらくトラウマに。

特に運動神経が鈍い長女が
友達と夜遅くまで遊んで
車で帰って来るという時
彼女不在時に鳴る電話は
・・・・心臓に良くない

我ながら心配症が一気に加速したような気がする

あれは盆前だったか
仏夫の弟夫婦が義母の施設に面会に行って
その帰りにうちに寄ったときのこと

この弟夫婦のふたりの子供は
息子、娘、ともに結婚しており
仏夫の事故の10日前くらいに式を挙げた娘には
赤ちゃんも生まれたとかで

自閉娘や
どーも結婚なんかで家を出る様子も無い長女がいる身としては

いいよねぇ~、羨ましい~

・・・だった



「そうでもないのよ
結婚しても心配事ばかりで」
と義弟嫁

またまたぁ~~
もう余裕かまして~~
と、わたし

後で自分の頭をポカポカすることになるんだけど

帰る寸前になって
実は・・・と義弟嫁が切り出した

「実は娘が子どもを産んでしばらくして
腫瘍が見つかり、それが悪性で・・・」

えっ

うそぉ~

だってうちの長女の二歳上だからまだ28だよ
結婚してまだ2年も経たないし
赤ちゃんも出来て、今が一番幸せな時期だよね?
それが・・・・ガン?


美人でスタイルも良く
頭も良くて仕事も出来る
親勝りの気の強さもあり
義弟夫婦の自慢の娘でもあったはず
それより何より病気一つした事が無いあの娘が・・・

えぇぇぇぇぇ

「もうね、こんなことになるなら
こんなにきつい思いをするなら
子どもなんか産まなきゃよかったねと
ふたりでいつも泣いてる」

うんうん
仏夫の事故もきつかったけど
子どもがもし姪の立場だったらと
・・・・考えただけでゾッとする

見つかったのが去年とのことで
手術も終わって今は定期的に通院しているとのことだが
仏夫がこんななので
心配させてはと、今まで黙っていたらしい

それにしてもまだ二十代
若いだけに・・・




スポンサーサイト

category: ひとりごと

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/584-abca623e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター