同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

四泊五日の介護実習 

仏夫担当の介護師さんから
退院後の自宅介護の為に
一週間程度実習に来て欲しいと前々から言われていた

で、行って参りました

実は何を隠そう私
このブログのキッカケの義母だけじゃなく
中学生くらいの時の祖父を初めとして
病気がちで最後は寝たきりだった義父も看たし
介護経験はこれで四人目のベテランなのだ

世の中には
一生、介護経験とは縁が無い人もいるのにね(ボソッ)

もっとも自分が主になったのは義母と
今回の仏夫になるわけだが
それでも経験があるのとないのとでは
心構えって全然違うなと・・・・

ただ今回の一番の課題は摘便

尾籠な話だが
便とか尿とか
ちーちゃんの後始末は充分過ぎるほど経験あるし
平気なつもりだった

しかし御存知の通り
せき損の仏夫の場合は自然な排尿排便は望めない
尿はなんとか自分でカテーテルを入れて
導尿出来るようにはなったが
それでも病気等、自分で出来ない場合の時を考えて
やり方を教わった

結婚して丸27年だが
仏夫のナニ(ぷっ!)をしげしげと見たのは
初めてかもしれん
しかも第三者の看護師さんと一緒に。
それでも最初は抵抗あったのが
慣れとは恐ろしいもので
全然平気と言うかあたり前に見れるようになり
尿道にも簡単に入れれるようになった

素人の私でさえこうなんだから
看護師さんなんか男性のナニをみても
ただの医療行為の対象なんだと言う事が良く理解できた


で、いよいよ摘便
*摘便とは肛門に指を入れて便を掻きだす行為の事

頭の中では分かっていても
実際やるとなればちゅうちょというか・・・

て、これはホントの
初めての仏夫の黄門様を拝み
なおかつ浣腸を入れ30分程様子を見て
それでも出ないとなるといよいよ摘便

感想
元々クローン病で腸が閉塞する可能性がある仏夫
最初に掻き出し出てきた便を見て
色も黄色で血が混ざった様子も無いし
良かったとホッとした

自分でもこれくらい(便の掻き出し)平気だと思えたし
全然OKで良かった、良かった

車の助手席リフトの乗り移りの仕方も習い
後で自分ひとりで仏夫の身体を持ち上げ
乗り移りさせれたし
ついでに病院側に無断でドライブもしてきたしで
なかなか実りの多い五日間だった

家では一週間前から庭の工事が始まり
明日辺りから家の中のリフォームも始まりそう

退院に向けてちゃくちゃく進んでいるが
不安はないかといえば大いに不安だ

でも私よりも仏夫の方が大きいのは分かる

「早く退院したいけど不安もあるよね?」

仏夫、きっぱり
「うん」。



スポンサーサイト

category: 馬場エマ

コメント

ちゃくちゃくと帰宅準備進んでますね~!(b^ー°)

実際に世話を実習としてさせて貰うと
看護士さんがやってるのを見るのとは違って
自分で動き方がわかるから心づもりがあっても
気持ちに余裕が出来るね!

何事も慣れです!
あたくしもしーちゃんのインスリン注射
最初は恐々だったけど今じゃブス!っと刺してるもん(笑)
これ覚えてから実家のパパさんが自分で打てなくなった時
やってあげられる♪って自信付いたし・・・
介護は経験が物を言いますね(# ̄ー ̄#)ニヤリ

URL | whochan #tHX44QXM

2012/10/30 19:45 * edit *

whochanさん

老介護は経験充分なのですが(笑)
いわゆる身体障害者介護というのは
また一味違うんですよね
主に排泄関係ですが・・・・

お互いに
しなくてよい経験だったら良かったのですが
こればかりは仕方ありませんね
ただ精神的には認知症介護ほど
辛くないのが救いでしょうか
まっただ中のwhochanさん
くれぐれも御身大切に
切りが良いところで見放す(?)と言う手もありですよ



URL | 馬場エマ #-

2012/10/31 14:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/546-740ff8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター