同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

生さぬ仲なのに 

義弟夫婦が来た日
申し合わせたのだろう
後から別居している彼らの息子夫婦&子供も来た

この甥夫婦は義弟たちがうちに来る時は
必ずというほど一緒にやってくる
ほんとに良い子たちだ
特に甥の嫁さんは嫌な顔ひとつしない
感じが良いお嫁さんだ


・・・実はこの息子は義弟の子供ではない
義弟嫁の連れ子である

にも拘らず、亡義父もちーちゃんも
他の孫と分け隔てなく可愛がっていた
そりゃ、心の中でどう思っていたか
本当のところは分からないが
少なくとも差別的な扱いはしなかった

私と結婚したばかりの頃
仏夫は子供好きということもあるだろうが
この大人しい幼い甥と気が合ったのだろう
特別に可愛がっていたような記憶もある

むしろ本当の孫
次兄の息子たちは次兄嫁の実家ベッタリで
滅多にうちに来ることも無く
私自身、彼らに会ったのは両手に満たない
仏夫に至っては
実の甥なのに名前もうろ覚えで
親しみを感じていないようだ

*義弟一家と一緒に、ちーちゃんの面会に行く

血は繋がっていないとはいえ
ひ孫にあたる甥の子供を見て
とても嬉しそうな顔をするちーちゃん
自分とはどういう関係かも最早分かっていないのだろうが
小さい子供たちを見るのは
眼福なのだろう

ちーちゃん
その日は仏夫の名前を言えたが
義弟のことを
「ケンちゃん」←長兄の名前

やはり長男の名前は最強だ

***********************************

今月は申し合わせたわけでもなかろうに
仏夫の兄弟達の来訪や、長兄嫁からの電話もある

おしゃべりな彼女から掛ってくると
つい長話になる

で、義弟の娘
Iちゃんの結婚についての話題になった
実はちーちゃんの孫の中で
最初に結婚したこの義弟息子の結婚式に
長兄夫婦は欠席している

そのこともあったのだろう
今度は長兄息子の結婚式に義弟は欠席

そんなこんなでのIちゃんの結婚式

義弟は長兄と、次兄に招待状は出すべきかと
悩んでいたが

とうの長兄嫁も
生さぬ仲の甥の結婚式には欠席したのに
今度は出席となると
やはり血の繋がリの有無の関係だと思われないだろうか


などと悩んでいる

ま、双方とも今までしてきたことの(こなかったことの)
報いだわね
わしゃ知らん
勝手にやってくれい







スポンサーサイト

category: 3人の嫁ズ&婿

コメント

No title

そうだったんだ~。
血のつながりより人と人のつながりですよね。

アカの他人でも相性の合う人、
実の親子でも相性の合わない人もいる。

こればっかりは不思議です。

うちも養子を迎えたいなぁって思うこともあるのだけど、
年齢的な問題、いろいろ考えると面倒もあったりで、
それにどうやって進める話かもわからず、
放っておりますが、

血のつながりだけが大切だとは思わないなぁ。

どういう縁で結ばれるか、絆を深めていけるか?
それが問題です。

URL | 赤い花 #-

2011/07/27 08:45 * edit *

赤い花さん

義弟嫁は女らしくて大人しい美人なのよ
バツ一だからと躊躇っていたのを
義弟の強引さに負けての結婚

生さぬ仲だからいろいろあったろうけど
良い子に育ちました
義弟も孫にあたる彼らの子供を可愛がるしねー
私も全然来ない甥たちよりも
彼らの方が好きです

そうなんだ、赤い花さんも考えたことあったんだ
でもね、子供を育てるのは大変よ
自分の子でさえそうだし
ましてや・・・ねぇ
わざわざ苦労を買うこともないんじゃないかなぁ


URL | 馬場エマ #-

2011/07/27 11:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/454-be86c7ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター