同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

やっぱり長男 

義父の法事

いつもは自宅でしていたのだが
今回は17回忌だし
家から1時間はかかるが
簡単にお寺ですることにした

て言うか、ただ単に家でするのが
掃除やら用意やら面倒だったから
というのが本音だが

当初、息子をやって
こない筈だった次兄嫁も出席した
・・・珍しい

その次兄夫婦の姿を見て
仲が悪い、ほとんど義絶の義妹夫婦に
緊張感が走るのが分かる

お互いに目も合わせない感じで
座る位置も端と端

その中を如才ない長兄嫁が
次兄嫁と義妹に公平に話しかけている

三男嫁の私もふたりに気を遣う

これであの次兄と因縁の末弟が出席していたら
これ又どんなに気を遣ったことだろう
それを思えば、弟の欠席は良かったかもしれん

ほんとにここの兄弟たちときたら・・・

こんなだから終わった後の四方山話が
盛り上がらんこと、盛り上がらんこと

で、気遣いの三男嫁(私)が
ちーちゃんが肌が白くてキレイだと
お嬢さん育ちだからみたいな事を言うと

「そんなふうに見えるだろうけど
母はとっても苦労したのよ」

と、義妹

それを受けて私が何気なく
「ほんとにねー、お義父さんが大変な人だったもんね」

その言葉にムッときたのか
「きょうは父の法事なんだけど」

アハハハ、そうだった

だけど、実際に
これだけ兄弟が疎遠になった原因の一端が
亭主関白の義父の所為だったのは間違いないし
義母がこの義父に泣かされてきたのも間違いない話

娘としては
嫁という名の他人に自分の父の事を言われるのが
腹立だしいという気持ちも分かるんだけどね

さて、絶対固辞の次兄夫婦を除き
三組の夫婦とうちの娘ズで会食

その後、長兄夫婦が義母に面会したいという
義妹夫婦は、ダンナが否だと言ったので(!)
案内がてら
お寺から一時間以上かけて
ちーちゃんがいる施設へ

。。。。。ちーちゃん
きっと長兄の顔くらいは覚えているだろうけど
名前はもう無理かもなぁ~

ところが、長兄を見て何とも嬉しそうな顔の義母
名前は分かる?との問いに


「ケンちゃん !」
(きっぱり)

「じゃぁ、わたしは?」
と、長兄嫁

「ミエちゃん!」



長兄嫁が喜ぶのなんのって

ところが次に仏夫を指すと

「えっと、ケンちゃん?」


・・・・ま、よく顔が似てるからねー

気を取り直して、わたしは?

うーん、うーんと首を捻って
「わからん」



「一つも面倒みなかった私らは覚えてくれてるのに」

と、長兄嫁はさかんにすまながっていた。

でもね、確かにあんなに苦労させられたのに
なんでなんにもしなかった長兄の事を
という気持ちはあるけど
義母の気持ちも分からなくはない

親にとっては面倒みてくれる子が一番じゃないのよね
感謝の気持ちはあったとしても
長く同居していると
その分憎らしい気持ちもあるのだと思う

それになんにもしてくれなくても
母親にとっての"長男"というのは
どーも特別な存在のような気がする

ただ、そう頭の中では理解していても
なんとなく面白くない気持がした三男嫁だった





スポンサーサイト

category: ひとりごと

thread: つぶやき - janre: 福祉・ボランティア

コメント

No title

法事ご苦労様でした
それにしても気遣い大変そぉ~~~!
この間の話しじゃないけど兄弟二人で良かった(笑)

長男が大事ってのは何処も同じですね
どんなに世話したって長男にはかなわない
報われないですよね・・・
家はちょーなんの嫁としーちゃん
犬猿の仲になってるから
あたくしは良いけどダーには理不尽な事いっぱいあります
それでも世話し続けようとしてる
仏夫さんもだけど優しい故に辛いでしょうね

それにしても男って母親には甘いですよね(笑)

URL | whochan #tHX44QXM

2011/06/19 22:19 * edit *

whochanさん

有難うございます
それでもお寺での法事って
ホントに楽でした
三回忌過ぎたらもうお寺で良いですよね
(と、いずれくるちーちゃんの・・こらこら)

やっぱりお宅でもそうですか
なんなんでしょうかね
母親の長男に対する想いってのは。

息子でありながら異性に対する想いも
ちょっと混ざっているような気がします

仏夫はただ単に優しいだけだから
長男より忘れられていても
別になんとも思っていないと思います

ただ、同居というのは日々の暮らしの中で
良いことよりもいろんな雑多なこと
中には声をあげたり喧嘩もあり
別に暮らしていたら
憎んだりすることも起きないわけで
その点、別居嫁さんは良いなぁって
たまーに来て良いとこばかり見せて帰っていく

ちーちゃんの薄れた記憶の中でも
良い思い出ばかり残っているんだろうし・・・
こんな時、同居嫁って報われないことばかりって
つくづく思い知らされます


URL | 馬場エマ #-

2011/06/20 14:42 * edit *

No title

ほんと、一番世話になった人の名前が出ないとは・・・。
病気だとわかっていても腹立たしいわね。

長兄嫁の一言が無く、ただただ喜ばれた日にぁ、
やってられませんね。

義妹さんって、言葉を飲み込むことが出来ないの?
苦労してないから、二人でいるから仕方ないか?

私だったら施設には自分たちだけで行ってもらい、
同行はしないだろうなぁ。

別行動!

嫌なことも見なくて済むし、面倒くさいから。
今は車にナビもある、電話番号を教えれば行けるから。

次兄嫁さんって露骨だね。仮面もできないほど深刻な夫婦関係なのね。
兄弟が多いといろいろと大変よね。

URL | 赤い花 #-

2011/06/22 09:45 * edit *

赤い花さん

認知症だから偶々だとは思っていても
なんかね、やっぱり面白くないわぁ

腐っても(?)長男は長男なんだと
つくづく思わされました
表情がね、全然違うんですよ~

義妹は、義母はもう施設に入ったから
わたしらにもうあまり感謝もしなくていい
という気がしてるのかも?
包んだ金額見て、そう感じました
(会食二人分と引き出物足すと足が出た)

もっとも法事代全部、義母の貯金から出したから
別にいいんだけど・・・





URL | 馬場エマ #-

2011/06/22 15:00 * edit *

No title

自分で誰かの老後の世話をしたことがない分、
やっぱり人としての常識に欠けるところもあると思う、義妹さん。

でも義妹さんもお子さんがいないでしょう?
うちもそうだけど、子供がいないから義理は一通りっていう
考えもあるのかもね。

あちらにしてみたら、自分のところの家族の面倒だ、
やって当たり前だっていう、そんな考えもあるんでしょうね。
変な人よね。

URL | 赤い花 #-

2011/06/22 15:15 * edit *

赤い花さん

て言うか、バリバリの社○党員だから
義務より権利ばかり唱える傾向があるのよね

ダンナの母親も独り暮らしだから
たまには
食事を作ったりしているようだけど
自分では持っていかずダンナ任せ
いずれは引き取るかもなんぞとは言っているけど
元々あまり良い感情を持っていないようだから
無理でしょう

赤い花さんが言うように
『利口馬鹿』そのものだと思う


URL | 馬場エマ #-

2011/06/23 14:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/445-457c1f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター