同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

おそらく最後の・・・・ 

大晦日から正月にかけて降った雪
カーテンを開けたら


ゆき
雪

ここは雪国か?・・・・

そういえば
「こっちは全然よ、降ってないよ」
と新潟の姉より、年始の電話

九州と気候が変動しているのか・・・・・

ま、それはともかく
年末にかけて雪がすごかったので
果たして、ちーちゃんを連れて帰れるのか
それが心配
ていうか、帰ってほしいような
ほしくないような
そんな気分の大晦日

結局、車も通行できるくらいの道路状況になったので
迎えに行った
 アハハハ

部屋に行く
同室のお婆さんたちは
誰も帰宅していない

そんな中、なんだか申し訳ないような
気が引ける感じでコソコソと着替えをさせる

他の部屋を見ても
帰宅している人はほとんどいないようである

ちーちゃんみたいに全介助の人だって
お正月くらいはと帰宅させるのに
それよりずっと自立している人でさえ
お迎えが無い・・・・

そりゃ、その家その家でいろんな事情があるのは
分かっているけど
なんだか暗澹とした気持になった

それはさておいて
ちーちゃんのこと。

入所して半年

正直彼女が現在どれくらいの状態なのか・・・・
二泊三日といえど
面倒みきれるのか不安だった

結論からいえば
認知の症状はともかく
身体はその分、固まったという感じがする

何しろ、服の脱ぎ着からの介助でさえ
ひとりでは到底無理で
仏夫が背中から身体を支えて
2人がかりでやっとの状態
ベッドに腰掛けさせると、そのままズルーと背中から倒れる
起き上がらせるのも木偶の坊状態だから
オムツを交換するのも一苦労

結局、施設と同じく夜衣に交換することもなく
そのまま就寝させることにした

出来れば入浴もさせたかったのだが
寒いということもあるが
あの状態では湯船に入れるのさえ無理

この身体の機能の衰えも
結局は認知症のなせる技で
身体の動かし方を忘れたということなのだと思う

ただ食欲だけは衰えておらず
その分体重も減っていないということで
この臼のような身体を支えるのは大変だった

これがずっと続いたとしたら
今頃、仏夫と2人で腰痛モンだったことだろう 

就寝時、入歯をポリデントにと外すように促したが
勿論(?)できない
仕方ないと私が上の歯を外そうとすると
口を閉じ手を噛もうとする
 

こうなりゃと、つけたまま歯ブラシで磨いたのは良いが
漱ぐため水を含ませると
その水を吐くという動作を忘れたのか
含んだまま・・・・
ぺっと言う動作を何回も繰り返しやってみせて
やっと出来た 


錠剤も飲み込めず、これまた苦労した

やはり、認知症は進んでいる・・・・

しかし、よく寝てくれたし
車椅子に乗せていてもとても大人しく
話かけるといつものちーちゃんスマイル

肉体的的な介護は増していたが
一時のあの大変な精神的混乱時を思えば
ウソみたいに楽ではあった

ただ、たぶん今回が
彼女にとって家で迎える最後の正月

今年のお盆は・・・・
どうなんだろうねぇ

***************************************

あけましておめでとうございます

今年でこのブログも丸三年となりました
始めた当初は、義母の状態がここまでひどくなろうとは
想像もしていませんでしたが
そんな日々を記録としてとっておけて
良かったなと今では思っています

彼女の最後まで
どれくらいの期間かは分かりませんが
それまで続けるつもりですので
これからもよろしくお願いします 




スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

コメント

No title

あけましておめでとうございます
昨年は色々とありがとうございました
今年もいっぱい宜しくお願いします♪

もの凄いお天気だったんですね (゜∀゜;ノ)ノ
雪が降るって・・・凄いです
こちらはポカポカ陽気で穏やかな三が日でした
ちー様ご帰宅出来たんですね
エマさんご一家は大変だったと思いますが
新年早々暖かい気持ちになりました
どんな理由であれ施設に看取りまで頼んで
そのまま放置の家族も居る中
エマさんご一家の優しさに頭が下がります
将来旅立つ日が来るであろう
ちー様にもその優しさは伝わっている事と思います

ちょーなん一家に振り回され
助けて欲しいと言われたのに
手を差し伸べる事が出来ず
一人で旅立った義父が頭に浮かびました
何をするんだって大変ですよね
避けて通れば悔いが残る

我が家のしーちゃんも認知が大分進んで来ました
今月からショートステイデビュー予定
借りられる手は借りて
ムリしない毎日を過ごそうと思います
ここに来ると気持ち新たになるから不思議
幸せオーラがみなぎってますよぉ~

URL | whochan #tHX44QXM

2011/01/03 23:23 * edit *

No title

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ちー様に義母を重ねて、
うちもあと数年したら、他人事では無くなるなって、
いつもいつも思いながらブログを拝見しています。

私もエマさんと同じように、きっと自宅介護の後、
施設に入所してもらうような気がするけれど、
いつまで続くかわからない義母との暮らし。

本当に経験して人でないとわからない内嫁の葛藤。
エマさんに話すことで発散したこともいっぱいあったです。

うちは義兄が盆や正月、GWなどはうちに来るので、
嫌でも顔を合わせることもあるせいか、
いろんな話を面と向かってするせいか、
大分お互いの気心も理解できてきたみたい。

立場も違うし、根っこは義母の実子だし、
義母の生活万般を面倒見ているのは私達夫婦とあって、
意見のぶつかり合いはあるけれどね。

なかなか難しい義理の親と兄弟との付き合い。
どうなるものか、この先は?って思うと、
やはり気が重いことは否めないけど、
ボチボチやります。


エマさんとこで雪? びっくり。

お正月なのに連れてきてあげて、面倒みてあげるなんて、
やっぱりエマさんは偉いし優しいと思う。

なかなか出来ないと思う。

施設に預けっぱなしで面会に来ない家族も
大勢いるでしょうね。可哀想ですね。

お互いに良い年であると良いですね。


URL | 赤い花 #-

2011/01/03 23:53 * edit *

whochan さん

こちらこそよろしくお願いします♪
whochanさんのとこにいくと
既視というか、うんうんそれうちもあったって
頷けることばかりなんですよ
だからその大変さがリアルに分かるんですよね

うちはもうこんなだから
過ぎたこととして余裕で見れてるんですが
渦中のお宅には同情しきりです
でもまずは自分の身を大事にしてください
自分が倒れたら、結局はしーちゃんも・・・
ってことですから

自分の健康には自信があった私でも
(年齢のせいももちろんありますが)
認知症介護は確実に心身をすり減らす元

適当にほどほどに頑張ってくださいね!




URL | 馬場エマ #wdktwWK6

2011/01/04 13:30 * edit *

赤い花さん

おめでとうございます
こちらこそよろしく♪

赤い花さんとは長い付き合いですよね~
五年?六年?

ほんとにいつもコメをありがとうございます

なんかね、お宅のお義母さんは施設じゃなく
ずっと自宅って感じがするんですよ
それだけお元気だと。。。
案外、手を取らずに大往生かも?

うちは、今年はだーれも来ない正月でした
こんなの初めてで
来年からずっとこんなだといいなと・・・

でもね、二日まで義母が帰ってくるのは分かっていても
誰からも電話すらかけてこないというのも
なんだかカチンとくるのよね
自分たちの用がある時ばかりの義兄弟たち

ホントに愛想が尽きるってかんじです




URL | 馬場エマ #wdktwWK6

2011/01/04 13:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/415-e5b353aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター