同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

施設でのちーちゃん 

施設では個室とか二人部屋などもあるらしいのだが
そのなかで四人部屋にいるちーちゃん

面会に行っても他の利用者さんの手前
長居もできず、なかなか落ち着けない
本人がもう少し喋ることが出来れば
少しは違うのだろうが
こちらが訊くことに対しての返事のみ
しかも、それが本当なのかどうかは分からない
ていうかほとんど挨拶代り

*「お昼食べた?」
「うんにゃ食べとらん」


2時前後で
おやつが出るくらいの時間帯で
こんな返事状態だ
会話という会話はほとんど無い

元気な様子を確認するために
自分らが安心するために行っているようなものだ

その中で気になるのが同室の窓側にいるお婆さん
私たちが行くと必ず隠れるように
カーテンをベッドの周りに引いてしまう

・・・・・

自分の姿を見られるのが嫌なのだろうか?
こういう施設にいる"自分"というのを
恥じているのだろうか?

行く度にこのお婆さんの行動が気になる

さて、いつもは午後からの面会を
今日は午前中に行ってきた

11時過ぎだったので
既に15人くらいの利用者さんと一緒に
食堂に座らされているちーちゃん
仏夫と一緒に入っていくと誰か分かったのか
嬉しそうな顔をする

それを見て、他のお婆さんたちが
あらあら、嬉しそうに笑ってと
囃したてる

この食堂の中にいる人の中で
ちーちゃんと隣に座っているお婆さんだけが
症状が重いようで
11時過ぎたばかりというのに
スタッフがこのふたりにだけ昼食を持ってくる

たまたま若い頃
義父と同じ職場にいたというお婆さんも入所していて
その食堂に同席しており
そのお喋りなお婆さんがいろいろ教えてくれる

「(ちーちゃんの)隣にいる人は100歳なのよ
でもね、いつも穏やかでニコニコ笑っている貴方のお母さんと違って
何か言っても苦虫つぶしたような顔ばかり
嫁さんとはいっつも喧嘩ばかりでね
それでここに入れられたのよ
ここでもスタッフに文句ばっかり言ってねー」



100歳になってもそんなかぁ~
人間、性格は変わらんもんだわね

でもね、その100歳さん
さすがに細かく刻んだ流動食みたいなものではあったが
自分ひとりでスプーンでちゃんと食べている

かたや85歳
ご飯はお握りにしてもらって
手に直接持たせられ何とか食べれるが
おかずはやはり介助

この食堂メンバーの中での
ただ一人の要介助者だった

ただ、ちーちゃんは症状は重くても
「笑顔がよかもんねぇ
大人しかしねぇ」

ほかのお婆さん達からも好ましく思われているのが
みてとれて、なんか嬉しかった

入所させたのは仕方がなかったとはいえ
後ろめたい気持ちが
全然なかったかと自分に問えば
いや、やはりどこかにある

だから本人が元気で穏やかに過ごしている様子には
ホントにホッとするというか
ちーちゃんに助けられているという気がする









スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

コメント

No title

実の子供でさえ、罪悪感など持たずにいられるのに、
他人の嫁が幾分でも罪悪感を持たなくてはならないのは
何故なのか?

昔から嫁がするものだ、
やれてなんぼだっていう 「嫁」 という
鎧を着ているからだろうか?


私だったらどうだろう・・・


義母に対して云々の気持ちは、
全く無いと思うが、義母の兄弟(叔父叔母ら)に対する
手前とか体裁は気にするだろう。

でも義母への罪悪感は、エマさんと比べても無いに等しいくらい、
感じないと思う。大嫌いだから。

家が良い、施設に行きたくないという義母を、
無理矢理押し込めそうな私。

今でさえ、どこにでも行って、私の手元から離してしまいたいのに。

ちー様はやっぱり人柄が良いんだね。
性格って変わらないね。

URL | 赤い花 #-

2010/10/09 16:19 * edit *

No title

ちー様元気そうで何よりです♪
認知で何も分からなくなってても
感情があるってセミナーで聞きました
ニコニコしてるのはちー様の人柄でもあるのだろうけど
それが出来るのは良い気持ちで居るって事なのでは?
生活の拠点は施設だけど不快な気持ちになる事無く
見知った顔の家族が面会にも来てくれる
自分の状況は理解出来てなくても
心地良いからニコニコしてるんだよ♪
気にして心配してるエマさんの感情は伝わってると思うし
そう思わないと今までの苦労がね・・・
エマさん後ろめたさは横に置いといて良いと思うな・・・

この生活が後どのくらい有るかわからないけど
最後の最後までちー様がニコニコしててくれると
きっと全部が報われるよね







URL | whochan #tHX44QXM

2010/10/09 19:41 * edit *

赤い花さん

そーなのよねー
一番面倒看させられたものが
一番罪悪感って持つようになっている
何で?だよね

その点実子は全然心なんて痛まないだろうし
反対にうちの親の世話を嫁が放棄したくらいにしか
思ってないんじゃないかな
でさ、仏夫なんか他の兄弟に
面倒みきれんで済まないって謝ったりしてね
ホントにバカバカしい!

ちーちゃんは認知症になったから
あんなになったのであって
元来がおっとりとした人だったからね

その点はお宅のお義母さんとは違うわ
でも案外何かあってもサバサバできる関係の方が
割り切れていいのかもね



URL | 馬場エマ #wdktwWK6

2010/10/10 16:16 * edit *

whochan さん

そう、感情は最後まで残っているらしいですね
だから何が?ということは忘れていても
嫌な気持ちになったことだけは覚えているんだとか

ホントに施設に行く度
元気でニコニコしている顔を見るとホッとします
周りの人からも好かれている様子だし。
(本人は分かっていないだろうけど)

案外、今では
施設の生活が"家"になっているのかもしれません
面会が終わり帰る時でも
ホントに心置きなく帰れるって感じです
願わくばこのまま穏やかに最後の時まで
いてほしい・・・


URL | 馬場エマ #wdktwWK6

2010/10/10 16:23 * edit *

No title

おはようございます。

ちーちゃんとエマさん、これで良かったんだと
つくづく思います。
施設でにこにこしているちーちゃんは、エマさんに
きっと御苦労さまでしたと、言ってると思います。

我が母親も、遂に遠くの施設に入れることにしました。
先日、面談があり11月には入れるようにすととの事

最近、精神的には波が大きいのだけど、記憶ははっきり
してきて認知症なのかどうか分らない状況です。

でも、怖い、怖い、助けては相変わらず
エマさんの今年の1月の記事を見たら我が家そのままです。

入所したら、精神面の異常や慣れないための食事の低下
は覚悟してくださいと言われて、「分ってます」と答えました。

やはり、後ろめたい気持ちがないと言えば嘘になりますが
この先を考えたらしかたない。
遠いので、面会もあまり行くこともないと思います。

人間って悲しいですね!

URL | メタボ夫婦 #-

2010/10/11 08:33 * edit *

メタボ夫婦さん

こんにちは
とうとう決断されたのですね

メタボさんのところに寄ってきたのですが
オシッコの件
うちも一時期、異常に近くなったことがありまして
それも外出時、一時間に4、5回
今したばかりなのにぃ?で
外ということもありトイレを探すのに苦労したものです

お母様も今はそのような状態なのかも?
きっと、尿意がバカになっているのだと思います

私が思うに、入所よりも
認知症ケアの病院の方が合ってるのではと。
その状態で入所は・・・

うちの場合、病院から退院しての一年間は
ホントに穏やかでした
年明けてからはご存知の通りでしたが
落ち着いてからの入所だったから
現在のちーちゃんなんだと思っています

どちらにしても辛い決断でしたね






URL | 馬場エマ #wdktwWK6

2010/10/11 13:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/399-b3f1b3ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター