同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2泊3日の帰宅 

帰宅前はなんとなく気鬱だったのだが
いざ帰ってきてしまうと
そこはそれ1ヶ月前までやってきたことの繰り返しだから
なんということなく過ぎて行った3日間だった

ちーちゃんも家に入った途端
施設に行っていたことが頭から消えるらしく
何の違和感も感じてない様子である

で、相変わらずなのが
ちーちゃんスマイル
話しかけるとまずニッコリ 
もうこれはほとんど条件反射って感じ?
この笑顔を見ていると
これは認知症になった彼女の
自分也の防衛反応、編み出した技なのかなとも思えてきた

彼女の笑顔を見ていると
こちらもつい笑顔になるし
またその相手の笑顔を見て
またまた笑顔になる、ちーちゃん
ほとんど無垢な赤ちゃん状態である

ただ、もう誰の事も分からなくなっているのは
間違いない
家族の顔はかろうじて覚えているようではあるが
名前は勿論
どういう関係なのかは分からなくなっているような気がする

一番下の義弟一家(息子夫婦とその2人の子供、独身の娘)
総勢七人でやってきた盆参り
ひ孫にあたる一歳の女児にむかって
「どなたかな?」
盛んに誰何している 

義弟がそんな義母に

「俺、誰しょ?誰か分かるね?」

「・・・・・」

ちーちゃん、困ったような顔で笑っている

多分、名前や自分の息子だということは忘れていても
懐かしいような気持ちはあるのだろう

それまでボーっとしていたのに
帰宅するという義弟一家を玄関まで見送る時に
ちーちゃんがハッキリと言った

「また来てね」


 
一同ビックリ

折角会いに来ても
自分の事も分からなくなっているちーちゃんに
内心味気ない思いをしていたに違いない義弟
この言葉にはちよっとウルッとしたかもな

さて、今回の帰宅で考えさせられた事がある
それは彼女の臭い

去年の夏までは用心の為パットはあてていたが
普通のパンツで過ごしていた

たまに失敗はあったが
家にいるときは時間を見計らって
トイレに座らせていたし
お風呂はデイサービスで
入所前はほとんど毎日入れてもらっていた

その所為かオムツかぶれなどなかったのに
トイレに座らせようとして 
お尻が真っ赤
本人も痒い、痒い
で、この真夏の酷暑ゆえか
汚れたオムツの臭いがきついのなんのって。。。。

多分ね、施設では一応時間を見て
ベッドの傍に据えてあるコンパクトトイレに座らせる
という話だったが
そのトイレにはペーパーがなかった
(他の自分で用が足せるような利用者のそれには
ちゃんと備えてあった)
きっと、手が足りないのを言い訳に
オムツをしっぱなしなんだと思う

入浴も週2回くらいだろうし
いくら温度管理がしてあったとしても
オムツのしっぱなしだとかぶれるのは必至

せめて家にいる間だけでもと
入浴させようと思ったのだが・・・

何せ56㌔の体重
しかも全然自分では加勢しない
ドテーとした砂袋のよう
そんな彼女を浴槽に入れるのはいくら仏夫とふたりでも無理

ということで入浴用の椅子に座らせ
シャワーを浴びせることにしたのだが・・・
これすらも腰にきた

そりゃぁ、家にいた時と同じように
面倒を見てもらえるとはつゆとも思っていないが
それでも、あのかぶれたお尻をみた時
なんか複雑な気持ちになった

でもね、そんなん何もかも承知で
入所させたのは私らだしねー
目をつぶっておくしかないのかも・・・

スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

コメント

No title

それこそシッカロールの世界ですね。

かなりの時間を濡れたおしめなのかな?

確かに手は足りないだろうし、
致し方ないこともあるだろうけど、
そういうことが褥瘡なんかに繋がるのでは?

家族の手があるってことは、家族には負担しかないけれど、
本人にとっては毎日の生活って、やっぱり大きいね。

本人にはもう分からないだろうけど。

よその兄弟達はそういう負担無しでいられる。
ほんとに同居って、結局は親にとってしか
メリットはないのよね。

若い世代の人ならだけど、
経済も生活全般の面倒もみなこちらもち。

早く関わりない生活になりたい。

URL | 赤い花 #-

2010/08/18 10:57 * edit *

赤い花さん

いや、どーもね決まった時間に交換みたいだから
大の方でかぶれたんじゃないかな

入浴が週2回で衣服の交換も
その時だけのような気がするし。。。

自分でできる人なんかはいいんだろうけどねぇ

ここは、民間じゃなく公の施設だから
利用料は、とっても安いのよね
病院もすぐ傍だし
何かあったときはすぐに対応できると
ケアマネ一番のお勧めだったんだけど・・・
お金はさ、年金の範囲いっぱい遣ってもいいんだから
もうすこし世話してもらいたい感じ

もう少し様子見て、民間の方から連絡が来たら
(予約はまだ生きている)
代えてもいいかなぁ
ただ、食事が入らなくなった場合がねぇ
対応がそこでは無理かもしれんし
悩むところです



URL | 馬場エマ #wdktwWK6

2010/08/18 12:28 * edit *

No title

エマさん、こんにちわ
ちー様一時帰宅お疲れ様でした
腰は大丈夫ですか?
時間と共に痛みが増す・・・ってお年頃?
イヤイヤ、失礼いたしましたv-421
大事にして下さいね

最近、我が家のばば様、自分が言った事を
小一時間で忘れる様になりました( ̄○ ̄;)
あたくし自身、ちょっと不安になり始めてて
ちー様と年齢や性格が似てて移り行く症状も似てるので
もう一度遡って記事読ませて頂いてたら
ちょうど去年の夏頃の、ちー様の様子と重なりました
ここからが正念場なんでしょうかね・・・

URL | whochan #tHX44QXM

2010/08/18 15:27 * edit *

whochanさん

いやいや、ほんとにこれが毎日だと
腰がやられそうです
私にゃ介護の仕事には絶対につけないと思いました
(なまじ経験があるだけに絶対いやですが)
やはり若くて体力がないとねー

記憶が小1時間でもあるのなら
まだまだこれからですね
もうそれが、分、秒単位になると・・・・

穏やかにカーブを描いていた認知症でも
ちーちゃんみたいにある時期を境に
急激に進んじゃうこともあるので
油断はできませんよ

そうそう、もうひとつの主ブログを訪問して
コメを残そうとしたのですが・・・
ここに書かせてもらいます
あのケアマネ、ひどすぎます
横のつながりなんぞ無視して
代えてもらうべきです

これからが大変なのに
頼りにする人があぁだと
困るのは貴女ですよ


URL | 馬場エマ #wdktwWK6

2010/08/19 10:19 * edit *

ありがとうございます

エマさん、おはよーございます
決心出来ずにずっとグズグズしていたのですが
今日、ケアマネ変更する事にしました
エマさんの言葉で背中押されました
ありがとーございます!!!
困ったと思いながら他の事業所の方に
変更しないほうが良いと言われると
こんなもんなのかな?と
身動き取れないで居たので・・・
気持ち決める言葉掛けて頂き感謝です
こんなあたくしですがこれからも宜しくお願いします


URL | whochan #tHX44QXM

2010/08/20 09:37 * edit *

Re: ありがとうございます

whochanさん、決心したそうで良かったです
利用者があってのケアマネなのに
今の状態は反対ですよね
自分のしたい放題って感じ?

私はおかげさまで最初に当たった人が良かったのか
精神的な悩みも随分聞いてもらいました
ショートへの対応もすぐしてもらったし・・・
これってその地区、その地区で違うのかなぁ

ただ、一ヶ月の予定などは
こちらの要望などを聞いてでしたが
勝手に入れてあったりもしていました(ショートなど)
それでも臨機応変でしたね

信頼できるか、相談しやすいか
それが一番だと思うんだけど
ひどいですよね、お宅のケアマネは。


URL | 馬場エマ #wdktwWK6

2010/08/20 12:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/386-abcdcc84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。