同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

末期の始まり? 

うちは車が入れない不便なところにあり
毎日のデイサービスの送迎は
隣の料亭にお願いして
駐車場に乗り入らせてもらっている

それでも玄関まで10メートル足らずは
車椅子を押してもらわなくてはいけない

先日の事
送迎車から車椅子を降ろす機械音が聞こえてこない
 ん

外を見ると
な、ななんと
ちーちゃんがスタッフから両腕を支えられて
あ、あるいている 

 ぴぇ~~~~

彼女の歩く姿を見たのは何ヶ月振りだろう・・・
4ヶ月?5ヶ月?
今年に入ってからそんなに経たないで
車椅子になっちゃったからそんなものだろうが
それにしても驚いた

うちでも仏夫とふたりで居間から自室まで歩かせてみると
前のめりで、いかにも倒れそうではあるが
・・・歩ける

ケアマネに話すと
センターでは職員が機能訓練のために行っているが
家ではあまりしない方がいいですよとのこと
かもな~
もしものことがあったらいかんしなぁ

それにしても自立歩行は難しいとしても
機能としては歩けるのではないだろうか ?
ちーちゃん、病気の所為で、"歩く"という行為自体を
忘れているのではないだろうか ?

恐るべし認知症 

ここを見ている姉が
そのあまりの進み具合に
もう入所より先にお迎えが早いのでは ?という(こらこら)

いや、それはない

何故なら、しっかりと三食摂れているから
いや「食欲がある」という意味ではない

箸を持たせても二口、三口食べたら
傍で食べている嫁の方を見て

食べさせてくれるのを待っている

で、急いで食べ終えた嫁が
お待たせしましたぁとばかりに箸を近づけると
反射的に口をアーン
これで三食、ぜんぶ完食
まるで親鳥がヒナに与えているような食餌状態である
もう味覚もなんもないのかもしれない

彼女は今現在
認知症のどの辺りなんだろう?
もう食べるという行為自体も忘れちゃったら
いよいよ終末期なのだろうが
まだそれはないし、内臓には問題がないので
末期の始まりというところなのだろうか・・・・




スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

コメント

No title

下降線をたどっているのがわかります。

さすがは専門職、歩けるようにしちゃうのがすごいね。
でもおうちでは止めた方が良いと、私も思う。

何かあったら大変だし、
余計なことをしたって、また何もしない兄弟に言われるでしょ。

良くしようと思ってやったことも、
起きたことを、鬼の首でも取ったように、
大騒ぎされるのがオチ。

つまらない努力はしない方が良いですよね、
お互いに。

エマさんはほんとに偉いよね。

何だかんだ言っても、きっと最期を看取るまで、
ちゃんとしてあげられる人ですね。
私はダメ嫁。

エマさんのようにはなれないと思う。
お世辞抜きで愛情の溢れた人なんだと思う。
きっと親御さんに大事に育てられたから、
人に優しくできるのだと思う。

親御さんも立派な方だったんだろうなぁ。

URL | 赤い花 #-

2010/06/11 08:34 * edit *

赤い花さん

いや、それはないと思う
何かあっても何にも言わないと思う
それくらい他の義兄弟たちは無関心

親って一体なんだろうね?
子育て済んじゃったら
もう速やかに逝ってもいい存在なのかも
ここの余りにも淡々とした親子関係をみると
そう思えてしまう
いつまでもべたべた親子は
それはそれで気持ち悪くはあるけど・・・

うーん、愛情はあふれとらんと思うけど
やっぱりこうなる前の嫁姑の関係って
大事だなってつくづく
やっぱり負債しかないような関係だと
もうとうに見放していたと思う

うちは貧乏人の子沢山で
全然かまわれないで育ってきたけど
母親はひとりひとりの子供に
とても愛情を持っていた人だと思う

その点、ちーちゃんは勿論愛情はあったろうけど
びみょーに距離を持って接していたのじゃないかな
向こうも甘えてこないし
こっちも甘えないって感じ
変に団結心のある兄弟も嫁としては大変だけど
こう淡々とした、ていうか冷淡な親子関係っていうのもねー



URL | 馬場エマ #wdktwWK6

2010/06/11 12:51 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/371-68231c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。