同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

クソ爺ィ~~~~~ッ!! 

もう一年半ぐらい前になるだろうか
ここで書いた根性が腐れとるジイサン 怒り笑い

今朝また、行きつけの医院で遭遇汗

始めにちーちゃんと顔を合わせたときは
そのジイサン、久しぶり!とかなんとか無難に挨拶していた
ところが診察が終わって
待合室でたまたまその爺の横が空いていたので
傍に座らせたところ
バアサンが「元気でしたか?」などと話しかけても生返事
話しかけてくれるなオーラ
爺さんの身体から出ている

確かにね、バアサンは認知症だけど
他人の自分に対する態度が察せないほどまで
そこまで何もかもボケているわけじゃない
相手のそんなあからさまな空気に
バアサンもそれ以上話しかけなかった

ところが、もぞもぞしていたそのジジイのやつ
スッと席を立って
後ろに置いてある雑誌を取りに行ったかふうの
ミエミエの態度で
そのまま別の席に座りやがった 怒る


このど腐れジジイがっ!!
(#ノ`皿´)ノ…━ ┫:・'.::


そりゃ、元気な頃のちーちゃんと違い
明らかにその手の老人に見えて
接するのがイヤだったのかもしれないが
それにしたって、その態度は、なに エエェッ!?!?
そのあからさまな態度は、なに エエェッ!?!?

あんたも、いずれそうなるかもよ
いや絶対そうなる!!
よしんばそうじゃなくても
アンタみたいな嫌われ腐れジジイ
独りで寂しく逝くことだろうよ

アハハー"o(´∀`メ)。o0○((ユルサンッ))

しかし、たった2回しか会わないのに
2回ともこんなに不愉快になる年寄りつーのも
ホント珍しいわ !

バアサン、もうこの一件は既に忘却の彼方だろう

認知症ってさ
こうやって避けられるほどの障害?

そういえば、診察を待っている間
繰り返し、繰り返し
「大丈夫だろうか?大丈夫だろうか?」
と誰が見たってそのものバアサン

隣に座った女の人が聞き耳立てている・・・・あせ

そんなこんなも慣れたとはいえ
フェチ子と同様
たまには口を縫い付けておきたくなる

ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ











スポンサーサイト

category: ぶつぶつ

thread: (`д´)ウオォォォ!! - janre: 日記

コメント

いろんなことがあるね

エマさんちは、もう20年以上も連れ添った?嫁姑さんだから、
良い気持ちはしないだろうと思う・・・。

うち? やっぱり腹立つと思う。

婆さんより爺さんのほうが扱いやすいと言う人もいるが、
人によりけりだよね~。

この○○じじいって言いたい人、
いっぱいいるよ。

異性にだけに余計に腹立つってこともあるしね。

放っておきましょう。先は見えているような爺さんだ。

URL | 赤い花 #-

2009/10/01 17:08 * edit *

Re: いろんなことがあるね

赤い花さん、こんにちは♪
そうね普段は嫁姑で
他人だなんだといってぶつぶつだけど
ほんとーの他人からこうやって
ムカつく態度をされたら
怒り心頭だわ

いやいや、バアサンより偏屈ジイサンのほうが
やりにくいよぉ
ホラ、大正とか昭和初期の男性って
男尊女卑の世代だから
オレはオトコだみたいなプライド高いしねぇ

うちの舅もなかなかやりにくい人だったわ


URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2009/10/02 12:03 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/287-a233ec45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター