同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

一年前は・・・・ 

去年の今頃は最高に大変だったなぁ アップロードファイル
あの大変さを最近は殆ど忘れがちだったが
こうやって備忘録としてその頃のを読み返すと
我が事ながら 恐怖 ぞぞぞ

一年前との違い(痴呆の進み具合)

・心臓の不具合(別名 死ぬ死ぬ病)を言わなくなった
起きてすぐの肩から始まる全身の痛みを訴えなくなった

替わりに←下唇のカサカサ、皮むき、瘡蓋が
一日の関心事となる

・尿意の異常
これは記憶力が極端に落ちたせいで
(さっきのオシッコを)したことを忘れるため

・化粧を全くしなくなった
というか、化粧の仕方そのものを忘れている
衣服もあれだけ拘っていたのが
嫁が着せたものに文句を言わない(言えない?) ぷぷ

・自分の夫のことを忘れる
完全に記憶から抹殺しているあせ

忘れることに関しては
漢字が殆ど書けなくなった
自分で作字(?)をする
まだ忘れてはいないと思っていた自分の名前
デイサービスで貰った色紙にひらがなで・・・・

・夜中に全く起こさなくなった
これだけは本当に助かっている
去年との一番の違いはコレと死ぬ死ぬ病

・テレビの類は丸っきり理解できなくなった
これは去年からひき続きなのだが、理解は勿論のこと
そのテレビの中の出来事に対して
異常に恐がるようになった

・自分の家だということが分らなくなる時がある
突然「こんなとこ知らない」と言い出すようになった
主に夕方から就寝時に多い
トイレなどの場所も訊ねるようになった

トイレ関係では昼間でも必ず電気をつけ
便所スリッパはトイレの外で脱ぐ
ズボンのとき便所にいく途中の台所などで
全部脱いでスッポンポンのままで入ろうとする jumee☆faceA138
(やっぱ2歳児?)

全般に言えることは
判断力、記憶力の低下が
一段どころか二段も三段も落ちたような気がする

とはいえ、あの修羅の日々はもう金輪際ゴメンである

あの一年前
隣とは間に物置とか家庭菜園とか挟まって
だいぶ離れている
それにも拘らず
わたしとちーちゃんの怒鳴り声とか
諍いしている声がよく聞こえていたそうだ dokuro01

スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

コメント

まさに

子育て中の親子みたいだね。

義妹が来るとすごい勢いで子どもを叱る?
躾なんだけど、怒鳴っているように聞こえる。

それもエマさんのところも、
そんなに変わらないような気もする・・・。

でも当事者としては仕方ないと思う。
いっぱいいっぱいってこと。

なるべくならやりたくないことを、
長年ずっとやらされている身としては、
きれい事ばかりじゃ済まないしね。


1年前と随分と変わったのね。
夜に寝かせて貰えるのが一番いいね。

でもほんとエマさん立派だわ。
私なら悲惨な結果になっているか、施設。

今でさえ大変だって思って居るんだもの。

なるべく避けて通りたい同居&介護。
義理の仲になると、
それこそいろんな感情が湧き上がる・・・。

お互いに今日もお疲れ様。

URL | 赤い花 #-

2009/09/24 14:45 * edit *

赤い花さん

そうね、まるで親子逆転って感じ
それでも、まだまだ一年前のほうがしっかり(?)してたよーな
プライドもまだあったから
その分喧嘩も派手でした

今は殆ど喧嘩しない
ていうか相手があぁでは喧嘩にならない

義母も今は混沌の世界にいて
それはそれで大変なんだろうけど
気持ち的には楽なんじゃなかろうか?
どうだろう?

これから先、一年後はどうなっている?

備忘録として始めたブログ
また来年もここを読み直してみようと思う



URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2009/09/25 13:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/284-70b97bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター