同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

義弟嫁が・・・ 

一番近いところにいるせいか(同県内)
来るときはいつもアポなし、いきなり義弟一家

お盆の中日に突然やってきた

仏壇に手を合わせてすぐに義弟嫁が

「エマさん、ちよっと・・・」

 手招きをする

「お義母さんはどう?」
と、訊いてくる

義弟嫁は学年は一個下だが私と同じ年で
義弟よりひとつ上の姉さん女房
同年齢ということもあるが
女らしくて大人しい彼女
ほかのふたりの嫁よりはずっと話しやすい

ここ最近の義母のあれこれや
義妹から断られたことなどを話していて
ふと気がついた

あれっ!?なんか私癒されてない?

そう!
彼女は義妹と違って
『~は・・・・じゃない?
~は・・・・よ。』

みたいな否定とかしない
黙って絵文字名を入力してください絵文字名を入力してくださいと聞いてくれる

彼女と話していて自分でもやっと分った
私は別に
他の兄弟たちに介護を替わって欲しいとか思ってたんじゃなかったんだ
ただ、こうやって話を遮らず
介護の辛さ、愚痴をだまって聞いて欲しかったんだ
知っていて貰いたかったんだって。

亭主関白な義弟は正直苦手な私だが
この嫁さんとは、縁切りせずにやっていこうかしらんと
とってもいい気分の一日だった

これもちーちゃんにとっては同じ立場の
義理の仲同士ということだから分かり合えるのだろう

その点、やっぱ、義妹は・・・・ねぇ?


スポンサーサイト

category: 3人の嫁ズ&婿

thread: つぶやき - janre: 福祉・ボランティア

コメント

そうだよね

日頃、介護している嫁としての苦労を、
あれこれと聞いてくれて、
そうだよねって頷いてくれる人がいるからこそ、
お世話もできるっていうことよね。

あなたがやって当たり前って顔をされたり、
態度をされたりすれば、
やっぱり気持ちは良くない・・・。

誰だってそうだと思うし、
日頃何もしていないことへの思いが、
義弟嫁としてあるのでしょう。

同じ義理の仲なら、うんと話しやすいし、
いろいろと考えながら話をしなくてはならない、
義妹さんとは違うし、深読みもしなくていいし、
後味も悪くならないし。

それが一番楽だもんね。

話を聞いてくれるだけで満足する・・・
そういうもんだよね。
やることはやらなくちゃならないんだし、
仕方ないってことは、ちゃんと頭ではわかっているし、
諦めもついていることだもんね、エマさん。

突然の訪問で、最初読んでいたら、
また嫌みを言って帰ったのかと、
ムカムカしはじめたところだったのに、
最後まで読んでホッとしました。

来てくれてよかったですね。

URL | 赤い花 #-

2009/08/17 16:58 * edit *

赤い花さん

自分でも
なんでこんなに他の兄弟たちにムカムカするんだろう?
だったのよね
結局「大変ね」とか「ごめんね」とか言われたとしても
それは言葉だけというか
だけど自分たちには関係ないって気持ちが透けて見えていたのよね

今回、義弟嫁はそういう通り一遍の言葉はなく
ただただ、愚痴を聞くって態度に終始
それがなんかとっても嬉しくてね・・・・

介護を替わってくれる←これは他の兄弟たちの家庭事情や
ちーちゃんとの相性等々、考えても無理だなって分っている

義弟の所だって今勤め先が微妙だし
義弟嫁も働きをやめるわけにはいかないし・・・

義妹夫婦はその点、ふたりきりだし
一日くらい休んで週末三日くらいは
しようと思えばできるはずなのよね
それをあんなだから・・・

確かに義妹にとって
実親のことを義理の仲の兄嫁から聞かされるのは
耳に痛いだろうし
私に反発も覚えるのは当然だと思う
でもね、自分たちが親の介護を担わずに働けるのは
いったい誰のお陰?といいたい
別にこれは義妹だけじゃなく
他の兄弟たちにも言えることなんだけどね
耳も痛いだろうけどそれくらい我慢して
介護者のストレス発散くらい手伝え!

わたしがスト起こしたり
病気にでもなって介護放棄したらあんたらどーすんの!?
だよね・・・・

他人にこぼすのもいいけど
やっぱ身近に聞いてもらうのが一番だと思いました




URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2009/08/18 14:15 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/270-68fe7af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター