同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

医師との面談 

医師との面談日
約束の時間通りに行ったのだが
多忙のようで、しばらく待たされた

その間、患者さんたちのレク
歌や体操などを見学

孫みたいな年齢のスタッフから
褒められたり励まされたり、ハッパを掛けられたりで
唄っている(唄わされている)お年寄りたち
まるで逆さ幼稚園を見ているみたいだ

そんな中で
ちーちゃんは・・・・いたいた
又いつもの下唇触りをやっている 絵文字名を入力してください
これをやってるときはボーーちゃん状態ってこと

それでも、もともと歌が大好きなちーちゃん
それなりに参加して口を動かしているようだ

それを見守っている仏夫と私って
まさに幼稚園で我が子の様子に一喜一憂している親ってとこ?

おやつの時間になった
まだ連絡なしで待たされる
何気なく、目の前のテーブルのオバアサンを見ていた

そのオバアサン
配られたコップの中の牛乳をテーブルの下に持って行き
何気ない顔で全部足元にぶちまけている
リノリウムの床には水ならぬ牛乳たまりが・・・
片足の靴下が濡れちまっている絵文字名を入力してください

きっと、牛乳が嫌いな人なんだろうけど
それで誤魔化すことが出来ると思っているところが
やっぱりね・・・

汗がたらりとしたとこで、やっと連絡がくる

何回か胸の苦しさなどは訴えたが
その他は比較的穏やかに過ごしている
退院に関しては、家で介護できるというのなら
なんら問題はなし


要約するとこんな感じ
いわば介護にあたる私次第ってこと

ま、そうだわね
認知症というのは自閉症と一緒で不治だろうし
病院としては治療というよりも介護の面のほうが大で
家で引き取るというのなら
退院させないわけがない
幾らでも、順番を待っているお年よりも居るだろうし・・・・

とりあえず
また見るのが困難になったら
再入院できるとの言質をとって10分間の面談は終わり

帰りがけに自分の席に座っているちーちゃんに声を掛ける
隣の席はやっぱり空いている
このまえ仲良しのオバサンがいなくなってションボリだったので

「どう?」

「たのしかよぉ~~」

・・・もしかして隣の彼女のこと、もぉ忘れた?汗汗

二週間後に迎えに来るからと伝えたが
これも忘れるんだろうな、きっと。。。。

さてさて、いよいよカウントダウンだ あせ

スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

コメント

様子を見て

どうしても状態が悪いようなら、
エマさんが負担大なら、
またお願いしたらいいと思う。

無理はしないでいいと思う。

カウントダウンか~。
ちょっと憂鬱になるね。

せっかつの2週間、ゆっくりしてください。

URL | 赤い花 #-

2009/03/20 17:30 * edit *

Re: 様子を見て

ですね
今度はもっと肩の力を抜いて
~べき、なんてことは考えないようにしたい

いよいよ後11日!!
元々の生活に戻るだけ・・だけど・・・



URL | 馬場エマ #-

2009/03/21 15:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/201-3f37723d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター