同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

チロのこと 

*認知症と自閉症の話は少し飽きてきたので
今日はペットの話*

うちの実家は犬と猫が絶えず飼われている家だった

数ある犬、猫の中で一番思い出深いのが
犬のチロと猫のタマ

チロは雑種で
スピッツの血が混ざっているんだろうなと思わせる
白いメス犬 犬

うちは以前、漁師をしていたのだが
今みたいに放し飼いがうるさくない時代だったので
夏場は毎朝早く出ていく父や兄のトラックについていき
漁が終わるまで
トラックの傍で留守番しているような
賢くて大人しい犬だった

その頃は去勢手術なんぞ
しゃれたことをされるペットはあまり居ず
病気になってもそのままてな家が殆ど。

チロも自由犬(!)なのでサカリ時になると
いっつもいっつも孕んでいて
貰われていった子犬も居たが
ほとんどが近くの海へ・・・・・・

あの頃、子どもらでその捨てる役を誰がするか
いつも揉めていたったけなぁ(遠い目)

或る時、そんな多産系チロのお尻から
野球ボールよりちょっと小さいくらいのまんまるいものが出ていた
チロもそれが気持ちが悪いのか
お尻を地べたにズリズリこすりつけながら歩いている
多分、あれは子宮が飛び出していたのかもしれない

お尻からそんなものを出していても
チロは至って元気でぴんぴん

ところがである
一番可愛がっているにもかかわらず
そんな姿を見るのがイヤだったのだろう
ある日突然、母が保健所に連れて行くという 絵文字名を入力してください

実はうちの母は
いったん言い出したら誰にも止められないオナゴなのだあせ

人情の人ではあったが
気が強くてカカア天下そのまんま
うちでの決定権を常に握っていたのだ

その頃、毎夏のように帰郷していた都会に嫁いだ姉も偶々いて
考え直すように頼んだのだが
そんなことで意思を曲げるような母ではない

「本当にチロのことを思うのだったら
後々のことを考えてやるんだったら
こうしてやるのが一番」
(キッパリ)

母は兄を急き立てて
チロをトラックに乗せた
まさか、それが死出のたびだとも知らず
嬉しそうに乗せられていくチロ

それを姉と見送りながら
どうしょうもなく悲しかったっけ
なく

今でもあのチロの姿を思い出すたび
泣けてくる

だから何?つう話なんだが。。。。



スポンサーサイト

category: ペット

thread: 犬との生活 - janre: ペット

コメント

わかる

うちでも子供の頃に飼っていた犬がいました。
飼っていたというより、迷い込んでしまって、
居着いちゃったのよね。

でもうちでは飼えないし、どうしようもないので、
私の友達の家にもらってもらいました。

でもさよならの日は悲しかった~。
歩いて15分もすれば会えるのに、
悲しくて悲しくて、どうしようもなかったわ。

子供の頃の思い出って、懐かしくもあり、
今大人になって思い出しても、
その時のことが目に浮かんだりして、
胸キュンになること、ありますね。

ひとつひとつ思い出してみると、
いろんなことがありました~、今までの人生。

URL | 赤い花 #-

2009/01/27 15:15 * edit *

偶然ですな

うちも子どものころスピッツの雑種でチロという雄犬を飼っていたんよ。とてもかわいいわんこでした。
昔だからほとんど放し飼い、けどチロは家に来る人によく吠えて噛み付きかけていた。

ある日忽然と姿を消し行方不明となった。子どもだった私はどこかで生きているだろうと信じ、たまには探しもした。

が、何年か前両親がぽろっともらした、保健所送り!
えっ!!!私はおとなになってもずーーと行方不明と信じていたのに。ショックでした。

うち系統と夫系統は代々の犬好き、しかしアスペのりりぃは犬がライオンに見えるらしく、恐怖の生き物だった。

が、最近理由あって、犬を飼うようになって徐々になれてきた。
道でわんこに遭遇しても固まらなくなった。

飼い犬の目を見つめていると信頼関係の絆が深まるオキシトシンというホルモンが分泌されると新聞に書いてあった。

URL | りりぃママ #-

2009/01/27 15:30 * edit *

赤い花さん

> 子供の頃の思い出って、懐かしくもあり、
> 今大人になって思い出しても、
> その時のことが目に浮かんだりして、
> 胸キュンになること、ありますね。
>
> ひとつひとつ思い出してみると、
> いろんなことがありました~、今までの人生。

こーゆう昔話を始めだすようになると
老いはもうすぐそこまでって感じ?

言い換えれば、今まで大変だったから
振り返る余裕もなかったのかもしれない
バアサン帰ってきたら
また余裕なくしちゃうんだろうなぁ

話し全然かわるけど
前の記事の小姑
あれってもしかして小姑を装った兄嫁の投稿?
と思えてきた

URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2009/01/28 13:30 * edit *

りりぃちゃんママ

> うちも子どものころスピッツの雑種でチロという雄犬を飼っていたんよ。とてもかわいいわんこでした。
> 昔だからほとんど放し飼い、けどチロは家に来る人によく吠えて噛み付きかけていた。

こんにちわ~、ここにもありがとさん♪
ほほぅ、ママんとこにもいたんだ「チロ」が
そーいえば例の元厚生事務次官殺害事件の犯人のきっかけになった犬も
「チロ」。
「チロ」という犬は保健所送りになる運命なのか?ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


> が、何年か前両親がぽろっともらした、保健所送り!
> えっ!!!私はおとなになってもずーーと行方不明と信じていたのに。ショックでした。

いやいや、真相を隠してくれるだけで良いご両親だって
うちなんか目の前で連れて行かれるチロを見たんだもん


> うち系統と夫系統は代々の犬好き、しかしアスペのりりぃは犬がライオンに見えるらしく、恐怖の生き物だった。、が最近理由あって、犬を飼うようになって徐々になれてきた。
> 道でわんこに遭遇しても固まらなくなった。


だよね~、りりぃちゃん、怖いっていってたもんね
やっぱ、コロちゃんを飼ったおかげかもしんないね

フェチ子は小さい時は、ペットに全然興味なくて
というよりも可愛がり方を知らないのよね
でも今では自分に一番なついてくれる
変わりモンの自閉猫ミーが居るおかげで
だいぶ違ってきたみたい
これも一種のアニマルセラピー?


> 飼い犬の目を見つめていると信頼関係の絆が深まるオキシトシンというホルモンが分泌されると新聞に書いてあった。

うんうん、うちはローカル新聞だから
今朝そう載ってたのをみた
猫と違って犬ってさ話しかけると意味は分らなくても
理解しようとするかのようにジーっと見つめてくるモンね
癒されるよね~

URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2009/01/28 13:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/176-855ef090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター