同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

初めて会ったときのちーちゃん 

今思うとその第一印象が嘘みたいだが
24年前、ちーちゃんに初めて会ったとき
わたしゃ、無理かも?
こん人とはやっていけんかも?と思ったものだった

自分が病気がちで
そのせいで仏夫に嫁が来ないのではと
悩んでいたらしい義父は結婚を大いに喜んでくれ
私の実家に訪ねてきたときは
感激のあまり泣き出したくらいだった
(義父のこの涙もろさは、脳梗塞の後遺症というか
感情の押さえが利かないためと後で知ったのだが)


その傍で眼鏡をキラリと光らせながら
二コリともせずクールな顔のちーちゃんは
定年で仕事を辞めたばかりの60歳

正確に言うと会ったのはこの時が初めてではなく
何回か家に遊びに行っていたのだが
お互いに地を出さないで猫を五匹ばかり被っていた所為か
結婚前に至っても
ちーちゃんの感情を余り出さない冷静な顔つきに
同居をしてこの人とやっていけるのか全く自信がなかった

後の話では、ちーちゃんは別居でも良かったのに
義父が反対してどーしても同居だときかなかったらしい

そういえば実家でも兄嫁が嫁いでくるとき
兄が別居したいと言い出したのに
反対したのは父だったよな

やっぱ、男親の方が
同居の煩わしさを自分の事として感じ取れんのかも知れんなぁ
嫁とはいえ若い女が入ってくるのが嬉しいのかもしれん ぷぷ

この印象がガラガラ崩れ去るのは
同居してからすぐ
気がちっちゃくてお嬢さん気質で
どっちかというと世間しらずのおっとりタイプだと
すぐにわかってしまった
(仏夫の並外れた人の好い性格の一端は
この人から貰ったのかもしれない)


多分冷たく見えたのは
この人の持って生まれた『たてまえ命』と
眼鏡のせいだったのだろう

その分、どちらかというと与し易いと思っていた義父のほうが
一筋縄ではいかんかった汗
亡くなった今では、もーどうでもいいが。。。。

長女のミムメモが一歳過ぎた頃
高熱を出してひきつけを起こした事があった
夜中ということあり救急車を呼び
近くの総合病院にかつぎこまれたのだが
呼吸が停止 あせ

それを聞いたとたん
「ミ、ミムメモちゃ~ん!!」えーん

縋り付いて泣き出すちーちゃん

ヾ( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;) お~いっ! 死んどらんぞー
呼吸は停止しても心臓は動いてるぞー

あのクールなイメージは何処に?
ミムメモよりもこの取り乱したちーちゃんに驚いたものだった
ちゅうか、わたしが勝手にクールだと思い込んでいたのだがねjumee☆shy2

今思えばそれなりにカワイイ人ではあったよな

d( ̄ ̄*) ヾ(^o^;オイオイ・・・ 過去形にするんでない!!









スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

コメント

外見で判断できないんだね

うちの義母はどちらかというと、
外見的にはとても良い婆さん風なんだよね。

だからきっと良い姑さんなんだろうと、
ほとんと同居することに対して、
心配はしていなかったんだよね。

馬場家とはまったく真逆。
だから結婚生活がはじまってびっくりだったんだよね。

陰湿な嫁いじりの性質があるってわかったのは、
結婚して生活が始まってからでした。

エマさんが言うように、
40も半ば過ぎの親付のところには、
嫁の来てがなかったのか、
夫も随分と見合いはしたようだったけど、

なかなか同居に首を縦にする女性がおらずに、
結婚はしないものと思っていたらしいが、
8つも下の嫁をもらうことになり、
私の可愛さに、義母も嫉妬したんだろうねぇ。

今まで母ちゃん命の主人が、
嫁とはいえ自分以外の女性と仲良くすることに、
どうにもこうにも焼けたんだろうと思うよ。

一緒に話していればムッツリ。
ある日一緒に風呂に入っていたら、
トイレに起きた義母が、
洗面室まで確認しにきたからね。

あの婆さんは異常だよ。

旦那も姑も外見では判断できないね。
一緒に住んでみないと、その人の本質はわかりませんね。

URL | 赤い花 #-

2009/01/10 15:54 * edit *

No title

> 気がちっちゃくてお嬢さん気質で
> どっちかというと世間しらずのおっとりタイプだと
> すぐにわかってしまった


ふふふ。分かります!
エマさんの書かれるお義母さんは、まさにそんな感じです。
誰かの目から見た印象が、その人の全てではないですが
きっとエマさんが誰よりも「ちーさま」を理解してるんではないでしょうか?

ブログを読んでると、エマさんが
「あーもう!」って思うことも、「ん~でもなぁ…」って思うことも
お義母さんとお付き合いしてきた年月の長さと濃さを物語ってるなぁ~と
いつも思ってるのです。((´I `*))

苦労知らずが生意気いいました~(^^;)

URL | にばんめ。 #yjwl.vYI

2009/01/11 00:42 * edit *

にばんめ。さんへ

> ふふふ。分かります!
> エマさんの書かれるお義母さんは、まさにそんな感じです。
> 誰かの目から見た印象が、その人の全てではないですが
> きっとエマさんが誰よりも「ちーさま」を理解してるんではないでしょうか?

ですね~
考えてみると付き合いがもう24年
仏夫を除いて他のちーさま娘息子よりも
長いんだもん
彼女の老いていく姿を一番間近に見ているのが
嫁である私でしょうね


> ブログを読んでると、エマさんが
> 「あーもう!」って思うことも、「ん~でもなぁ…」って思うことも
> お義母さんとお付き合いしてきた年月の長さと濃さを物語ってるなぁ~と
> いつも思ってるのです。((´I `*))
> 苦労知らずが生意気いいました~(^^;)

( ̄  ̄)(_ _)ウンウン
まさにそういう感じです
元々が他人なのに
ひょんなことで無理やり一緒に暮らすことになったわけでしょう?
後から入ったものとしては
こんなはずじゃなかったのに!!とぶちぎれることも多かったけど
やっぱそれなりに情も育ってたってことでしょうか?
良い想い出もなく嫌いでたまらなかったのなら
いっそサッパリするんですけどね~

URL | 馬場エマ #-

2009/01/11 16:12 * edit *

赤い花さんへ

うちの義母はどちらかというと、
> 外見的にはとても良い婆さん風なんだよね。
> 馬場家とはまったく真逆。
> だから結婚生活がはじまってびっくりだったんだよね。

んだね~
うちはさ、そんなふうだったから
ある程度覚悟してたけどそれがあぁでしょ?
反対の場合は油断してただけに
ショックは倍増よね


> エマさんが言うように、

> 結婚はしないものと思っていたらしいが、
> 8つも下の嫁をもらうことになり、
> 私の可愛さに、義母も嫉妬したんだろうねぇ。

そこんとこが今ひとつ理解でけんのよね
息子にゃ嫁は要らんとでも思ってたのだろうか?
して欲しくてもあきらめていたんだったら
結婚は望外の喜びだったに違いないのにね~


> 旦那も姑も外見では判断できないね。
> 一緒に住んでみないと、その人の本質はわかりませんね。

だよね~
うちは偶々どっちとも良い方に転んだからいいけど
(仏夫はそのまんまだったが・・・
ちゅうか、想像以上のバカがつくほどの善人だった(ぷっ!)

そんな姑でも老いるとこんなだもん
一瞬先のことは分らんもんよね


編集したモンでレスが後になりました
v-421

URL | 馬場エマ #-

2009/01/11 16:22 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/170-6a10a72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。