同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

話がぐるぐる 

バアサマ、五泊六日の外泊中はとても機嫌がよく
夜もぐっすり、朝もにっこり

この分じゃ退院も近いかも??たはー

宥めるために本人には
春になったら暖かくなったらとは
言い聞かせていたが
今の状態だとどうやら実現しそうな模様である

もちろん認知症の部分は良くなる筈もないが
介護嫁としては、それはまだ許せる範囲
あのパニック障害さえ軽減できれば
また面倒見るのも致し方ないと思ってはいる

そんなふうに感じさせるほど
バアサンの様子はずっと穏やかで
好々爺ならぬ好々婆の六日間だった

帰院当日
午前中に仏夫が、今日は戻る旨を告げたとき
溜息はついていたが自分也に納得してたようだ
と聞いていたので
多少は嘆くかもしれないが
前回よりはマシだろうなと・・・・・

甘かった orz

「お義母さん、そろそろ戻る時間・・・・」

「なんで?なんでまた行かんばいかんとっ!?」
怒
とたんにキれまくり

これは退院じゃなくて試験外泊
この何回かの外泊の結果次第で医師も判断するし退院も決まる


このようなことを何回も何回も言い聞かせても
聞く耳は持たんバアサン

「なんで私をあんなとこに入れたとねっ!?」
怒

だーかーらぁ
パニック発作がぁ


言っても言ってもわけ分らんバアサンあせ
怒って拗ねて

「もういい!!このままずっと病院に死ぬまで入っとくからっ!!!」

車の中で

「私がおらんようになって
あんたたちはこれから楽になってよかね~」


最後っ屁のような嫌味をかます

仏夫はその度に宥めたりすかしたりだったが
聞いているのか、いないのか(認知症の所為だろう)
呪詛めいた繰言ばかり・・・・
わたしゃ、もうアホらしくて黙っていた

いやぁ、なまじスタートが良かったばっかりに
最後のこれでガックリおちこみ

ところがね
病院に戻って仲良しのバア友が両手を広げて

「あらま!帰ってきたと?
あんたがおらんけん寂しかったとよ
夢にまで見たとよ」


「うちも寂しかった~」

顔をクシャクシャしてハグしあうふたりのバアサン たはー

仏夫とふたりで

「なんじゃそりゃ~」
はぁ

今回もちゃんちゃんで終わった ´д`トホホ

やっぱ、外泊はもうイヤだ
今度は退院まで帰宅させないでおこうかと
仏夫と話す

でもそんなわけ・・・・・いかんのだろうなぁ~





スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 親の老後と介護 - janre: 結婚・家庭生活

コメント

そうもいくいく・・・

外泊はなしで良いと思う。
本人にも変に期待させるより、良くないかな?
と、都合の良いことを言ったりしちゃった。

でも間違いでもない気もするよね? エマさん。

面会だけでも良しとしてもらいたいね。
せっかくのお正月を棒に振ってお世話したのに、
やっぱり最後は予想通り。
がっかりするね、わかっていてもね。

URL | 赤い花 #-

2009/01/05 15:37 * edit *

人間はわがままなんだよ

また来ちゃいました。

お正月中はニコニコしていましたよね、ちー様。

だけどこれが帰院せずに家にずっといたら、
結局は元に戻る気がする。

他ではしない行動を家ではする、嫁にはできる。

結局は人間って、同居組の姑って、
それほどに図々しくできあがって居るんだろうなぁって思っちゃう。

うちの義母だって、義兄の前ではお利口にしていても、
帰れば元に戻る、楽に生きてる、姑の立場を最大限利用している、
偉そうにしている・・・。

そういうもんなんだね、姑って。

姑が生きている間は、嫁はいくつになっても嫁でいなくちゃならず、
こきつかわれていなくちゃならない。

お姑さんがいなくならないと、婚家は自分の家にならないし、
嫁っていうしばりから解放されることもない。

(はい最後はご一緒に)
つくづく同居嫁は苦労するよね。

URL | 赤い花 #-

2009/01/05 17:47 * edit *

ちゃんちゃん♪

・・・で終わったのね。
マンガのようにずっこけるエマさんと仏夫さんの姿がミョーにリアルにアタマに浮かびます。

6日間、ちーちゃんのご機嫌伺い、パニックにならんかと心配し、食べ過ぎて倒れないかとビクビク。エマさんお疲れ様でした。

終わりよければ全てよし、としましょう・・・。

ちゃんちゃん♪

URL | 怪人 #-

2009/01/06 04:11 * edit *

どんでん返しみたい

というか、態度がコロッと変わることは、うちの母にもありましたよ。
心配して損したと思ったし、おかげで母が施設で暮らしていることをクールに考えられるようになりました。

ケアマネさんにも言われたのですが、自宅でひきこもっているより、病院や施設にいた方が他者との関わりを持てる人なら、認知症には良さそうですね。
この年でハグしあえるバア友さんができるって素晴らしい~!

家にいるとわがままも出るし、食べ過ぎたり、運動しなかったり、身体に悪そうなことも多いですよね。
自閉のある人と認知症の老人には構造化が必要なんだなって、つくづく思います。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
更新を楽しみにしておりますので、今年もよろしくお願いします。

URL | りろママ #-

2009/01/06 11:11 * edit *

赤い花さんへ

二個もコメを有り難うですv-421
まとめてレスさせていただきます

外泊はね
やはり医師の判断の材料になるだろうから
退院前には何回かさせねばダメなんじゃないかと・・・
させるのはいいけど、やはりこんなに興奮するんじゃ
うんざりだわ

元に戻るのは予想しています
一番の心配はそうなったとき
また入院させてもらえるか否かだったけど
相談してみたら一年の範囲だったら
同じ病棟で優先的に再入院OKだとのことでした

そうね、姑が居る限り
嫁は嫁
いつまでたっても婚家が
自分の家にはならないわよね
だって、他の兄弟たちにしたって
姑が居る限り【仏夫の家】だなんて
絶対思わないだろうしねー

バアサンが「わたしがおらんだったら楽・・」
云々みたいな憎まれ口をたたいたときは
ムッ!だったけど
それはそうよね~
どこの同居嫁さんにとっても
そして相手がどんなに善いお姑さんであっても
やっぱり頭の上に重石がのってるようなもんだモンねー
お姑さんって。

URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2009/01/06 14:42 * edit *

怪人さんへ

> ・・・で終わったのね。
> マンガのようにずっこけるエマさんと仏夫さんの姿がミョーにリアルにアタマに浮かびます。

ホントにね、とたんにバアサンスイッチが入るのには
慣れていたつもりでも、やっぱり( ̄~ ̄;)ウーン・・・


> 6日間、ちーちゃんのご機嫌伺い、パニックにならんかと心配し、食べ過ぎて倒れないかとビクビク。エマさんお疲れ様でした。

んです。
絶えず気を配らなきゃいけない相手が居るのは
正直しんどいものです
それでも最後のアレさえなければねー


URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2009/01/06 14:47 * edit *

りろママさんへ

> 心配して損したと思ったし、おかげで母が施設で暮らしていることをクールに考えられるようになりました。

うちの義母も
病院ではそれなりに暮らしているんだろうなと思っているんですが
アレだけ抵抗して罵られると
正直もう外泊はさせたくないなという気持ちです


> ケアマネさんにも言われたのですが、自宅でひきこもっているより、病院や施設にいた方が他者との関わりを持てる人なら、認知症には良さそうですね。
> この年でハグしあえるバア友さんができるって素晴らしい~!

私もそう思うんですよ
実際、認知の部分ではそんなに進行していないし
今度帰ったときも顔つきがねシッカリしてるんですよ
入院前はデイサービスも利用していて
そこでもうまくやっていける人だったし・・


> 自閉のある人と認知症の老人には構造化が必要なんだなって、つくづく思います。

そうですね、うちの認知人と自閉人をみていたら
ほんとに似ているところがたくさん
基本的に「自分のことしか考えられない」
ところなんかそっくり


> 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
> 更新を楽しみにしておりますので、今年もよろしくお願いします。

こちらこそよろしく~~~
りろママさんとこたまに行ってるんですが
更新まだですかぁ(笑)
そうそう、例の「音符と昆布」
どこにも置いてないのでりろママさんが紹介してた
楽天でレンタル申請中です
来るのが楽しみ

URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2009/01/06 14:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/167-62c3f640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター