同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

老々介護のじっちゃんが 

バアサンの言葉を素直にとって jumee☆shy1
今日は面会をパス

今頃、バアサンはどないしているだろう・・・?
今日が何曜日だなんて分かっていないだろうし
来る日だとも到底分っているとは思えないが
なんとなく気にかかるものである

一週間パスしただけで
同居家族はこんなに気が咎めるものなのに
次兄んとこといえばっ!! 怒り

こちらから入院連絡を入れたにもかかわらず
見舞いはおろか電話ひとつ寄越さない

自分の用があるときだけ
一方的に連絡してきて(息子の結婚式)
それでいてこんなときゃ知らん振りって
あんたらね・・・・怒り

ま、こんなバカ次兄はムカムカするだけだから放っておいて
表題のじっちゃんのこと
先日、いつも見ている新聞の訃報欄に
老々介護←ここで書いた92歳のジイ様の名前が。

jumee☆surprise1 う、うそ~~

だってあれは8月で
バアサンと同じ担当のケアマネに
ジイ様の奥さんが
「こことこの日にショートステイをお願いね」
だったのを聞いたし
その他にもデイサービスを利用していたくらい元気だったのに

亡くなったぁ エエェッ!?!?

いやぁ年齢に不足はなかろうが ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
それにしても施設にお世話にならず
寝たきりにもならず
少なくとも4ヶ月前まで元気で逝く

うーむ
あやかりたいもんだ



category: ひとりごと

thread: 親の老後と介護 - janre: 結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/154-b23909c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター