同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

2回目の面会 

義妹夫婦と病院で待ち合わせて
入院以来、2回目の面会

私らを見るなり眉間にシワをよせ
「ずーーっと待っていたのに
全然来てくれないでひどいじゃないかっ!」えもじ9


いきなり面罵のバアサン

jumee☆surprise1
1週間後に来るとアレほど念を押したのに・・・・
先週のあの機嫌の良さは何処に行った・・・

バアサン時計では
どうやら1ヵ月以上放って置かれた勘定のようだ たらん

んがっ!
後ろにいた義妹を見るなり
「あら!R子来てくれたとねっアップロードファイル
まぁまぁT男さん(義妹ダンナ)まで。
遠いところをごめんね」


手をとっていきなりウルウル涙ぐむ

無言、汗
この極端な態度の違いはいったい・・・


大好きな娘に会えて余程嬉しかったのか
足取りが軽いのなんのって!
先頭に立って面会室に先導するくらいだ
´д`トホホ

「ここはね、変な人ばかりいてね
落ちているゴミを拾って食べたりする人もいるんだよ
話をする人もあまりいないし早う家に帰りたか・・」


変な人ばかり←ここんとこで一同 汗;

確かに、軽度認知症病棟とはなっているが
見た限りはバアサンクラスは数人程度
この前の面会時よりも落ち着いて周りが見えるようになり
周囲が全然分らないちーちゃんじゃないし
自分なりにこんなところに入れられて
と、情けない思いをしていたのだろう

それでも帰る頃には
こんな時間までいて大丈夫?
などと気遣いまで見せるようになり
元気に見送ってくれて ほっ…

んで、次の日も面会に行く 
                                          つづく






スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

コメント

何だろうよね

今度家に帰る時には、義妹さんの家ってことで。
せっかく入れた病院です。
これ以上と言うのなら、実の子供に世話してもらえばいいよ。

どうしてこうも手のひらを返したような態度かね。
何をやっても当たり前の嫁は、
本当にアホらしいよ。

結婚しても別居が一番。

URL | 赤い花 #-

2008/11/03 15:34 * edit *

嫁さまには「なんでもっと早く来なかった!?」
娘さまには「まぁまぁ、よう来たね!」

うう~ん。(^^;)
やっぱり、もう娘よりお嫁さんの方が長く一緒にいるし、より近い家族なんでしょうね~。
娘はもう、よその人なんだなぁ~
近い人には自然とワガママになっちゃいますしね。

と、思わないとやり切れない瞬間です~。・゚・(*ノД`*)・゚・。
娘よりお嫁さんに気を使うのが道理な気がしますが、もしや一般的には逆?!

あ!娘は赤ん坊から育ててるから、何かしてあげなければいけない対象で、
お嫁さんは大人になって出会ってるから、してもらって当たり前な対象なんでしょうか…?

してもらって「当たり前」な事なんて何一つないんですけどね…
娘さんも、もっとエマさんにおんぶに抱っこなことを自覚して
感謝してくれればいいのに…(o`3´o)

URL | にばんめ。 #yjwl.vYI

2008/11/03 15:41 * edit *

赤い花さん

そうそう別居が一番!!
外嫁だって私がやっていることをちょっとでも
してやったとしたら感謝の度合いが
そりゃぁ、もぉ!!

今回入院して初めて分ったこともあって
つくづく同居嫁は何のメリットどころか
デメリットばかりじゃん!
と憤慨しきりです

URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2008/11/04 15:43 * edit *

にばんめ。さん

するどい!
そーなのです。
同居人はそうやって感情をぶつけられる
甘えてもいい相手で
娘はいったん嫁いでしまうと
娘であっても遠慮というか
そういうものがあるんでしょうね


>娘よりお嫁さんに気を使うのが道理な気がしますが、もしや一般的には逆?!

バアサンが面白い(?)こと言ったんですよ

義妹ダンナが「またちょくちょく来ます」
なんてお愛想言ったら
娘は自分の娘だから当たり前だけど
ダンナは他の人だから
そんなに来てもらったら気の毒で・・・なんてね

私、それをきいて
「それをいうならわたしも他の人なんだけど」
ぼやいてやりました
ぼやきを聞いた義妹は苦笑
ハハハハ


URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2008/11/04 15:56 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/137-4b036f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター