同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

入院前のちーちゃん 

病院に午前中に連絡を入れて、返事待ちの午後
通院の他は出たがらないバアサンに

「天気も良いしランチに行こうよ」

誘ったが
お腹が空いていない
食べに行ってもどーせ食べきれない


とグズグズ言う

お腹が空いていない・・・か

そーいえば前日のお昼に
ちーさま、台所でコソコソ、ご飯なぞを皿によそっている
お昼はいつものウドンで良いと言っていたのに
ハテ?jumee☆whyL

「どうしてご飯を?
まだ12時前だけどお腹すいたと?」


「いんや、お腹はすいとらんばってん
朝、食べとらんけん食べようと思って」


・・・・・・・・

もう、問題はお腹が空いているいないじゃなくなっている

ということで愚図るバアサンを
「ドライブがてらに行こう!」
と無理げに引っ張って行った
(毎昼、うどんも作り厭きたばい)

連れて行った野菜中心のランチバイキングのレストラン
平日なのに年配のお客さんでいっぱい
肉好きの私には物足りなかったが
バアサンには好評だった

喜んでくれてよかったな~♪
死ぬ死ぬ病とかデイには行かん!がなかったら
ホントは良いお義母さんなんだよなとしみじみ

帰宅してしばらく経ってから
病院からの入院オッケーの電話

その旨、伝えたときは
自分でも納得していたかの様なバアサン
(盛んに溜息はついていたが)

夜になると豹変

目をウルウルさせて

「怖いから入院なんかしたくない
今度帰ってくるときは生きて帰ってこれんかもしれん
お願いだからうちに居させて」


( ̄~ ̄;)ウーン・・・

実は、入院の連絡があったとき
ホッとしたと同時に
あ~~~ これでもぉ
ちーちゃんと元のように暮らすこともなくなるんだろうなと
ちょっと熱いものがこみ上げていた自分

それが冗談じゃないめらめら
行ってもらわんば困るっアップロードファイル

いっぺんで冷たいものに変わってしまった汗1

こんなだったから翌朝の入院当日は
バアサン、抵抗したらどなしょーと心配で心配で・・・

ところがいつもは起こすまで待っているくせに
自分で起きてくる
しかも機嫌もそんなに悪くない
わぁお!!ビックリ

何時に(家を)出るのか?と
それこそ10回も訊いたが
案に相違して素直に入院してくれた

それが今となっては有難くもあり
なんか哀れなようでもあり
とっても複雑な気分だ・・・

とりあえず明後日には面会に行こうっと!!




スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 親の老後と介護 - janre: 結婚・家庭生活

コメント

よかったじゃない、ちー様

ご馳走よばれてよかったね、ちー様。
朝ごはん食べずにいるなんて言いつつ、
何だかんだしっかり食べて、
外食も食べて・・・。

満腹神経がおかしいよね。
相当いっちゃったよ。

おうちで看ていても、入院しても、
そこまでいったらどこで生活しても同じじゃないかな。

認知症はあるところに達すると、
そっから一気に進むよね。
びっくりするくらい。

神経質なお婆さんだったから、
お下も自分でして拭いてもらうっていう感じでしょうが、
失禁が一度始まると、それも一気に進むしね。

「時間の問題」っていう時期を迎えてしまったのだよ、きっと。

あとは頭が勝つか、心臓が勝つかの勝負って感じ?
これからはそんな感じじゃないのかな。
時間の問題ですよね、あとは。

エマさん、お疲れ様でした。
20年以上も一緒にいて、確かに寂しさもあるだろうけど、
お姑さんを介護して見送ったら、
追いかけるように嫁が亡くなるなんていうことも、
聞いたことがあります。

それだけかなりのストレスを抱え、
神経をすり減らしているということです。

くれぐれもそんな悲惨な状態にならないよう、
自分の身体を大切にしてください。

それこそ何の権利がないのですから。

URL | 赤い花 #-

2008/10/24 17:19 * edit *

しみじみ・・・
本っ当~にエマさんって、いいお嫁さんなんだなあ。
ちーちゃんも幸せだった(ナゼ過去形)と思うよ。エマさんのようなお嫁さんと今まで同居できて。

今まで「死ぬ死ぬ」言ってモンク言ってたちーちゃんも、エマさんから離れて、今までエマさんがしてくれていたことに改めて感謝してると思うよ。

URL | 怪人 #-

2008/10/24 23:27 * edit *

赤い花さん

そうなの、満腹神経までおかしくなるみたい
認知症は。

病棟での医師とか相談員、看護師、看護士長
たくさんの職員と面談中ずっと(2時間近く)

「ご飯、まだ?ご飯、まだ?」

とわめいているお婆さんがいた
もぉ、頭の中ご飯のことだけっちゅう感じ

その声を聞きながら、あぁ軽度といいながらも
中にはこんな重い人も居るのねと複雑だった

確かに認知症の介護というのは
身も心も磨り減りますね
ただ今は、もっとどうにかしてやれなかったのか
とか、なんか大変なことは大変だったけど
義母のいいところなんぞも思い出されて
寂しいような哀しいような・・・

そんな感情とは別に
また家に帰って介護しなければとなったら
ぶるぶるもんですか
^_^; アハハ…

URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2008/10/25 13:42 * edit *

怪人さん

いやいや、ちー様が幸せかどーかは、ねぇ?
結構(結構?)きつい嫁だったし
(同じく過去形・ぷっ!)

親にとっては娘から介護してもらうのが
1番だと思う
特にうちのバアサマはね

感謝はどうだか分らないけど
離れてみると、相手の悪いところより
良いところしか思い出さないのが不思議です

URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2008/10/25 13:52 * edit *

お久しぶりです!

ついに、入院なさったんですね。
離れてみると、いいことしか思い出さないっていうの分かります…
寂しさは、背中の重石が取れてスースーするからですよね。。。
でも、重石が取れないと潰れてしまうから、いい形に収まったんですよ。
たまに、余計なことを言う人がいますが、そんなの自分が同じような体験してないか、他人事だからですもん!

リフレッシュしてくださいね~!

URL | にばんめ。 #yjwl.vYI

2008/10/27 01:13 * edit *

にばんめ。さん

あらぁ~、おひさですぅ~

>寂しさは、背中の重石が取れてスースーするからですよね。。。
でも、重石が取れないと潰れてしまうから、いい形に収まったんですよ。

んまぁ!なんちゅう よか表現でしょ!!
そうそう、まさにそんな感じですたい

んでも、また背負い直すってこともある訳で・・
そんときゃ、さぞ重たくなって返ってくるでしょう
(ぶるぶる)

URL | 馬場エマ #7aamKCAQ

2008/10/27 15:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://emachan69.blog47.fc2.com/tb.php/133-d40c511b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター