同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

突然死 

年が替わるたび
「今年かなぁ~」と思って早五年
義母、悪い也に安定している

最近では
もぉこのまんま
百歳を目指せるんじゃなかろうかと思うようになった(←んなバカな)

そんな中、ちょうど前記事の娘の自閉友達が来る予定日の早朝の事
仏夫の次兄嫁の実家から(←次兄嫁の姉)

「妹が亡くなった」
との電話
 う、うそー

いや、病気がちだとかそんな話聞いたことなかったし
ホント青天の霹靂で、いっぺんに目が覚めた

話に依れば、(亡くなる)前日に夕食の用意をしていて頭痛がするというので
近所の医院に診せに行き
帰宅してからトイレに入り、それきりなかなか出てこないので
同居している息子が大丈夫かと尋ねたところ
「大丈夫」
と応じたので安心していた

ところがそれからも出てこなかったので又様子を見に行ったら
その時は既に意識がなかったという
で、救急車を呼んで病院に運ばれたが
そのまま朝方に・・・・

死因は『クモ膜下出血』

いや、これが何かと病気持ちの次兄というのだったら
納得も出来るが
それまでぴんぴんの次兄嫁だったからホント驚いた

残された次兄やまだ独身のその息子
ショックが大きくてうちに連絡も出来ず
兄嫁の実家に頼んだらしい

少し落ち着いては来ているみたいだが
まだ夢の中のようだという

だろうなぁ~

でも残された者は大変だろうが
ピンピンコロリ…ある意味羨まし~

私なんか、半身不随の仏夫や、自閉娘を抱えているから
病気も出来ないというプレッシャーがあるしねぇ

でも今のうち
長女には私が亡くなった時のあれこれを
言い聞かせとかんば
と、固く思った次兄嫁の死だった



スポンサーサイト

category: 3人の嫁ズ&婿

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター