同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

今年かなぁ〜と思いながら 

施設暮らしも六年が過ぎ、今年の六月で丸七年を迎える
ここ四年くらいは正月を迎える度、今年かなぁ〜・・・
だったのだが
施設からの連絡では、減っていた体重も下げ止まって
少し持ち直してきているという

そんな中、面会に行くと仏夫の車椅子姿で分かるのだろう
「馬場さんですか?」
と、スタッフが話しかけてくる

で、去年もだったが
義母がここ何日か話すようになって
それも訊かれたことのオウム返しじゃなく
会話として成り立っているのだとか

食事後の"美味しい"とか挨拶を返すなどの様子を
動画で見せてくれた

確かに部屋に会いに行くと声は出せなかったが
いつもの能面じゃない
少し微笑んでいるような穏やかな表情をしている

・・・・もしかして抜けかけた魂がこちらに戻ってきている?
ンなバカなと思いながら
この分だと今年も大丈夫のような気がしてきた

ところで義母は六人部屋で同室の皆さんは全員重度
寝たきりで、齢も九十過ぎ百歳超えなのだが
今回入り口に近いベッドが一つ空いていた
きっと・・・・だろうなぁ
スポンサーサイト

category: 認知な姑

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター