同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

う~~~~~ん 

仏夫が障害者になって福祉車を購入した翌年のことだが
車税の通知が来ない

いつもは四月か五月には来るのに
なんでかなぁ~
と不思議に思っていたら
障害者のための車には税金が免除なんだって
身体障害はだったから知らんかった

三月初めに注文したこの車
HO_S092_F001_M003_2_L_640x480.jpg




フツーは注文してから二ヶ月くらいで納車の筈が
なかなかその運びにならない

営業の人曰く
税金の関係で現在の車と新しく購入する車が
一日でも重なっての.登録は出来ない
即入れ替えをしないといけないのだという
その前に障害者手帳とか通院証明も提出させられたし
そんなこんなの手続きで半月くらい延びた

注文した当時はパンフレットを眺めてはムフフ
同じ車種を見かけると、はやく来ないかなぁ~
と、ワクテカしてたのだが・・・・

やっと納車という時期になって
なんかね、今まで乗っていたこの車が
たった二年と八カ月だったけど名残惜しいというか
いろいろ大変な時期を共にしたから
思い出いっぱいというか・・・・
ちょっと寂しい気もした

IMG_0469.jpg

で、新しい車がこれ
IMG_0793.jpg

メーカーは違うが
色もスタイルもほとんど同じ

ただ車椅子仕様じゃなく助手席リフトアップのみで
ハイブリットで六人乗りというだけの違い

でも。。。。。
現在は、う~~~む状態
何しろ助手席が狭い
以前のは乗せてから前後にスライス出来たのが
今度のは出来ない
無駄に三列シートにしたためか?

座面を広く取ってあるから
車椅子から移乗させるとき、奥までお尻を運び入れるのが大変で
二回三回と引っ張りあげないといけない
で、前後スライスがないから
前面ボックスとの間の余裕が無い
横幅はあっても男性としては小柄な仏夫でこうだから
ガタイの良い男性とかは足が前面にあたって
無理かもしんない

Hondaさん、車椅子仕様車は分からないけど
リフトアップに関してはTOYOTAに負けとるわ

試乗して決めたら良かったのだろうけど
福祉車の試乗なんてここいら辺ではないしなぁ

ただいま、絶賛後悔中
スポンサーサイト

category: ひとりごと

同じ臭い 

庭で草むしりをしていると
何やらぶつぶつと呟いている声がしてきた
見ると、若い男性がうちの小道を通って行く

あぁ、あの独り言というタイトルで
記事にした彼である

呟きながらも、庭に居る私が目に入ったのか

こんにちわ~

と、挨拶する

おぉ
どっぷりと自分の世界に入っているわけでもないようだ

先日、またぶつぶつが聞こえてきたので
何気なく玄関の横の窓から外を眺めていたら
仕事から帰宅しているフェチ子の姿が・・・

家のまん前で男性と鉢合わせ状態になっている

娘がどういう反応をするのか
興味津々で見ていたら、そのぶつぶつ彼が娘に

こんにちわ~

・・・こ、こんにちわ

ちょっと固まりながらも返しをするフェチ子

家に入ってきた娘に

「ねね、今の人
あんたと同じ臭い(自閉)しなかった?」

「うーーん、分かんない」。

・・・・だろうね





category: 自閉症

G.Wも終わった 

ここら辺は人口が十倍になり、込むので
どっこも行かないか
せいぜい近場に一日だけ出る
それが馬場家の毎年恒例 G.Wの過ごし方。


今年はそれも無しで
出掛けたのは隣市の大型スーパーのみ

仏夫と出掛けるときは
車椅子を押すために、両手が空くようにいつものリュック姿で
W107の黒ズボン見繕うために
店内をウロウロしていたら
前から同じように車椅子の四十代と思われる夫婦連れ(?)がやってきた

うちとは反対で車椅子に乗っていたのはご婦人の方だったが
車椅子の仕様から見て、多分彼女もせき損だろう

お互いジロジロはしなかったが
仏夫も意識していて
後で
「手が同じようにマヒしていたようだ」とぽつり

せき損センターを退院してから
そういう患者さんをあんまり見掛けんもんだから
彼らに対して同病相憐れむじゃないが
なんとなくシンパシーを感じた

さて、GWはかき入れ時で
休みが一日だけしか取れなかった長女と
まるまる九日間の休みが取れた次女も付いてきたのだが
この自閉次女
店内の椅子にどっかり座りこんだまま動かない

ま、いつものことだと放っておいたけど
いい加減、店内ポップに慣れてくれんもんかなぁ~

もっとも一階のレストランで食事となるとホイホイついてきたが
んとに、食欲とフォントだけで生きているような娘だ

category: 日常

生存保険金 

五年前というタイトルで記事にした通り
明日5月6日で義母は90 歳

G.W明けには局員が手続きにくるという

来てもらっても本人は居ないし
施設に訪ねていっても、頷きも無理だしと
その旨連絡をしたところ

そんな場合は、亡くなるまでそのままで
で、亡くなってから改めて相続人が手続きをすることになる
という話

えぇ~~~

五年前もサインが出来なかったから
局員二人体制で改めて出直してきて
やっと手続き完了したもんだが・・・

いや、それがン百万なら
厳重なのも分かる

でもね、ぶっちゃけていうと20万なんだよ、保険金。

そりゃさ、こういうのは金額の多寡じゃない
決まりなんだから
だろうがねぇ~

でもさ、後から手続きするにしたって
兄弟4人の印鑑やらなんやら

ああ゛ーーー、めんどくさー

その局員曰く
こういう(本人の意思の確認を出来なくなっている)ケースが
多くなっているのだとか・・・・

そりゃそうだろ
入った時点では本人も自分がそこまでなっているとは思わんだろうし
また思いもしたくないだろうしね

category: 認知な姑

W 107 

前社長が亡くなった

見舞いに行ったのが三月の終わりだったから
それから一ヶ月も経たずかぁ~

いろいろ感慨はあるが
とりあえず喪服、間に合って良かった

・・・・・が
下半身が動かない仏夫
いつものようにズボンを穿かせる時は
寝せてから
片方ずつ入れてウエストまで引っ張り上げ
リフォームしたマジックテープで留める

ここまではよかったのだが
そこから背中を起こすとぶちっ!
マジックテープがパカーン 


あたぁ~

無理して留めても
ウエストで絞られて
せせり出てくるお腹の脂肪のそのハンパないことといったら・・・・

取り敢えずウエストバカッのまま
上着で隠して出席させた
(上着は充分過ぎるくらいなのに)

帰宅して、改めてズボンのウエストを計ってみた
1メートルだ 

で、仏夫のウエストは・・・
1メートルと7センチ

座ったままだから、脂肪がお腹に溜まるのは仕方が無い
とはいえ1メートル越え

ひぇ~~~

仏夫
あーた、ほんとにクローン病かい

category: クローン仏夫

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。