同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

フェチ子の学生時代 

先日、机の中を整理していたら
なつかしいノートが出てきた

自閉娘の高校時代の
私と養護教諭との交換日記(?)だ

当時、毎日のように保健室に出入りしていたフェチ子
そりゃぁもぉ大いに迷惑をかけたのなんのって・・・・
それでも何とか卒業できたのはひとえにこの教諭のお陰

自閉症という障害がありながらも
小、中、高と一般のクラスに通った娘

今思えば、よくもまぁ登校拒否も起こさず(らしいことはあったが)
ひきこもりにもならず
12年間の学生生活を終えたもんだ、うん。

そんな感慨を持つほどの怒涛の12年間だった(幼稚園も含めると14年)

まだそれが自閉症という障害ゆえだと分からなかった小学時代

あまりの問題行動のため
担任から勧められて行った精神科で
やっとそれだと分かった中学時代

初めから障害を隠さず通った高校時代

いずれも波乱万丈
担任泣かせの子供だったろうな
親の私も、毎日毎日大変だった

交換日記の中で思いだしたのだが
何かのことで腹が立ったのか、この娘
いきなり教室の窓から飛び降りようとしたとか
ところがそこは三階だ
止められたから良かったものの
もう少しで新聞沙汰になるところだった

それからもうひとつ

登校したら机に
「学校に来るな!」と、いたずら書き
こういう娘だ
ま、いじめみたいなのもあったんだろう

そんときも、パ二くって辞めるの何のだったけど・・・・
ほんとによぉ卒業できたもんだ

だけど、現在
フラッシュバックで癇癪を起すのはいつも小学時代の事
この頃を思い出す度
「何であんな小学校に入れた
最初から支援学校に入れてくれたらあんな思いしなかった

だって、あの頃『発達障害』なんてポピュラーじゃなかったもん

こうやって学生時代のことを考えたら
今も職場に対してブチブチはあるが
ホントに楽になったもんだわ

にしても家にいるフェチ子の昔と変わらぬ様子を見ていたら
これでよぉ給料を貰えるような働きをしてるのだろうか
と、いつも疑問に思う
そう思いながら五年が過ぎて、今年で六年目

未だに辞めろとは言われないから
それなりにはしてるんだろう・・・・・?
スポンサーサイト

category: 自閉娘

ぐふふ 

仏夫の事故以来
家のリフォームを始めとして
ベッド、入浴用リフト、椅子
ベッド移乗のための足乗台(?)等など
身障者になるということは
身の周りのあらゆるものを買い替えなくてはならないということを
思い知らされた

その中でも失敗したなぁと思ったのが

身障初心者(?)ということもあり
車椅子からそのままで乗れるこのタイプに
main.jpg

もしかしたら助手席にも乗れるようになるかもと
改造してもらったのだが
style-1.jpg

車椅子仕様は無駄だった
何せ手間がかかるうえ
仏夫専用に作った車椅子の幅が広いのか
乗せるのに一苦労(←ゆうに10分はかかる)
おまけに後ろ座席にベッタリという感じで
こりゃ追突でもされ日にゃ・・・・ぶるぶる

で、結局
今まで車椅子のまま乗せたのは二回?三回?

しかも最初から助手席リフトだったらよかったものを
無駄に改造したもんで三人しか乗れず・・・・
家族四人でちょっと遠出のときは
横のドアから車椅子を乗せてひろげその上に娘(ぷっ!)

んでもって改造車つーことで普通は三年車検の筈が
二年だった

その車検の時、ハイブリット車を代車として貸してくれた
これが気持ち良いのなんのって
アクセルが軽い
急坂もすーいすい

うわぁ~って感じ?

それでもそんときには買い換えようとは思っていなかった

今週、新聞に入っていたチラシで何気なく車の広告見て
暇している仏夫に見るだけ、冷やかしに行こうかと連れて行った

結果
買うた、これ↓ (オイオイ)


HO_S092_F001_M003_2_L_640x480.jpg

このタイプのハイブリットはホンダだけしかなく
しかも重量が重い所為か
ハイブリットとはいえ リッター21㌔だとか・・・

納車は二カ月後だが
なんかうれしい、わくわくしてる

長女に
「今度は六人乗れる車買ったけど
来年、あんたはいないってことないよね?」

車にかこつけて探りを入れると

「わからん」

そっかー、分からんかぁ・・・・。


category: 馬場エマ

リハビリ効果? 

先月から作り始めていたプラモのヘリコプター
一カ月かけて完成

写真が下手だからうまく撮れなかったが
IMG_0768.jpg
IMG_0767.jpg

これで見る分には大したことないように思えるが
なかなかどうして・・・・・

最初がこの状態で
IMG_0729.jpg

からのこれだから。

写真ではうまく撮れなかったが
中の操縦席からワイパー、機関銃まで
こまごまこまごま、ちまちま
IMG_0766.jpg

両手が不自由じゃなくても
不器用な上におおざっぱー
性格的にもイラチの私にゃぜってー無理

そーいえば、仏夫
今回はほぼ自力
前回の事があるからか
こいつにゃ頼まんとあきらめたようで
どーしても出来ん所は
長女が帰宅するのを待って仕上げた

にしてもそのマヒした手で
99パーセント自力ってすごくない?
よく出来たね~

褒めると
作っているうちに手が段々動くようになった
と、仏夫

へぇ~~~

"趣味とリハビリ"を兼ねてとは思ってたけど
正直、リハビリの方は『?』だった

でも、あきらめずに動かしていたら
少しづつではあっても、どうにかなるもんだ

人間の身体ってすごいわぁ

足の方は・・・・・・・・無理。




category: クローン仏夫

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター