同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

後顧の憂いがあり過ぎ 

今月は自閉娘の誕生月で
先々週に24歳になった

早いもんだ・・・

しかし、この2月という月は
彼女にとって
どーも調子が良くない月のような気がする

去年はここで書いたように
誕生日なのに誰もお祝いを言ってくれなかったと
"職場放棄事件"を起こしてくれたし
あんときゃ、会社から
今度こういう事があったら
辞めてもらうしかないって釘刺されたっけ・・・

今年も誕生日の二、三日前から
『(自閉友達の)りりぃちゃんがお祝いメールをくれるだろうか』
と、不安定になっていた

で、誕生日当日
会社の昼休みにわざわざ電話をしてきて

りりぃちゃんからメールが来ないっ
私の事なんか嫌いなんだっ
あの女#$%&*


はいはい、いつもの罵詈雑言の始まり始まり

仕方ない
仕事で居ないかもしれんがと
りりぃちゃんママに連絡を取る

幸い祝日だったのでママとは連絡は取れたが
肝心のりりぃちゃんは仕事

で、かくかくしかじかなので
悪いけどりりぃちゃんに後からメールお願い
と、頼んだ

まぁね、お互い自閉娘を持つ身
りりぃちゃんちはりりぃちゃんちで
いろんな事があり、悩みは尽きないようだし。

そんなこんなで他人の誕生日どころではない・・・
かもしれない

つー、想像はひっくりかえっても出来ない自閉症

最近、特に思う
後顧の憂いがありすぎで
フェチ子、私が逝く前に逝って欲しい
取り敢えず私が認知症になる前に(なる自信あり)
逝って欲しい

なぁんてこと書くと
なんたる親かっ!て思われそうだけど
障害を持つ子の親って
その子の将来を考えたら一緒に逝きたいって
一度は考えるんじゃないかな~

違う?
スポンサーサイト

category: 自閉娘

thread: 自閉症 - janre: 福祉・ボランティア

墓の移設 

仏夫が車椅子ライダーになってからというもの
連れては行けないところばかりになってしまった

とはいえ、墓参りには行けた、今までは。。。。

馬場家の墓は車で一時間以上の場所にある

まだ義母が元気なおりに
遠方で何かと不便なので近くのお寺に移設したい
と、申し出た事があったそうだが
坊さんの反対で敢え無く却下・・・

ま、そりゃそうだよな
金蔓檀家が一件減るんだもん

だってさ、義父の葬式の時
お布施をいくら包めば良いかと訊ねた時

「お宅は70万

だったんだもん

幾らさ、信心深くてお寺関係には良くしていた義父とはいえ
20年前でそりゃないだろう

で、そのままにしてたんだけど
去年までは車椅子で墓のまん前まで行けたのが
今年になって

墓が増えたのか
それとも墓石自体を大きくした墓があったのか
車椅子では通れなくなっていた


元々義父の月命日には
そこじゃなく近くのお寺に頼んできてもらっているし
仏夫がこんなだからと理由を付けたら
今回は反対も出来まいと移設を真剣に考えた

そんな折
偶々、あの仏夫の強面次兄夫婦が来たので
どう思うかと訊ねたところ
早速、こちらのいつも月参りに来てくれるお坊さんに
相談したという
(次兄嫁の実家とは同じ菩提寺)

結果、自分とこはいつでも受け入れるという話だった

で、ネットで手順とか費用とか調べてみた

・・・・・・・

やーめたっ

手続き、めんどくさすぎる
費用、高すぎる

だって新設するより+50万~100万だってよ
350万ってムリムリ

家の墓ってさ
先祖代々だから遺骨が何体入っているか
仏夫曰く
中には誰の骨か分からないのもある

それを考えたら遺骨一体につき幾ら、らしいから
上記以上かかるかもしれん

いや、費用はさ
実は義母のでと思ってたわけ(オイオイ)
だって幾ら持っていても
もう彼女には遣えないんだし
元々お寺関係は義母が出していたしぃ・・・・

その旨、仏夫に話したら

「・・・・・・」。

えぇっ!もしかしたら反対?

いつもは嫁が言えば否も応も無い仏夫が
返事をしない

どうやら、他の兄弟たちの手前を考えたらしい

んだったら、やっぱり
やーめたっと

不便だけど、仕方あんまい



category: ひとりごと

足の神経が 

夜、就寝の為
仏夫の靴下を脱がせたところ


指から血が・・・・

親指の次の指
(←これってなんていうんだっけ人指し?足指は差さんやろ)
の瓜辺りが真っ赤になっている

本人に訊いても感覚が無いんだから
分かるわきゃない

取り敢えずイソジンで消毒・・・
 あれれれ
指が嫌がってるのか逃げようとする
それを押えて綿棒を当てると
ピクピク
まるで傷口が沁みてるような動きをする

仏夫本人はどーもないんだから
足が独自に嫌がっているとしか思えない

そーいえば入院してた頃
足から点滴をするときも針を嫌がって
看護師さんとふたりで足を押えていたっけ

感覚が無い分、余計に心配なので
リハビリに通っている病院の
外科の先生に診てもらった

結果
爪が完全に剥がれていた
寝ているときに
痙性が起きてベッドの柵にでもぶつけたのかも・・・

処置をしてもらっている間も
盛んに逃げようとする足

不思議に思って医師に訊ねると

感覚は無くなっても足の神経は通っているし
それが腰のあたりで止まっていて
脳にまで行かないから
痛く感じないのだという

感覚が無いのなら
例え大きな怪我をしても麻酔なしで平気だろうと思っていたら
それも大間違いで
本人に自覚が無い分
足が勝手に動くから
麻酔は必須だとも言われた

いやぁ、人体って不思議だわ、ホント。

category: クローン仏夫

食洗機ってどう? 

一階を(仏間を除いて)全部フローリングにして気付いた

あっちに埃が、こっちには髪の毛が
原因のひとつには四匹の猫ズのせいもあるが
それにしたって畳と違ってこんなに汚れが?
てな具合に目立つのなんのって


以前は3日くらい掃除機かけてなくても平気だったのになぁ(おーい)

で、あのお掃除ロボット、ルンバってやつ?
あれってどうだろ?

思いがけなかった介護報酬も入るし
これから先の自分の身体の負担も考えて
楽出来るところは楽しようじゃん♪

ま、要するに元々不精もんだから
介護を言い訳にしたんだけど

思いたったら即実行がモットーの私
電器店に走った

んが、店員さん曰く

『故障したと持ってきたお客さんが居て
調べたら猫のオシッコを吸いこんでですね・・・』


 あちゃー
家には尻癖が悪いコレと
IMGP1100.jpg
この先住バカたれ親娘がいるんだよなぁ~
IMG_0473.jpg

掃除機の為、今更処分するわけ・・・・いかんしなぁ~

で、あきらめて
んだったら食洗機、どうだろ?食洗機

台所をシステムキッチンにした際
そんなの贅沢、もったいなかで
つけなかったんだけど
考えてみたらどっちも好かんけど
掃除よりも皿洗うのがめんどくさいような気がしてきた
(どこまでも楽したいっ!!)

ただし掃除機よりは高価なもんなので
今回は慎重に検討してるんだけど
ネットでは重宝してるとか不必要とか
いろいろあって
ただいま迷ってる最中

誰ぞ、背中押してくれんかのぉ

category: ひとりごと

チロの話(2) 

ずっと以前に"チロのこと"と題して書いた記事に関連して
ここを見てくれている姉と話していたら
この犬を飼う事になったきっかけを
思い出してしまった

現在は違うが、もともとうちの実家は漁師で
父と兄がその日も沖に出て漁をしていたところに
無人島の方から何やら白いものが近づいてきた

それが件の犬で
船のヘリに必死ですがりついてきたのだという

その一生懸命さに無下に振り払うわけもいかず
結局連れ帰って10年以上は飼われたのかなぁ~

で、最後はあぁなったのだが・・・・

それにしても
サルとかヘビくらいしか居なかっただろうあの島に
なんで犬が?

誰かが船を出してわざわざ島に捨てたとか 

大昔の事で
今となってはどうでもいいことかもしれんが
改めて読んでみて思わず胸がキュンとしてしまった

犬か猫かと問えば
断然猫派の私でも
チロを思いだす度
犬はやっぱり人間の友だなと・・・・







category: ペット

thread: 犬との生活 - janre: ペット

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。