同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

事故から2年 

早いもので
あの事故から今日が丸二年

一年目の記事を書いたのが
ついこの間な気がするのだが
・・・・

一年目は入院生活が主と
退院したてでバタバタしていた記憶がある

二年という事で落ち着いたというわけでもないが

あの時どうやって三メートルの高さの側溝から
救いあげてもらったのか?

と、今更ながらの疑問が湧いてきた(遅過ぎだろっ)

まず、落ちたのが夕方6時頃で
辺りは薄暗くなっていた
側溝は
海に流れる込む川で当時は10センチ程度?の水深
それくらいの浅さだったから
川底の石などに背中をまともにあててしまい
ご存じの通りのせき損になったのだが

一年目の時は
意識をなくしたのがあと50cm、橋の手前だったら
とアンラッキーを悔やむばかりだった。

でも現在は
あの時、偶々夜勤の人の出勤時で丁度橋を渡っていて
仏夫の
「たすけて~」
というか細い声が彼に届いたので命拾いした
ラッキーだったと思えるようになった


せき損になって
不自由な身体になったのは勿論口惜しいが
もしあの時彼が通りかからなかったら
雪もちらつく寒い日だったし凍死していただろう
(事務所と工場の間に件の側溝があり
間にある道路は市道だが、一般の人はほとんど通らない)

また、仰向けじゃなくうつぶせだったら
浅いとはいえ窒息していたかもしれない

そう言えばあの時ヘルメットを被っていたのだが
それが壊れていてその欠片で額も怪我していたっけ
ヘルメットのお陰で頭部も守れていたのかぁ~

で、本題に戻って
どうやって上げられたのかと仏夫に訊くと
工場から梯子を持ってきて6人がかりで上げたのだという

仏夫が言うには
工場内で履く安全靴は水に弱いとのことで
ダメにしちゃったかもなぁ~、と申し訳なさそう

で、ハタッと思った
その最初に見つけてくれた彼に
命の恩人に、何のお礼もしてなかったねぇ

一歩間違えば今日が三回忌だったかもしれない(こらこら)

仏夫にしてみれば
生きてるだけで丸儲けの気分じゃないだろうが
私にしてみれば
ホントに生きていてくれて有難うの記念日だ
スポンサーサイト

category: クローン仏夫

運転感覚も? 

自他とも認める運動音痴の自分
免許取得前に行われた適性テストでは

運転中に空白の時間あり
大きな事故を起こす可能性大。


だった

そんな危険な(?)私でも
免許を取ってもうすぐ30年
(といってもペーパーが8年くらいあるから
実質20年くらい)

今んとこ事故は
いずれも"爺さんからの追突"二件だけで済んでいる

仏夫がこうなってからには
どこへ行こうが車の運転は必須
で、車椅子でそのまま乗れる福祉車両にしたわけだが
これが計算違いというか
自分の身体に合わせた車椅子にしたせいか
今の車だと幅、長さがギリギリで
無理すれば乗せられるのだろうが
女の非力ではもうそれだけで力を使い果たすって感じ?
それじゃなくても
乗せる手順がめんどくさい

と言うわけでこの車にしてからは必然
助手席リフトアップばかり使っている
style-1.jpg

それは良いんだけど
運転しているとうるさい、仏夫が。。。。
ま、気持ちは分からんでもないが

(我ながらひどいもんね、特にバックは
少しくらい斜め(少しか?)でも枠内枠内でテキトーそのもの)

バックはともかく走行中でも
隣でわーきゃーうるさいうるさい
却ってその声でビックリして事故りそうだ

で、三車線の曲がり角で
いつもの通り「そこは左、左」とアドバイスする仏夫
が、一番左に行くとすぐに車線変更しなくてはいけなくなる

勿論無視したんだけど
実はそこは長年通勤で通っていた道

それに気付いた仏夫

「ずっと通っていたのになぁ~」
と、寂しそうに苦笑い

やっぱり自分で運転していないと
そういう感覚も鈍るのかもねぇ~

事故から明日で丁度二年だ

category: クローン仏夫

やれば出来る 

猫を飼っている人なら承知だろうけど
それが四匹もいる我が家は
至る所猫の爪跡だらけ

柱などはソレ用の板を買って予防はしているのだが
予防できないのがこれ
      
IMG_0560.jpg

爪でしっかり踏ん張るから
跡だらけでしかも汚ない
IMG_0554.jpg

普段は良いが
来客のとき恥ずかしいし
ずーーーっと気になっていた

近くの家具も売っているホームセンターとかで
カバーを探しても
座面まで続いているのしか売っていない
ネットでもそうだったし
頭の部分だけって中々見つけられなかった

・・・・どがんかせんばいかん

こうなりゃ、いっちょやってみっか
と、一念発起

100均だったら途中で投げ出しても惜しくないかと
端切れを購入
IMG_0552.jpg

ここでフツーだったら
メジャーで椅子の縦横、幅などを測り
それをもとにチャコールペンなどで線を引き、裁断なのだろうが
そこはテキトーでオオザッパーな私
いきなり布を当て仮縫い
IMG_0561.jpg

んでミシンをかけ、余った布はザックリ切り捨て
端も縫って出来あがり~
IMG_0555.jpg
IMG_0557.jpg

あらら、なかなかじゃん
IMG_0556.jpg

四脚全部で二時間もかからんかった
購入費が420円也
IMG_0562.jpg

もしかしてやれば出来る子だったんか自分?
と、仏夫始めだーれも褒めてくれんから
自画自賛してみる

category: 馬場エマ

忙し、忙し 

当たり前の事だが
義母を施設に入れたからといって
同居嫁の負担が全然無くなった訳ではない

だが彼女が元気でいた頃と違って
ここ数年は正月に誰も来なくなっていたし
(とは言っても年末には三兄弟家族それぞれ来た)
今年もまったり気楽な正月・・・・の筈だった

それなのに、それなのに
あぁぁぁ

明けて二日に仏夫の次兄から次兄嫁の兄嫁・・・
要するに"嫁の兄さんの奥さん"が亡くなったと連絡あり
普段ならあんまり関係なさそげな縁ではあるが
あにはからんや、実は私ら夫婦の仲人をしてくれた人
といっても頼まれ仲人ではあるが
次兄嫁の兄さんがいわゆる地元の名士、つーことで
仏夫の長兄、弟もこの夫婦に仲人をしてもらっている

(今時の結婚式には仲人なんて居ないのにね~)

だったら、他の兄弟にも報せないとと思い
順番に連絡したところ
義妹んちにはダンナが出た

・・・・・・

R子さんは?

訊くと

義妹旦那が口ごもりながら言うことにゃ
なんと、大みそかから肺炎で入院してるとの話

 えぇ~~~
またかい

彼女、数年前にも正月に肺炎にかかり
その時は一時は人工呼吸器をつけてずっと眠らされていたくらい
重篤な状態だった

気にはなるが、仏夫もいるし
遠方で見舞いに行ける状態じゃないので
義妹と同じ県内に住んでいる長兄に様子を見て来て貰う事にして
義弟に連絡すると
ここも以前書いた娘の腫瘍がまた再発して
年明けてすぐにも手術とのこと

この事は年末に聞いていたから
大して驚かなかったが
どっちをむいても正月から大変だ

何はともあれ
みんなから託された香典を持って葬儀に出席

やれやれと思った次の日

今度は義母のいとこが亡くなったと連絡が入る

で、二日続けての喪服

つくづく思う
『同居する』ってことは
諸々な些事も付き合いも
洩れなく付いてくるって

そーいうこと。

category: ぶつぶつ

自閉友達 

正月も明けて四日ですが
あけましておめでとうございます


************************************:

我が自閉娘フェチ子も年女
来月で12・・・・いや24歳になる

身体だけは立派過ぎるほど立派(巨乳)だが
相も変わらずの文字フェチで
親の目からは全然成長していない娘である

そんな娘に正月の二日に四人いる自閉友達の一人
IちゃんがIちゃんママと一緒に遊びに来た
フェチ子とは一年半振りだが
私は三年ぶり?くらいの彼女
全くふつーにしか見えない他の子たちと違って
学年も同じで
見た目も趣味もおまけに自閉度も同じくらいのふたり
・・・・いや、実は親の欲目で自閉度はフェチ子の方が軽いかな
と内心思っていた

ところが久しぶりに会う彼女
・・・・・大人だ
一つのことを話題にしても論理的で
弁が立つというか
フェチ子みたいにいきなり違うとこに飛んだりしない

あれ~~~

いつのまにかフェチ子、取り残されてるぅ~

とはいっても同じ自閉ちゃん
こだわりは強い
中でもIちゃんは実の父親にこだわりというか
拒否感が強く、父親と離れたいばかりに
高校卒業してすぐにグループホームへ
それ以来、盆正月でさえ家には帰らずママの実家に帰るのだとか・・・

「お父さんとは何年くらい会ってないの?」

訊くと、大みそかに五年ぶりくらいに会ったのだとか

「それがね、禿げてて笑っちゃいました
若いと思っていたんだけど・・・」

そりゃ五年も経つと前髪も後退するっしょ

なにはともあれ
一般の子たちとは友達関係を築くのが難しい娘に
同じ障害の友達がいるのは心強いというか
彼女たちの親共々知り合えて良かったなと思う

category: 自閉娘

thread: 自閉症 - janre: 福祉・ボランティア

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター