同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

介護に報酬? 

義母の介護をしている時
いつも思っていた
私ゃ、年中無休の無給介護師なのかと。

法律的には義務も無けりゃ権利も無い
何の責任もない筈の嫁の私
にもかかわらず
一切の世話をさせられている

しかも良くしてやって当たり前で
放棄でもしようもんなら
それこそ、鬼嫁だなんだかんだと
周囲から責められていたに違いない

これが例えば、仏夫の兄弟妹たちが話しあって
エマさん1人で看させるのは可哀想だと
たまには家で引き取ろうかと
いやいや、それは無理だから
せめてお金でも・・・・
それくらいの気持ちがチラッとでも見えたのなら
あの頃ささくれだっていた感情も
少しは慰められてたんだろうなと思う

これはあくまで気持ちの問題で
いざくれるといわれても固辞しただろうけど・・・

で、ひるがえって現在の仏夫の介護

これはもう当たり前というか
今まで家族を養うために必死で働いてきた
仏夫に対する恩返しという意味もあり
義母のと違って全然やらされ感のない
自分のこれからのライフワークだと何の不満も無い

だから
家族介護の場合、介護報酬が支給されるので
手続きに来てくれと
労働基準局から連絡が入ったときは

 

当たり前じゃない時は報いが無く
するのが当たり前のときには報われるのか?

・・・って
これも仏夫の事故が労災ゆえのことなんだけどね
しかも障害が重いからなんだけどね

喜んでいいのか?
悪いのか?
スポンサーサイト

category: 馬場エマ

兄弟の確執(2) 

で、今回の長兄の娘の結婚式
この長兄と言うのも曲者で
顔は仏夫と似ていて穏やか、一見温厚そう
ところがどっこいの性格で

義母曰く
何を考えているのかサッパリ分からん

(そういう義母でも長兄が一番好きみたいだったが)

で、今まであった
末弟の息子、娘
次兄の息子
都合三回の結婚式、全部見事に欠席

にも拘らず、今回の娘の結婚式には
全員に招待状

ここら辺の神経が、どーも理解しにくい人物。 

ところが、なななんと
うちの代理娘も含めて全員が出席との返事

 ぴぇ~~!!

こりゃ、同テーブルにつく絶縁状態の次兄夫婦と妹弟
不穏だったのでは?と
興味津々で帰宅した娘に訊くと

ううん、ふつーに話してたよ

なぁんだ(こらこら)

その夜に長兄嫁からのお礼の電話

私も心配してたけど、和気あいあいでねー
ビックリした


ふ~~~~~ん

ま、皆さん年取って
丸くなったってことかもね

それにつけても
こんなに扱いにくい兄弟、妹の真ん中に
なんでひょっこり仏夫みたいなのが出来たのだろう?
不思議だ



category: 小舅

兄弟の確執 

顔を見ただけでその人の善さが表れている仏夫は
五人兄弟の三番目だ

そのすぐ上の次兄は
これまた見ただけで
その根性のきつさが分かる顔をしている

少ししか違わないのに
性格が真反対

義母でさえ自分の息子であるにも拘らず
二時間も一緒に居れない

また義弟嫁も
恐くて喋れない

と言わしめるくらいの強面


そんな強面次兄は兄弟間のトラブルメーカーでもある

もうこれは私が馬場家に嫁ぐ前からの確執で
それは割愛するが
20年くらい前の
義父の葬儀の時の対義妹婿&義弟とのトラブルもあり

で、その確執が決定的になったのは
義弟息子の結婚式の出来事
席次が義妹の下だったことに
腹を立てて義弟と大ゲンカ

それ以来、次兄は妹弟とはほとんど義絶状態

ただ、うちとは仏夫があんな性格だし
義母を看ているという事もあって
トラブルというトラブルも無かった

何しろ、この次兄の時の息子の結婚式には
馬場家では仏夫だけ出席という具合だ
(私も義母の介護という言い訳で欠席)

長々と次兄の性格を説明したが
本題はこれから

その強面次兄が、最近どーも違ってきた
まず、仏夫が退院した時の報告の電話に
私に代われと言って

「大変でしょうが、仏夫をよろしくお願いします」

あの、あの次兄がぁ~~
まさしく、ぴぇーーーー
と、ビックリ

いや、これが他の兄弟だったら
そうでもなかったろうけど
(て言うか、他の兄弟たちはその類の事はなんも言わんかった)
あの次兄が言ったから五倍ぐらい良い人に見えた

で、前記事に書いた義母の肺炎の事を電話したら
即、会いに行き
施設側の説明もじっくり聞いてきたと言う

こういう事も以前には無かった事で
もしかしたら仏夫がこうなので
自分がなんとかしなきゃと思った・・・・とか?

えーーーーーー
良い人じゃん(笑)

長くなったので(2)に続く

category: 小舅

よりにも依って 

先週の土曜日は仏夫の長兄の娘
姪の結婚式だった

叔父夫婦として招待状は来ていたのだが
何せ車椅子の身。
隣県とはいえ遠方だし
長時間座っているのも無理かもしれんということで
話があった時から
代理として、娘たちを出席させることにしていた

長女は友達の結婚式に数回出席した経験があるが
自閉娘のフェチ子は今回が初めて

これから先も
もしかしたらそういう機会はないかもしれない
という事で
ドレスからバッグ、靴なども早々に購入して
本人も楽しみにしていた
IMG_0546.jpg


んがっ
式の前日、出勤したばかりのフェチ子

吐いて気持ちが悪い
迎えに来てもらいなさい、と職場の人から言われた



あちゃー 

帰宅させて熱を計ると38度以上ある
慌てて病院に連れていく

・・・・こんなだったら明日の式は無理だろう

早速、長兄のところへ連絡を入れる

で、当日
熱も下がって
無理したら行けたかもしれないが
前日に行く予定だった美容院も行けなくて
髪の毛がぼさぼさだし
何より風邪だとしたら周りに迷惑だろうから
ということで、やはり欠席

式より帰宅した長女によると
ドタキャンのせいか
席は勿論、料理も当たり前に運ばれてきたそーな

折角ドレスまで買ったのに
無駄になったねー

と言う私に

『いや、持っているだけで楽しみ
コッソリ着て楽しむから良いよー』


・・・・だった
あんたはメイド服や、ゴスロリも持っていたんだった
オタクな自閉娘だった

にしたって、今日は当たり前に出勤だ
なぁんで依りによって式前に熱出すかなぁ~

category: 自閉娘

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター