同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

ぶつかり、ぶつかられ 

去年自分用に購入した軽自動車は
もうすっすり長女ミムメモ専用になっている

先月、その軽でミムメモが事故った
とは言ってもコンビニの駐車場内でバックしている途中で
相手の車にぶつかったという事故

スピードも出ていないし
実際、軽の損傷も其処だと指さないと分からないくらい
大した事のない傷

ところが相手側が
「自分の車は停止していたのに(娘の車が)ぶつかってきた」
と強弁。

当初は、相手の車も駐車場内に入ってきていて動いていた
と言っていた長女も
そういわれるとそうかなと押し切られて
100パーセントこちらが悪いという事に・・・・

ントに、バカたれがっ
私と同じで運動神経鈍いんだから
ちゃんと後ろ見れっ

ところが次の日
その相手が肩が痛いなんぞといいだし
結局人身傷害扱いになってしまった
スピードも出ていないしあの程度の車損傷で
傷害ぃ

そんなこんなでごたごたしたが
中にはもっとたちの悪い人間もいるだろうから
これくらいで済んで良かったの・・・かなぁ?

と一段落した昨日
今度は私が事故られた

リハビリが終わった仏夫を病院に迎えに行き
帰宅途中に郵便局の駐車場に入って
停めようとした時
隣の車がバックしてきてガッシャーン 

「なんでこんなに(駐車場が)空いているのに
わざわざ隣に停めようにする?」

と、相手のおっちゃん

まるでぶつかられたのが悪いみたいな言い方をする

なぜそこにというと
そこが障害者専用のスペースだったからだが

自分はちゃんと右後方を車が来ていないのを確かめて
パックを始めたと言い出したので
ちゃんと見たんだったらぶつかるわけないだろがっ!
と言い返す

多分右後方を見た時点では
私の車が真後ろにおり気付かなかったのだろう

警察を呼んで各々言い分を言いあったのだが

・・・痛い
いや身体じゃなく
来月でやっと一年のまだ新車とも言える車がこんなだ
IMG_0456.jpg

この写真ではよく分からないかもしれないがIMG_0459.jpg
IMG_0457.jpg

運転席側のドアと後ろドアが傷で凹んでいる

相手のおっちゃんの車はと言えば
古ぼけた軽でバックライトが壊れていたが
それでもうちから比べりゃ・・・

で、この場合
勿論バックしている方が割合としては大きいが
前進していた私も前方不注意ということになり
10対0にはならんとのこと

はぁ~~~。。。。

ふた月続けての災難で
お祓いでもせんばかなぁ~
スポンサーサイト

category: ぶつぶつ

更新の季節 

先月は
仏夫の重度心身障害者の医療費助成更新から始まって
国の難病指定疾患クローン病の助成申請更新
おまけに事故から一年半という事で
労災の認定申請
その度ごとに診断書をもらうべく
あっちの病院、こっちの病院と忙しない月だった

で、とどめが義母の介護判定の更新
福祉センターの方から
家族の立ち会いが必要との事だったので
施設に訪ねた

内心は、現在の状態を調べるんだったら
家族よりも職員の方が詳しいだろうに・・・
だったが、それが決まりなんだろう

ていうか、介護度5より下がるわけないんだから
ホントに形式的なもんだよな

義母の様子はほとんど変わりなし
話しかけるとニコッとはするが
言葉はまったく出ない

ただ、調査員が
「馬場さん」
と呼びかけると
「はい」
と、ハッキリ応えたのにはビックリ

発語はこれだけだったが
調査員に向ける笑顔と私に対する笑顔が
微妙に違っていたような気がする

調査員=よその人
私=身内

外向きと内向きというか
私の場合、ニコッとした後の表情が
無表情で
なんとなく恨みがましいというか
なんか昔の嫌な想い出
あの認知症初期、中期の揉めていた時期の
いやーな感情が残っているのでは・・・
と、そんな感じがした


ま、考えすぎかもしれないけど

それにつけても相変わらず義母は太っている

内臓がしっかりしているから
まだまだ当分大丈夫だとは思うが
この猛暑のせいか
今年は六月から既に四件の葬式に出た

近所では今度はうちの番かなぁ(こらこら)

category: 認知な姑

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター