同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

どんぐり村 

同じ県内であっても全然縁が無いというか
行ったことが無い土地というのはあるもので
映画『悪人』で殺人の舞台となった
佐賀と福岡の境にある三瀬峠もそのひとつ



その三瀬にあるどんぐり村
フェチ子の自閉友達、ハナちゃんが勤めているので
ドライブがてらに遊びに行ってきた
IMG_0037 (640x480)


結構暑いくらいの日だったにも拘らず
ここら辺は標高が高いせいか
少し肌寒い
さすがは、冬になると通行止めになる日がある土地だ


小雨というあいにくの天気だったが
日曜日ということもあって
子ども連れで賑わっていた

もう少し秋が深まると紅葉がキレイだろうなと
思わせる景色
IMG_0026 (640x480)

仕事中のハナちゃんにも会えて
フェチ子とパチリ
     
フェチ子→ IMG_0025 (480x640) ←ハナちゃん

以前はハナちゃんの方がひとまわりくらい勝っていた体格も
今では全く同じ体型だぁ~
あんたら趣味も似ているし
姉妹だといってもなんら違和感ないよねぇ

中学生になって初めて出会ったふたり
あの娘たちが成人になり
こうやって立派に働いている姿を見れるなんて・・・感無量だ
スポンサーサイト

category: 自閉娘

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

野田どぜうのやつ!! 

政治なんて全然興味なかったけど
民主党になってからの
そのあまりの体たらくに怒り心頭の毎日である

その中でも昨日の韓国とのスワップ協定には

限度額を一挙に五倍にして700憶ドル(5.4兆円)
困った時は互いに融通なんて
今まで相手が融通したことがあるんかい?

こっちが一方的に援助させられているだけだろがっ
しかも、未だに借金を返していない相手に
こっちから申し出るなんてどーいうこと

そもそも今の日本に他国を援助する余裕があるんかい
よその国の経済よりも自国の震災地の復興が先だろがっ 



あの国はさ、感謝どころか
それだけしてやっても上から目線
日本大使館の前に従軍慰安婦の銅像を建てる計画まである
まるでバカな子どものような
日本相手だと何してもいいような
そんな反日バリバリ国を
なんで助ける?
勝手にデフォルトさせときゃよかったのに。

そんな反日国を助ける余裕があるんだったら
増税はしないよね?
まさか、あの国の為にも増税なんていうんじゃないよね?

あぁ~~~
むかつく、むかつく

どぜうのバカたれーーーーー
民主党なんか、はよ解体せろーーーー

category: 政治

thread: 韓国について - janre: 政治・経済

"臨機応変"という言葉はない 

三月の震災から3、4ヶ月も休止だったり
減産だったりのフェチ子の会社

八月の後半からは一転して大忙し
今までなかった土曜出勤まである

もともと完全週休二日制で
ただし祝日は休みではない
そこんところは最初からの取り決めで
娘も納得はしていたし
不満はなかったようだ

ところが今回の、この"土曜出勤"だけは
どーも納得がいかないようで
ぶつぶつぶつぶつ

その度に宥めすかしていたのだが
何しろ臨機応変や融通という言葉が
辞書にない自閉娘
文句タラタラは収まりそうもない

働いた分だけいつもより多い給与明細
見たら休日出勤はニ割増しじゃないか

早速、お金大好きフェチ子に
ほらっ!と教えると
その時だけはやる気をみせるが
やはり根本の「なんで土曜日」がくすぶっている

お金で釣れるうちに
早く正常に戻って欲しいものだ

さて、先日図書館でこれを借りてきた
          
51VXyMBuk3L__SL500_AA300_.jpg

矢幡洋という臨床心理士の方が 
自分の自閉症の娘さんの事を書かれている本だが
職業柄、自閉症のことはよく分かっているだろうと思っていたら
自分の娘の障害を就学前まで分からなかったという
赤ん坊の時から
その異常さに気が付いていたにも拘わらずである

児童の方は専門外とはいえ
ふつー分かるだろう?

著者に言わせれば
自分の従兄弟が典型的な自閉症で
言葉も持たない人だったとか
彼を小さい時から見てきていたので
言葉は幾分遅かったものの
文字も数字も書ける自分の娘が
自閉症だとは思わなかったんだとか・・・

うーーーむ

その気持ちは分からんでもない

実は私も血縁こそないが身近に
いわゆるカナータイプの重度の子を見知っていただけに
その子=自閉症で
だったら確かに変な子ちゃんだが
フェチ子は自閉症じゃないよなって
思い込んでいた

尤もフェチ子が幼い時分は
高機能自閉症とかアスベルガーとかは
まだまだよく知られていなかった障害だから
分からなかったのも無理はないだろうが

おかげで診断を受けたのが
中学生になってからと遅くなってしまった

診断を受ける前までは
理解しがたいフェチ子の言動に
「何なんだこの娘は」と
不安がいっぱいだったっけ(遠い目)

受けた後でも『自閉症』ということがショックで
頭ズルムケなどなど
いろんなことがあったけど

あの娘がなぁ~
働けるようになったんだぁ~~

ま、これからでも平坦な道じゃないだろうけど
まずは良しとしなきゃね

category: 自閉娘

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

隣のお婆さん② 

電話が鳴って、ディスプレイには施設の名前
滅多にないことなので しながらとると

「そろそろ寒くなりましたので
衣服の入れ替えをお願いします」


なぁんだ 

ということで二週続けて施設行き

ちーちゃん、変わりなし・・・

別に話すことも無いというか
会話にならないので
代わりに隣のベッドの
達者なお婆さん(95歳?) から情報をもらう

義妹達が来てどれくらいいたのか
訊くと
30分位だったとか

だよね~
何訊いても話しても会話にならないんだもん
30分でも持て余すよねぇ

話している途中でそのお婆さん
つと立ち上がってトイレの方に・・・

そこで掃除をしていたスタッフに何事か話している

戻ってきて言うことにゃ

「あの人(スタッフ)ね、最近入ったばかりで
掃除のやり方も知らんのよ
んで、教えてやったと」


へぇ~~

「おばさん、そんなに身体も頭もしっかりしていたら
ここの生活、退屈じゃありませんか?」


「退屈だけど独り暮らしだったから
近所の人がねぇ・・・・」


どうやら近所の人が老人の独り暮らしを心配して
(というか火事でも出されたらという不安もあったのでは)
勧めたらしい

「ここは外出とか出来るんですか?」

元気だし申し出さえしたら
自由に外出できるのかなと思って
訊いてみた

「それはダメ、させてくれない」

そっかー、いくら元気でも
何かあったら施設側の責任ということなのかぁ

ということは一旦入所したら
誰か引き取ると言わん限り
ここが終の棲家ということなのよね

それは分かってはいたけど
あんなに元気なお婆さんを見て
で、あんな生活を送るのかぁ~

・・・やっぱり施設に入る時は
義母くらいに
なんも分からんようになってから入りたいよねぇ
と、仏夫とつくづくしながら帰宅した

category: 認知な姑

お前は犬かっ!? 

きなおは長女が携帯ストラップにしていた
このぬいぐるみが大好き


IMGP1205.jpg
(遊び過ぎてボロボロ)

ひとりで(一匹で)これを飛ばしては追いかけたり
咥えたりして遊んでいる

何気に取り上げて放ったところ
犬みたいに持ってくるようになった



アーハハハハハ

あんた、面白い猫だわ

category: ペット

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

義弟からデジカメ 

7月に義弟一家とその息子夫婦が来たとき
息子のお嫁さんが持っていたデジカメに

「画面が大きくてキレイねぇ~
うちのは古くてモニターも小さいのよ」

と感心していたら

「これ、お義父さんから戴いたモノなんですよ」
と、お嫁さん

その会話を洩れ聞いていたのか
義弟が、要らないデジカメがあるから
いつか持ってきて私に呉れるという

そんなことは全く忘れていた一昨日
突然、義弟夫婦がやってきた
約束通り、デジカメを持って。


IMGP1202.jpg

仏夫と違って、モノを大事に扱う義弟のだから
ニ、三年前のとはいえ
キレイなままのデジカメ
なんだか嬉しい・・・・エヘヘヘ

デジカメもだが、うちに行くのならと
年が明けるとすぐに式を予定している
義弟の娘から持たされたという結婚案内状
これが本来の目的なんだろう

実を言うと、出席
私はどうしようかなと

去年の長兄息子の結婚式のように
仏夫だけで済ませようかなと迷っていたんだけど
わざわざ出て欲しいって持ってこられたんじゃーねー

デジカメも貰ったしぃ←そっちかい!!

話終わって、なんだか急いでいるような義弟たちに
義母の施設の方には面会に行かないのかと訊ねた

「行ってもどうせ誰か分からないだろうし
行く張り合いが無いから止めておく」


・・・・その気持ち、分からないではないが
それにしたって年に何回も来るわけじゃあるまいし
来た時くらい親の顔を
元気だろうかって、見に行っても罰は当たらんと思うが

私らだって今じゃ月1~2回になったが
張り合いが無くても
彼女の元気な顔を見て安心するというのにさ

これってなんだろう?
同居と別居の差なんだろうか?

category: 日常

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター