同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

凄絶な介護ブログ 

ネットサーフィンをしていて
タイトルに惹かれて何気なく入ったブログ

『人間(こころ)が壊れるとき』 ←読み始めたら止まらなくなった
3日間、続けて行っていた
まるで良くできた小説みたい

回顧録みたいなものだから
今は更新はないけれど
介護とか同居夫婦関係に関心がある人だったら
一読の甲斐があると思う

きっとこういうふうに勧めても
あまり行かないんだろうなと思いながら
紹介してみました

赤い花さん
お宅と家族構成も似ているし
きっと共感するところも大いにあると思いますよ

スポンサーサイト

category: ひとりごと

thread: とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - janre: 日記

♪もぉどーにも止まらない 

「ここはどこね?
私はここに居ってよかとね?」


最近ショートとかデイで帰宅すると
必ず訊くようになった汗

最初のうちこそ、もぉここまでキタのかと
どっきりしたものだが
人間、慣れるもんだ

今じゃ、これはふつぅ~
今日なんか買物に連れて行って帰宅しても
こうだもん ニカッ

ちーちゃんもここ2、3日は
ニコニコしながらだし

「わたし、可笑しくなったよねぇ?
おかしかよねぇ?」

と、これもにこやかに言う

義父の額入り写真も
相変わらず

「あん人は誰ね?」

・・・・もう完全に忘却の彼方だ、ア ハ ハ

笑いながら言うから
たまにはからかってる?
と思うこともあるが
本人が機嫌がいいので
こっちもそんなこと、もぉどうでも良くなった

このふたつは良いが、どうでも良くないのが
← ココ
下唇を触りだしてからどれ位になるだろう?
仏夫に言わせると、もう一年以上になるという


ご飯を食べているときと寝ているとき以外は
いつも手が下唇にいっている
一日14時間以上は触っている あせ

しょっちゅう触っているので
下唇はカサカサ
それを気にしてまた触る→カサカサを剥く→血が出て瘡蓋を作る
瘡蓋を毟る→血が出る・・・・・
これの繰り返しで下唇だけ皮膚が薄くなっている

ンで、そこがぴりぴり痛むバアサンは
私に「どうにかしてくれんね?」と頼むが

どーもでけん!!

触らないのが一番なのだが
本人も無意識だし(特にボーとしているとき)
注意してもその時だけ
気がつくと手が・・・

いつぞやは思い余ってバンドエイドをペッタリした事もあったが
今度はそれが気になって気になって

「これは貼っとかんばいかんとね?
いかんとね?ね?」


イラちの嫁の神経に触るほど訊いてきた
だからテープもダメ
いまは皮膚科でもらった薬を塗っているが
これも気持ち悪いのか塗ってすぐティッシュでふき取るし・・・
もう処置なし!!×

思い余って行きつけの医師に相談したところ

自分の祖母も気になるのか
こめかみの皮膚をそうやってしょっちゅう毟っていた
で、あまりに酷くなったのでそこに皮膚移植を行ったこともある
これはもう癖になってしまっているから治らない


とのことだった

本人に自覚がないだけに仕方ないことなのかもしれないが
朝からどうにかしてくれ、してくれと頼まれるのが
うっとうしくてたまんない!!



category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

間が悪い 

先月買ったばかりだというのに
冷蔵庫に続いて洗濯機が  ちーん
どちらも10年以上経っているから寿命と思えば仕方がない

慌てて量販店に飛んで購入したのだが
ここいら辺の配達ルートは3日後だという 絵文字名を入力してください

。。O○ 仕方ない
その間は手洗いか
幸い夏だし薄物ばかりだから、ま、ええか


がっ!

うちにはしわしわの2才児がいるのを忘れていた ´д`トホホ

実家の法事なので
ショートステイに送るべく起こしに行った朝のこと

バアサンのベッド横に寄せてある
コンパクトトイレの中身を処理しようとして
ガーン ゲゲゲ
臭いでなんとなく気づいていたのだが
夜中にウンチをしている・・・・

今までも何回かはあるのだが
正直、朝からあまりお目にかかりたくないブツである

臭いをなるだけかがないよう息を詰めて
中のブツから目を逸らしてっと・・・
!

何気に見たベッドのシーツにうんちが・・・
ガーン

・・・・もしかして
着替えをさせて
居間に座らせているちーちゃんを立たせて
パンツを調べた

かすかに汚れてはいたが、それほどでもない ホっ

多分、ウンチをした後
立っては穿けないパンツを
よく拭かないでそのお尻のまま
いったんベッドに座りなおして穿いたのだろう
それにしてもその後もその上で横になったろうし
臭くなかったのだろうか?
臭くないのだろうね、認知症だもん

うぅぅとなりながら 
jumee☆faceA140
洗濯機が使えない!!かおまる

大汗かきながら、シーツとタオルケット
風呂場で洗わせていただきました アップロードファイル

さて、出費続きの今夏に想うことあり

あぁぁ、ちーちゃんがお金の管理が出来てればなぁ~

きっと全額とは言わないまでも
半額は申し出てくれただろう
こうなる前まではそうだったし
それに対して固辞したり素直に甘えたりは半々だったが
仏夫の給料が大幅にカットされた現在は
大いに甘えたい!!

しかし、ボケちゃって金の単位も分らなくなり
管理がなしくずしに嫁がしている今

それが出来ない

「出して」といえば、今のちーちゃんだと断れないだろう
だからこそ
しようと思えばどのようにでも出来る現在だからこそ

出来ない

痛くはない腹を探らせたくないという
義兄弟たちへの意地
自分のプライドがそうはさせんのよね

アハハハヾ( ̄ω ̄=)ノ。。oO("o(―ω― あぁ、プライドなくしてぇ)






category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

女で良かったかも? 

先日来た義弟
一番末にも拘らず、最初に祖父ちゃんになった
その息子夫婦の子ども
3歳になる男の子が喋るのなんのって!!

この子を見ていると
今、知識をぐんぐん吸収しているな
頭がまわっているなと感じる

翻って、この子の曾祖母に当たるちーちゃんはというと・・・・悲しい
まさに人生の上おちこみを見ている感じ

3歳になったばかりでこれくらいだとしたら
ちーちゃんは、やっぱり2歳児並で
これからますます赤ん坊の域に達していくんだろう・・・jumee☆faceA137

さて、これくらいの子を見て感慨を覚えるのが
うちにはもうひとり
そう!
自閉娘のフェチ子ちゃん!

この甥の子
大人との対話も無理がなく
視線しっかり、返事も的を得る
何より話していてもどかしさがない

あぁ!!やっぱふつうってこんなよねぇ~

改めてこの頃のフェチ子が如何に変だったかが
思い知らされる気がした

そのフェチ子のこと
いつぞや、命の次 ! に大事な
携帯 青を忘れて、センターに行ったときがあった

よっしゃー絵文字名を入力してください
高校を卒業してからチェックしていなかったけど
ちょこっと覗いてみようかしらん♪

d( ̄ ̄*) ヾ(^o^;オイオイ・・・

どーせ、以前のようにロック掛けてるよね!
ん!?掛けてない
ピースラッキー!♪


しかぁし!!
ガーンアップロードファイル

どこぞのバカたれオトコ、メル友からだろう
「#$% の写メ送れ」
アップロードファイル

以前もこの手の事があったのよね
そんときゃ、律儀でメルトモに恋してたらしいフェチ子
断ったら怒って絶交されるかも?と悶々として
最終的に私に相談したから事なきを得たが
今回はどうしただろう?
送信メールをチェックしてもよく分からない

チェックしたのがばれるから
帰ってきたフェチ子を問いただすわけいかんしなぁ汗

こうなりゃとモテ系の娘、りりぃちゃんを持つ
りりぃちゃんママに相談の電話を入れた

結局『りりぃちゃんに写メ送れという変なメールが来た』
ということにして
あんたにはそんな事無いか?
あったら、絶対送ってはいけない

みたいなことを帰ってきたフェチ子に話した
(ふつうだったら、この時点で見られたことを気づくはずなのだが
なにせ相手は自閉ちゃんだ 笑 )

「あのね、わたしにもそんなの来たことがあったから
代わりにマンガの画像送っといた」


jumee☆loud laugh1
相手もさぞかし驚いたことだろう
デヘデヘと脂下がっていたところが
「ン!?」だったことだろう
フフフ、うまくいった…。 ばーかー

幾ら障害を持っていても
たとえ女の子であっても年頃になると性欲はある
ましてや現代は至る所そういう情報だらけ
『アレは気持ちが良い』などの
そういう妄想だけ膨らんで
簡単に誘惑にのり
性犯罪に巻き込まれないとも限らない


そんなことなど等、りりぃちゃんママと話し合って
溜息しきり

でも、いくらムラムラしても
まさかオトコを押し倒しはせんだろうからねぇ
その点だけは女の子で良かったわい ほっ…






category: 自閉娘

thread: 発達障害 - janre: 福祉・ボランティア

障害児の兄弟は不幸? 

YOMIURI ONLINEの発言小町

その中でのトピ
『一人目が自閉症、二人目を諦めます』←が気になって
たびたび見に行っていた

最初の頃は同じ障害の子を持つ親御さんのレスが多く
自分もあきらめたとか
いやあきらめないで生んだとか
又はあきらめないで・・・・みたいなレスが大半だった

それが現在では障害児の兄弟の方の
悲痛な想いというか

兄弟が障害者だったために
親はそれにかかりきりで自分は放っておかれた
学校では苛められたり
結婚がダメになったりもした
障害をもつ子の兄弟としてなんか生まれたくなかった
親は先に逝くからいいが、その後は私たちか?
兄弟は不幸だ
あんたたち親はふつうに青春を謳歌して恋愛、結婚もできたろうが
わたしらは最初から『障害者の兄弟』というハンデがある


などなど・・・・

中にはクラスにそういう子がいて
自分はその子のお世話係をさせられて
大変いやな目にもあった
そういうコメもあった


・・・・・凹んでしまったサゲ
障害児を生むってそういうことなのね

もし、フェチ子が最初の子だったら
そしてあきらかに障害があると分っていたら アイコン名を入力してください

jumee☆uuummm1b
認めたくないが、わたしもあきらめた口かも・・・・

ミムメモは妹のことをどう思ってるんだろう?

そういえば、ふたりともまだ小学生だった頃
よく遊びに来ていたT君兄妹
そのフェチ子と同年齢のH子ちゃんを指して

「あ~ぁ、H子ちゃんが私の妹だったらよかったのにぃ」

まだそれが障害の為とは分らず
話がかみ合わない
変な子フェチ子に対しての
これがミムメモの不満だったんだろうなぁ~

フェチ子の将来に関しては
ミムメモにも
「フェチこの事は気にしなくていいからね
自分の好きなように」していいからね」とは伝えているのだが

親亡き後、本当に妹が彼女の負担にならないかと問えば・・・

( ̄~ ̄;)ウーン・・・




category: 自閉症

thread: 発達障害 - janre: 福祉・ボランティア

義弟嫁が・・・ 

一番近いところにいるせいか(同県内)
来るときはいつもアポなし、いきなり義弟一家

お盆の中日に突然やってきた

仏壇に手を合わせてすぐに義弟嫁が

「エマさん、ちよっと・・・」

 手招きをする

「お義母さんはどう?」
と、訊いてくる

義弟嫁は学年は一個下だが私と同じ年で
義弟よりひとつ上の姉さん女房
同年齢ということもあるが
女らしくて大人しい彼女
ほかのふたりの嫁よりはずっと話しやすい

ここ最近の義母のあれこれや
義妹から断られたことなどを話していて
ふと気がついた

あれっ!?なんか私癒されてない?

そう!
彼女は義妹と違って
『~は・・・・じゃない?
~は・・・・よ。』

みたいな否定とかしない
黙って絵文字名を入力してください絵文字名を入力してくださいと聞いてくれる

彼女と話していて自分でもやっと分った
私は別に
他の兄弟たちに介護を替わって欲しいとか思ってたんじゃなかったんだ
ただ、こうやって話を遮らず
介護の辛さ、愚痴をだまって聞いて欲しかったんだ
知っていて貰いたかったんだって。

亭主関白な義弟は正直苦手な私だが
この嫁さんとは、縁切りせずにやっていこうかしらんと
とってもいい気分の一日だった

これもちーちゃんにとっては同じ立場の
義理の仲同士ということだから分かり合えるのだろう

その点、やっぱ、義妹は・・・・ねぇ?


category: 3人の嫁ズ&婿

thread: つぶやき - janre: 福祉・ボランティア

祥月命日の日に・・・ 

ほとんどテレビは映っているだけで
何のことかさっぱり分かっていないちーちゃん

朝の連続ドラマを見ていて(眺めて?)
つばさの父親役の・・・・うーんと誰だっけ?
そうそう、中村梅雀さん!
彼が出たとたん

「あぁ豆電球
あの額の中の人はこの人だったとねっ!
テレビに出とる人だったとね!

 仏壇の上に掲げてある額をさして
得心がいったような声で言う


ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
その写真の人は
14年前に亡くなったあ~たのご主人だってばっ!!汗汗

「ばってん、よぉ似とるたいね」

確かに、頭のハゲ具合はよぉ似とるが ぷぷ

折りしも今日は義父の祥月命日 
ちーちゃんの言葉に汗をかきながらも
坊さんを迎える準備

お経も終わり
坊さんとの会話がトンチンカンにならぬよう
ときどき補足をしてやって
送り出したとたん

「あぁ、額の中の人は和尚さんだったとたい!!」
 うんうん

そりゃ、確かに坊さんはスキンヘッドだが 
jumee☆uuummm1b

それにつけてもお義父さん
あ~た、完璧に・・・・・ハムハム涙
 ちーん


         

category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

ボケても変わらないもの 

周りは忙しいのだろうが
先月でお盆は終わっているここいら辺
お陰で、まったりとしている

とはいえ
ここから車で一時間以上の菩提寺は旧盆。
で、先日ちーちゃん連れて家族で墓参り

昔の人だから信心深いバアサン
遠くであっても年4回のお寺の行事には欠かさない

がっ!
乗って30分もすると

「まだね?まだ着かんとね!?
おかしかねぇ、こんなに遠かったっけ・・・・」
ひよこ@はてな

    ↑
これがひっきりなし・・・
もう菩提寺に行く道程まで忘れているようだ 汗

そこでひとつ気付いたことがある

もともと、ちーちゃんは車に酔う人で
近場はともかく30分以上ともなると
酔い止めの薬が必要だった

それが、認知症になって以来
酔わない !
具合も悪くならない jumee☆surprise11

やっぱ、これも脳の関係?

墓参りの後、昼になったので和食レストランへ
うどんを頼んだバアサン
おつゆが半分になったところで言う

「あらら、もう食べきれん。。
だれか要るならやるよ」


やるよって、あ~た・・・・
食べ残し、それも麺なしのつゆだけあせ
いったい誰が食べる !?

*****************************************

仏夫の次兄からお中元がきた

「まぁまぁ、こんなに気を遣わんでよかとにねぇ?」

怒り  カッチーン

「あのね、お義母さん!
普段が何にもしないんだから
それくらいは当然なの!!
むしろ、これくらいで親孝行が済むんだったら安いもん!!」

(私たちを見てごらんよ ぶつぶつ)

ボケてても
こうやって遠慮深い言葉を吐くことだけは(たてまえなのだが)
忘れんもんだ
こりゃ、萎縮はしても脳に染み付いたモンなのだろう

それにしても長兄ンとこは
相も変わらず何にもなしっ!!

これくらいサッパリだと、むしろ気が楽っちゅうか
こっちも切り捨てやすくていいかもな・・・・
いやぁ、わたしも見習いたいもんだわい。。。。

アハハハヾ( ̄▽ ̄ )ノ。。oO("o( ∇ |||)プルプル)








category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

オスの一念 


うちにはずいぶん前に親娘で去勢をした猫ズがいる

にも拘らず、サカリ時ともなると
どこからかオス猫が現れていたものだが
昨今ではそれもなくなっていた

がっ!
3、4日前から暗くなると

「ふんぎゃ~絵文字名を入力してくださいふんぎゃ~絵文字名を入力してください

わざわざ二階のテラスまで上ってきての
ラブコールが・・・・

どんな猫か?

どこかの飼い猫だろう
首には鈴が・・・・
ネコ2

それに対してのうちの雌猫ズ

    ↓
ミー
ミミ

ふーふー威嚇の声を発している

それにもめげず居間の網戸まで近づき
フラッシュまでたかれてもビクともしないjumee☆surprise5
ストーカーネコ

そんな真夜中の一時過ぎ

「こらぁっ!!」
jumee☆mad6


遅くまでPCで遊んでいる長女の怒鳴り声

うるさいなぁ!
階下に下りてみると
ねこ ←これが必死で逃げ回っている
絵文字名を入力してください えっ!!

娘に加勢をしてふたりで挟み撃ちにしようとしたところ
パニくった ねこ は窓ガラスに激突!
痛かったろうに、それをモロともせず
二階にダーーーーと駆け上り
タンスなどを置いてある部屋へ

「お母さん!この猫ここから侵入したんだよっ!!」

見たら網戸がこういうことに
アミド

写真ではよく分からないかも知れないが
真ん中がキレイに破れているあせ

いや、元々この網戸は
今はいない左上写真の黒猫が
駆け上ったり爪で開けようとしたりで
穴が大きくなったり薄くなったりはしていた

それにしてもこんなにパックリ破るとは・・・

滅多に閉め忘れない窓をたまたま
この日は網戸のままに。
それを見逃さずに突き破る、この執念!

まさにオスの一念巌も通すならぬ
網戸も破るってとこかいな

そこまで必死こいて
石女に種かけてもムダっちゅうにのぉ~~
ご苦労なこっちゃ。。。

石女でもフェロモンめいたのが出てるんじゃろか?

みーちゃん




category: ペット

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

介護判定がでた 

今回から厳しくなったと聞いたし
実際、以前より軽く判定された人が増えたという

ちーちゃんも、頭はともかく
身体機能自体は前回よりずっと調子が良い
夜のオムツもはずれたし・・・

内心、要介護2→1になっても仕方がない・・・
と思っていた
んがっ!

判定は以前と変わらず
要介護 2
ほっ…
調査時
あんときゃ如何なバアサンでも
取り繕ろえんくらいボケボケだったもんなぁ~


介護度ってどこで判断するのか冊子を見てみたら
身体機能のことばかりで
認知症の面は書いていない
ふ~~~~~~ん

そういえばちーちゃんが要介護度2と聞いて
それほどでもないと思っていたらしい義妹が
jumee☆surprise1 てな顔をしたとき


「だって認知症だろ。
認知症だと要介護になるんだよ」


義妹ダンナが言い放った
本人の目の前でね

アハハ(^Д^#)。o○(よう言えるわ~)

バアサンには、その意味するところが
もう分らなくなっているかもしれない(←確かめたことない)
だとしても、ふつ~目の前で言うかぁエエェッ!?!?

そんとき思った
実子と義理じゃ相手の親に対しての気持ちが
こんなに違うもんだと。。。

ま、嫁である自分の胸に手を当ててみても
よう分ることだが。汗汗

テレビを見ていると
「あれはなに?これはなに?どーいうこと?」
うるさくてかなわん
ほとんど2~3才児のちーちゃん

うちの傍の田んぼ
今年は減反なのか、田植えがしておらず
その土地を囲むように立ててある棒の先に
白い紙が挟めてある
ソレが気になるのか
「あの白い紙は何?なんであそこに?」
同じことを1分とおかず繰り返し訊くバアサン

5回目辺りから、能面になってスーと傍を離れる嫁
今度は仏夫が捕まっている

「それは国の政策でぇ
農林水産省がぁ・・・・」


律儀に答えている ぷぷ

政策じゃ、農林水産省じゃ言っても
今のバアサンに分るもんかい!!

でもね、ここが実の息子たるゆえんだろうね
10回以上、間をおかずの同じリフレインの質問に
溜息つきながらも律儀に答えている仏夫

さすが、親孝行息子は違うなぁ~~

これって実とか義理とかじゃなく
仏夫だから? かも?

category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター