同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

なんかムカつく 

「福祉系のテレビ番組をよく見るんだけど
認知症の人は今の記憶は・・・だけど
昔のことはよく覚えているんだって
昔の写真なんか出していろいろ話してもらえないかなぁ
それと料理なんか二度手間で申し訳ないけど
お母さんに手伝わせてくれない?」


今週末に来る義妹からの電話

絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください

あ~たから教えてもらわんでもそんくらい分っとるわいっ!!
あ~たのような脳内介護じゃなく
わたしゃ毎日が実践の日々なんだよっ!!

(#ノ`皿´)ノ…━ ┫:・'.::

いや、これが全くの他人で
例えばケアマネとか介護経験者からのアドバイスだったら
私も素直に聞けると思う

自分じゃ親切のつもりの助言かもしれん
でもね、手一つ出さず
ただ来るだけで顔を見せるだけで
親孝行しているかのように思っている義妹なんかにゃ
言われたくないっつーの怒


大体さ、誰の親だと思ってんの?
あんたらの親だろうが!あん?

それをさ、あんたらの親に義理だけで
なんの恩もない他人である嫁が
下の世話からなんから一手に面倒見させられてるんだよ

背後バアサンだから
買物にもくっついてくるのはいいが
杖代わりのカートを曳かせてもすぐに疲れて
まだね?まだ終わらんね?
だから、ここ最近ゆっくり商品を見れたことがない

料理の手伝い?
昔の写真を出して昔話を聞いてやれ?

アハハハヾ( ̄▽ ̄ )ノ。。oO("o( ∇ |||)プルプル)

言われんでも、たまにゃさせとるわいっ!!
(ほとんどが邪魔!)

毎日がこんななのに、よぉ注文なんかできるよねぇ?

「じゃー、今度来たときに
写真をだすからR子さんがよく話を聞いてやってね」


 ふっふっふっ
負けてたまるもんかいっ!!




スポンサーサイト

category: 小姑

thread: 嫁・姑の戦い*嫁姑問題 - janre: 結婚・家庭生活

パンツ騒動 

前にもあったが
「パンツを穿いとらんよ~」
と、バアサンが起こしてくれる
夜中の2時に 

勿論今回も仏夫が対処しに行く 
またバア様の脳が混線してるのだろう
入院前までしていたオムツとパンツを勘違いして
オムツをしていないのを
穿いていない!と騒いでいるのに違いない 

朝になって、どうだったのか仏夫に訊くと
本当にパンツを穿いていなかったという
 えっ!?
勘違いじゃない?

「うそ~~!
それにしてもアンタ、何で穿いていないと分ったと?」


「ほらっ!て
おふくろ捲って見せたもん」


 えぇ~~~~~
ちーちゃん、息子のあんたにすっぽんぽんを見せたわけぇぇぇ

いよいよ、恥の感覚も薄れてきたらしい・・・汗

取り敢えず箪笥からパンツを出して穿かせたと仏夫

多分、汚したので
ゴミ箱かコンパクトトイレの中に捨てたのかもしれない
そう思い、バアサン部屋をくまなく探してみたが
無い!!
何処にも無い!!

分らんだろうなぁと思いながら
本人に訊いた
案の定、パンツどころか
夜中に起こしてくれたことも忘れてる
(;^_^A アセアセ

不思議だよねぇ
あのパンツ何処に行ったんだろうと話していたら
『パンツ』がこの日のキーワードになったようで
相変わらず
「オシッコに行ってきて良かね?」
嫁の許可を求めてトイレに行ったバアサン
出てきていう

「私、パンツ穿いとらんよ」


・・・・( ̄ェ ̄;) ハイ??

たった今、パンツの話題で
穿いているの確かめたばかりなのに?
スカートを捲ると確かに穿いていない!

トイレに行ってみた
トイレットペーパーの芯などを入れるゴミ箱の中にパンツが・・・
手に取ると うんこ兼ちょこそふとが・・・
顔文字

汚れたので無意識に捨てたのだろうが
ホンの数秒でそのことを忘れている・・・・

んで、この日のパンツ事件はこれだけじゃなく
用足しにトイレを開けて ガーンギョッ!!
入り口にキレイに畳まれたパンツ
手に取るとこれまたうんこ兼ちょこそふと

一日で三回のパンツ騒動だった

それにしても

お義母さん、あのパンツ何処に行ったんでせうね?
ほら、お風呂上りに穿いたパンツですよ・・・






category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

いいわけ大王 

フェチ子が学生のとき
試験中などは私が家庭内家庭教師をしていたから
彼女の暴言、かんしゃくで喧嘩はしょっちゅう
年中行事だった

卒業して以来、口喧嘩もあまり無くなっていたのだが
昨日は久しぶりの大喧嘩(?)

夕食時
出来た料理を台所から持ってきて
テーブルに並べている途中なのに
全部揃わないうちに食べ始めているフェチ子

「まだ終わっとらんよ!
全員揃ってから食べんば!!」 絵文字名を入力してください


「バアチャンも食べよらすたいねっ!
バアチャンは良かとねっ!?えもじ9


うっ!。。。( ̄x ̄;)


(本人の前では幾らなんでもボケているからとはいえず)
「バアチャンは良かとっ!!
あのね、料理全部、全員揃ってから食べ始めるのは
基本的なマナー
家だからと良かと甘えとったらそれが癖になるけんね
外でもするかもしれんから注意しよるとよ」


「バッテン、お腹ぺこぺこだったとだモン
待てんだったとモン」


あぁ言やこぉ言う
あぁいやこおゆう・・・・

(ー'`ー;)クゥーーーっ

フェチ子は絶対自分の非を認めない
いいわけ自閉なのである

「1分や2分くらい待てんわけなかろうもん

「ふんっ!自閉いじめがっ

「ぬぁにぃぃぃ!!
なんでそこで自閉が出てくるぅ!?」

((((ノ`皿´)ノ ⌒┫:・┫┻┠'. ザケンナァアアア!!

もう、後はクソババだの、こんな子ヤダっ!だの
例のごとくの罵り合い
フェチ子、終いには私に箸を投げつけて席をたち
ダァ~~~~~と別の部屋へ
そこでぶつぶつ、ぶつぶつ
なにやら呪詛めいたことを喚いている 


ところが、ものの5分もしないで出てきて
別段、興奮した様子も見せずに
しれーとしてご飯を食べだしている

 おおっ!!
いつもだとなかなか興奮が収まらず
泣いたりするのに・・・

食べ終わってから訊いてみた

「お母さんに何かゆうことない?」

「うん、ごめんね」

いつもだと、この後
でもね、お母さんがあぁ言ったから
どうたらこうたらがつくのだが・・・・・・それもない
 ぴぇ~~~~

やっぱ、少しは成長しとるんかいな・・・・・
(なかなか見えんが)

それに比べて、このわたしゃ
( ^_^; アハハ…

それにしても、テーブルを挟んで親娘喧嘩をしているのに
バアサンはだが
仏夫、止めもしないで
もくもくとご飯を食べている

ヾ( ̄ω ̄=)ノ。。oO(そーいえば、今までふたりがどんなに派手な喧嘩をしていても
そして、わたしがフェチ子に『それを言っちゃお終い』的な事を言っても
絶対止めたり、諌めたりせんよなぁ~~~)

もしかして、もしかして
嫁が怖い 




category: 自閉娘

thread: 発達障害 - janre: 福祉・ボランティア

介護認定更新の申請 

6月は更新の月なのだろうか
フェチ子に続いてバアサマの介護認定更新の申請書が
役所から送付されてきた

その申請書は前年度の分と少し違っている
もし今回の調査で要介護度が下がった場合
異議を申し立てるか、否かの書類まで入っている

申請はケアマネが代行してくれるので
早速来てもらって、これはどういうことなのか訊いてみた

それによると
今回から調査法が変更になって
それにより軽く判定される人も多くなるかもしれない
その場合、以前の介護度に戻して欲しいという人たちの
希望に沿う為

だという

要するに国は財政が厳しいから
まっさきにこういう福祉から切り詰められるとこは
切り詰めたいということなのだろう

そういえば、自閉娘フェチ子がセンターに通い始めたころ
市から一日幾らと(ホンの僅かだが)助成金が出ていたのだが
これも2月ですっぱり無くなった
ほんとに微々たる金額だったのだが
それでもあるとないとじゃ全然違う
(フェチ子に"給料"として渡していた)

きっと介護老人が増えすぎたためなんだろうが
こうなることは充分予測できたはず
国の行き当たりばったり的な施策には
ホントにあきれてしまう


まだ調査に来ていないので
それが以前とどんなふうに変わっているのか分らないが
ケアマネの話ではどうも厳しく判定されるようだ

その場合、認知症はどう判定されるのだろうか?

例えば、うちのちーちゃん

*トイレは自分で行ける
*食事も補助しないで良い
*杖はついているが概ね自力歩行ができる

身体的な介護はそれほど手が掛からない
認知症という、目には見えない病気なので
軽めに判定されないだろうか・・・・

ケアマネに
「要介護2からいきなり要支援に
なるって事ないですよね?」


この状態では、それは多分無いとの返事だが
他人の前では案外シャンとしてしまう病気だし
果たして小1時間くらいの設問やら調査で
実際の被介護人の状態を判定できるものか・・・
疑問である

さて、昨日のちーさま
センターから帰ってきたフェチ子とテレビを見ていた
偶々、頭の調子がよかったのか
NHKのウツ病特集みたいなものを見て
フェチ子に話しかけている

「ウツ病って心の風邪とも言われているんだって
こわかねぇ~
フェチ子ちゃんもならんごてせんばいかんねぇ~」


テキトーに相手をしているフェチ子

バアサン、こんな具合に頭の配線が繋がったときは
そればっかりが頭に充満するらしい
んがっ!必ずといっていいほどそれが誤作動する

「エマさんフェチ子ちゃんのウツ病は、もう治ったね?」


・・・・えっと、いつなってたっけ??
フェチ子がウツに・・・・たはー

「もう、良くなったよ」
答えておいた

ヾ(゚∇。*) オイオイッ

category: ひとりごと

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

義妹に提案してみた 

G.Wに来なかった義妹から
再来週に来るとの

悲しい うっ!!

同じことを繰り返し話しているバアサンから
 を取り上げて、昨今の様子を話し

「お義母さんもこれから先は
ますます何処へも行けなくなると思うし
R子さんも忙しいだろうけど
仕事が休める日に2、3日で良いから
お義母さんをそちらに招待してくれないかな?
多分、これが最後になると思うし・・・
帰りは私たちが迎えに行くからどうだろう?」


おもむろに切り出してみた

「うーーーん・・・・・・・・・そうねぇ・・・・」

考えこんだような
あんまり乗り気じゃないような返事

まぁね、わたしも即答を期待したわけじゃなく
いじわるな気持ちが一杯の提案なんだけどね

d( ̄ ̄*) ヾ(^o^;オイオイ・・・

義妹たちは
自分の母の顔を見に来て何処が悪い?
いつも気にかけているし、母も喜ぶしで
なんて親孝行なんだろう、わたしって。

くらいな気持ちなんだろうな

来たからといって、着替えから始まってお風呂
失敗した下の世話などなど
なにひとつするわけでもない

ただただお客様々で
上げ膳、据え膳で帰っていくだけ

今回、同居兄嫁から言われたことで
ますます、私に対する鬼千匹的な気持ちを
募らせたかも知れんけど
もうね、わたしはどう思われてもいい !

ちーちゃん、亡き後は
ここの兄弟たちとはすっぱり縁切らせてもらうつもりだから
付き合うなら
「あんただけしてね」と仏夫には言い渡すつもり

ただそれが何年後になるのか・・・?
5年後?
10年後?
ま、まさか10年以上だったりして・・・



アハハハヾ( ̄▽ ̄ )ノ。。oO("o( ∇ |||)プルプル)

category: 小姑

thread: 嫁・姑の戦い*嫁姑問題 - janre: 結婚・家庭生活

壊れたレコードか? 

トイレに何分とおかず
立て続けに行っているバアサン

「エマさん、私おかしかよ
便所に座ってもなんも出らんとよ
どうかしたっちゃなかろうか・・・」


ヽ(д`ヽ)。。オロオロッ。。(ノ´д)ノ

あぁのぉねぇー

「いっちゃー、また行く
出てきちゃー、また行くで三回も行くなら
搾り出しても出らんて」
苦笑

昼間であろうとなんであろうと
必ず入るときは電気をつけるバアサン

「エマさん、トイレの電気が消えんとよ
どーにかしてくれん?」


確かめに行く

「ちゃんと消えとるよ」

これで納得したかと思いきや
センターから帰ってきたフェチ子に同じ事を言ったのだろう

「電気が消えんもなんも
たった今、バアチャンが点けたたいねっ!!怒る


フェチ子の怒鳴り声が聞こえたときは

これこれ、そんなに怒るのやめれ
相手はもう半分アッチの世界の人だから。。。

なぁんて冷静に諌めるのだが・・・

梅雨とは思えぬ、まっすぐ真夏日の昨今
さすがのバアサンも暑い!暑い!

ホラ、扇風機にあたればと
回してやる

んがっ!

「(電気代が)勿体無い」と言っちゃ消し
1分も経たずに
「暑うしてたまらん!」とつける
これをひっきりなしに繰り返している

怒ってる イライラ・・・

溜まらずに
「タイマーをつけるから
気にせんでヨカけんね」


これで一件落着かと思いきや
ふっと気付くと今度はつけっぱなしで自室に引っ込んでいる はぁ

上
これが昨日一日だけの出来事

一瞬で記憶を失くしてるかのような最近のバアサン
この忙しなさに毎日付き合っている嫁は
ホントにホントに
狼ワァオ~~~~~~~~~ン!!




category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

義母の収入もかい ! ? 

今日はちーちゃんのデイサービスの日にあわせてもらった
我が家のもう一人の困ったチャン
自閉娘フェチ子の3回目の支援ミーティング

仏夫も会社を休んで
センターに夫婦で出かけた

行ってみて驚いたのだが
フェチ子ひとりのために
隣の市の福祉相談員、住んでいるところの担当員
それとセンターの理事長、センター長
スタッフなど等、総勢8人も待っていたあせ

ミーティングでの話し合いは
これからの支援方向とかで
ふんふんてな感じ

私自身は、どっちかというと
認知症の義母の介護で手一杯の毎日を過ごしているので
起こるであろう就労後のいろんなトラブルを考えると
まだまだ就労して欲しくない
考えたくないのが正直な気持ちである

それはそれとして、自立支援2年目に入り
またここのセンターを利用するにあたり
役所に新たに申請をしなくてはならない

こちらの市の担当役人も来ていることであり
ちょうど良いと
申請内容の書き方がわからない所を訊いた

ところが50代だと思われる、その女性
とっても感じが悪いえもじ9
以前と違って最近は役所などで働いている人たちは
割と腰も低く
態度も良くなっていると思っていたのだが
いかにも上から目線のそのババア・・・いやオバサンに
久しぶりに役人根性を感じてカチンと来た

もっともこれは私の障害を持っている子の親としての
僻みも幾分入っているのかもしれないが・・・・

それは兎も角として
その書類の"収入の項"に
同居している義母の収入まで書かなくてはいけないと聞いて
えっ絵文字名を入力してください なんで!?

バアサンの収入がなんで関係ある?
同居しているからと言って
彼女の収入が私らを潤すわけでもなく
僅かな食費を入れてもらっているだけなのに?

バアサンが逝っちゃった後
貯金等が全部、同居人に入ってくるのなら
そりゃ、仕方なかんべとも思わんでもないが
法律はそうはなっとらんだろうがっ!!

同居して介護させられて
おまけにメリットどころかデメリットばかり



これでもし、今の市に納めている負担金が増えるということでもなったら
泣きっ面に蜂もええとこだいっ!!
ブーぷるぷる

ん!?バアサンの収入?
生きとるだけで毎月高卒なみの月給がある





category: ぶつぶつ

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

混沌の世界 

ちーちゃんと一緒に TV を見ると
どんな番組でも面白くなくなる

これはどういう意味か?
どうなってるのか?



いちいち訊いてくる

それがドラマだったりすると
私もどんなふうに説明したら彼女に分るのかが
分らないし
第一、見ている傍でひっきりなしに聞いてくるので
イライラもしてくる

つい、つっけんどんに

「これは、ドラマっ!」
と言ってしまうこともある

もう、ドラマなのかドキュメントなのか
それすらも分らなくなっているような気がする

野球をやっていても
どっちがどっちで今どうなっているのか
じっと見ているにも拘らず
家事をやっていて、見ていない私に
わざわざ訊きに来る

自分の頭が理解できなくなっているから
というのがよく分かっていないようで

こんなにワケが分らんドラマは
全然面白うなか!つまらん!


挙句の果ては
「最近のテレビは、いっちょん面白かとはなかっ!」

きっと、現在の彼女にとっての TV とは
字幕なしの外国のテレビを見ているような
そんな感じなのかもしれない

知っている単語を拾い上げて
なんとか意味をつなげている
しかし場面は刻々と変わっていく
どんどん進んでいくそれについていけなくなり
何が何だかわからん!!

(#ノ`皿´)ノ…━ ┫:・'.::

・・・・・・なのだろう

本、新聞の類は勿論
テレビも分らん
かといって何かできる、することもない
一日、朝か昼か、ご飯も食べたかどーか分らん

わからんわからん状態で過ごしている毎日って
どうなんだろう?
それすらもまさに分らんのだろうなぁ~

ちーちゃんは一昨日から二泊三日のショートで
もうすぐ帰ってくる
私もその間、講演会なんぞ出かけられて
少しリフレッシュ出来たし。

さてと、認知症介護
また頑張りますか ほっ






category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

生かすも殺すも 

朝、長女ミムメモが飲むために出してきた麦茶を見て
飲みたいと言っているバアサン

ミムメモが湯飲みに注いでやろうとした
その瞬間

「ちょっと待たんね!
お母さんに飲んでよかか
訊いてくれんね」


えっエエェッ!?!?

「オバアチャン、お母さんがよっぽど怖かごたるねぇ?」
アップロードファイル
笑いながらミムメモがいう

こんな優しい(!)人間を掴まえて、なんちゃうことを。。。
┌(`ε´ )┐プンプン

認知症になって
判断の力もまるっきり落ちてしまっているちーちゃん

「~~してよかね?」が口癖になり
食事のとき、ご飯を持ち上げては
「これは食べてよかね?」

オカズを指しては
「これもよかね?」

他のオカズやお汁に移るたびに
いちいち私の許可を求める

もう既に手をつけて殆ど終わっているのに
「これは全部食べてもよかったとね?」

これが毎回、毎回
三食の度に繰り返される

もう慣れたとはいえ、溜息モンである

トイレに行くのもわざわざ
遠回りしてでも、私に訊きにくる あせ

「行ってきてよかね?」

何で訊くかなぁ~~~
(ー'`ー;)う~ん・・・・

「お義母さん、行ったらいかんって私が言うたら
どうすると?」


「そりゃ~、しかぶる(←失禁)しかなかたいね」

┗(~▽~;)┓ソンナアホナ...

しばらく姿を見せないと
庭にでもいるのかと、庭に探しにくる
草むしりをしだすと
「もう止めんね、きつかよ
家に入らんね」


始めたばかりだっちゅーの!

24時間介護とはいえ
こうやって昼間っからPCを触れるほど
肉体的には暇

でもね精神的にはずっとバアサンに縛られている
唯一の息抜きだった買物にも
最近じゃ暇しているバアサン付き汗

同じことを何回も訊くのは
病気の特性上仕方ない
というのは十二分に承知しているとはいえ
何秒と措かずに訊いてくるのには参ってしまう

タマには無視したり
「もぉーーーーっ!えもじ9何回も返事したから
これで最後よっ!!」

すると、ボケたりとはいえ
相手の感情はよく分かるバアサンはシュンと落ち込む

特に嫁の顔色を常に窺っている感があるから
あまりムゲにもできない

まさに生かすも殺すもヨメ次第である フフフ、うまくいった…。



ちーちゃん
まるで、あ~たは背後霊
わたしゃ重くて、重くてたまらない。。。。


category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

兄弟は他人の始まり 

義妹はバツ一で、現在の夫は初婚で6歳年下
年下と言っても夫婦は似てくるというか
子どもがいないこともあり
年の差を感じさせないお友達夫婦のようだ

義妹にはなるが、実は私のほうが学年では2個下
それでも義妹ダンナは
私を「義姉さん」と呼ぶ

そりゃ間違いじゃないが
そう呼ばれるたびに
あーたの嫁より下なんだけどぉ
ちょっとムカつく

なんかね
義妹より老けていると言われているような気がしてくるし
実際に義妹ダンナは
私のほうが年上だと思っているような・・・ふんっ!

前振りが長くなったが
ちーちゃんにしてみれば娘が年上で再婚
おまけに向こうの親からは

「R子さんは子どもができなくて・・・」

まるで娘だけの責任みたいなことを言われたこともあり
そんなこんなで、この義妹ダンナが来るときは
バアサン、とても気を遣っていた

タダでさえそうだったのに
決定的になったのが義父の葬儀のとき

真夏の自宅葬で葬儀後に
外の花輪をもくもくと片付けている義妹ダンナ
それを横目に長兄と次兄は涼しい部屋で
自分の会社の同僚から来た香典袋をせっせと開けて
メモしている

その義兄たちの姿に思うところがあったのだろう
ふっと気付くと
外回りを片付けていた義妹ダンナが居ない 汗
ダンナを探し回る義妹

探し当てて帰ってきた義妹ダンナに
ちーちゃんが

「こんな時に(主人の葬儀で大変なのに)
わざわざ揉めさすような事をしなくても・・・」

みたいな事を言ったから、そりゃーもぉ大変

義妹ダンナは

「それはすみませんでしたっ!!」

と切り口上になり、それを聞いた末弟は

「Tさん(義妹ダンナ)になんて事を言うんだっ!
怒るのなら、あんな長兄たちにこそ怒って当然だろがっ!」


と、食って掛かるわ

「いや、お義母さんはそんなつもりで
言ったんじゃなくて」

と、かばう良い嫁面したい私まで加わり
それにまた反撃する末弟

反撃された三男嫁を見て
これから一人になる母を見てもらう人に
なんてことを!と長兄が末弟にと
もぉ、てんやわんや

仏夫?
仏夫は三つ巴、四つ巴の
嫁まで参戦した兄弟喧嘩のそばで
泣いている くすん…

これがもう14年前のこと

んで、義理の仲というものは難しいもので
いったんこういう事があると
いつまでもシコリとなって残っている

それはボケちゃってもシッカリ張り付いているようで
表面上は姑と義息子で仲良くしているようだが
本音はちーちゃんにとって
娘婿は煙たい存在なのだと思う

こういうわけで
娘の家であっても
『気を遣う相手が居るから行きたくない』
という発言になったのだろう

「どこの家にも(子どもたちの)行きたいとは思わんよ
家が一番よか」


やっぱりぃ上
はぁ~~~~~ふぅ





category: 3人の嫁ズ&婿

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

娘か、嫁か 

斜め前の老夫婦は敷地内で
次女に当たる娘さんと同居している

老夫婦のうち
お婆さんは緑内障で視野が狭くなり
日常的に介護が必要になっているとか

その家には隣の県から
もう一人の娘さん(三女)が2時間近く掛けて
週一位の間隔で介護をしに来ている

こういうとき、姉妹っていいなと
気安く助け合えるっていいなと
義理の親を一人で介護している身としては
羨ましいやら、妬ましいやら・・・

一方の親としても息子の嫁から看てもらうより
実の娘のほうが何かと気楽じゃなかろうか?
勿論、遠慮がない分喧嘩も多いのだろうが。

そんなことを思っていたら
現代は高齢者介護をしているのは
配偶者が一番でその次は『息子の嫁』を逆転して
『娘』になったという
ふむふむである

うちの母の時代は
断然『息子の嫁』だったことを考えれば
隔世の感がある

この傾向はずっと続いて
いずれ介護人は実子だけになるんだろうな
良い事だ

ちょっと厭味がてらに
ちーちゃんに言ってみた

「あそこのうちは娘さんだけだから良かねぇ~
うちは嫁だから、お義母さん気を遣うやろ?遠慮するやろ?
たまには息抜きにR子さんち(娘)に遊びに行ったら?
2泊位だったらR子さんも休みが取れるだろうし・・・
先になったらお義母さん(身体が動かず)
ますます行けなくなるだろうし、今が行くチャンスかもよ」


「R子だけだったらね
行くけどね・・・気を遣う相手がいるから」


要するに娘婿に遠慮があるから行きたくないという

アハハハヾ( ̄▽ ̄ )ノ。。oO (たった2泊位、いいじゃん!
んでそのボケぶりを娘に見せ付けてやればいいのにっ!!)

ちーちゃんが娘婿を苦手(?)にしているのは
理由があるのだが
それは明日書くことにして

自分がもし介護を受けるようになったとして
(なりたくはないが)
うちの場合、娘しかいないから
娘でよかったなと思う

これが息子だったりして
その嫁に頼ることになったらと思うとゾッとする

何故か?

それは日々の介護で
例え相手がどんなに良いお姑さんであっても
その嫁の胸に去来するものを
イヤと言うほど知っているからである


category: ひとりごと

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

しわしわの三歳児 

昨夜から、胸の下あたりが痛い痛いという
動くと痛いというので、多分肋骨だろう・・・・

もう遅いから
「明日病院に連れて行くけんね」

で、無駄だと思いながらも
「夜中にウロウロしたらいかんよ
夜中に起こされても私たちはどーもできんからね
絶対起こさんでね!ね!」


・・・・無駄だった ´д`トホホ

朝の4時

「エマさーん、エマさーん
胸のね、いたかとよぉ」


(" ̄д ̄)ちっ!

いつもの通り仏夫が下りていって対処

横にならせてやれやれと思うまもなく
五分もしないで、またもやバアサン部屋の開く音

「エマさーん、エマさーん」

んっとに!認知症ってやつは!!
怒り イライラ

朝一番で去年行きつけだった整形外科へ連れて行く
ここはリハビリでよく通っていたところだから
看護師さんを始め顔見知りの人が多い
バアサンを見て
「あらっ!」とか「まぁっ!」とか
の声がよくかかる

それらに愛想良く応えているバアサマ

後で「誰?」と聞くと

「名前は忘れた」 たはー

診断は去年折れたところがまた折れているとのこと
やっぱり・・・・

それにしても、転んだり打ったりもしていないのに
簡単に折れるもんだ、年寄りのホネ2って!

胸に巻くベルトをしてもらって
2週間は痛いだろうが我慢してと言われて帰ってきたが
帰るなり
「痛い!痛い!
どーにかして~~~」


「だ~か~ら~~」

いちから医師から言われたことを説明しても
イタイイタイの大合唱 あせ
それをわざわざPCをしている傍に来て聞かせてくれる

(`ω´)イライライライラ・・・・・
( `皿Ъ)親指カミカミ

聞き分けのなさに関しては三歳児並・・
イヤ、可愛くないだけ三歳児より悪い!!

認知症なんて 認知症なんて 認知症なんて

どぁい嫌いだいっ!!
         ↑

ん!?どっかで聞いたような・・・・ぷぷ





 


category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

排泄物問題 

毎回、汚い話だが
最近はちーちゃんの大小便に悩まされている

昨日

「パンツが汚れとるごたる
パンツにウン子がついとるごたる」


はいはい
いつものことなので「替えるから脱いで」と
新しいのを穿かせて
汚れたパンツをつまみ洗いをしようとして
じー えっ!?

中は勿論だが、外側にまで うんち
もしかして・・・・

スカートをまくると、ベッタリと大量の うんち
ガーン ガーン!!

スリップにも、おまけに替えたばかりのパンツにも
dokuro01 ひゅ~~~~

全部総替えさせた・・・悲しい

いったいどんなふうにトイレで用を足したら
こんなになるのだろう?
パンツは下ろしたがスカートは捲くらずにしたとか?

大量のウン子がついた衣服を洗いながら
出てくるのは溜息ばかりほっ

今朝、以前のことがあるので恐る恐る起こしに行った
コンパクトトイレの下のパットシーツに丸めたパンツが・・・あせ
よく下ろさないでしたので
オシッコがかかったのだろう

パットシーツにも飛び散った跡がある 困った


あのキレイ好きで
不潔なことには人一倍神経質だった人が・・・・・・

こんな彼女を見ていると
これは何かのバツゲームなのかはてな
そう思えてならない
もちろんそれに付き合わされている私もなのだが。

認知症になり
自分の大小の始末もできなくなったら
一年以内に逝く


こんな病気だったら良かったのに・・・

ど~か、自分がなったら速やかに
あの世へいけますように
∧(--;ナムー...

余談だが
こんなにウンがつくのだったらと
今日ヤケクソ(!)で宝くじを買ったアップロードファイル




category: 認知な姑

thread: 認知症の介護 - janre: 福祉・ボランティア

介護ウツなのか? 

自閉娘のね、言動、行動パターンは
もう19年もつきあっているから
たまに驚くこともあるけど
大抵のことは
理解できるし分っているつもり

んでもね、認知症バアサンのイレギュラーなそれは
毎日毎日驚かせられるし
予測もつかん 汗

今朝起こしにちーちゃん部屋に行くと
いつもベッドのそばに置いている
コンパクトトイレの位置が
部屋の入り口付近に移動している


おまけにいつもは閉めてある蓋まで開いている


開いているから
いつもはあまり注視しないで処分している中味が・・・
 
マジですかげげっアップロードファイル

開けてまだ間もないテッシュが箱ごと入っている
尿を吸い込んでふくらんでいる
MoEアイコン(ガーン) がーーーーん!!

驚いたことはこれだけじゃなく
トイレの下に飛び散ったときのために敷いているパットシーツ
それとパンツがゴミ箱の中にぎゅうぎゅう詰め込んである
ガーン

「お、お義母さん・・・・」あせ

何でティッシュを丸ごと?
パンツやシーツをゴミ箱に?
パンツは穿いてる?

聞くと

「え~~~っ!?
知らんよ、私しとらんよ」
ひよこ@はてな

はいはい、覚えとらんし
何でそういうことしたのかも分らんのよね
うんうん、彼女を責めても仕方がないんだ・・・
自分也に納得しても
なんかね気持ちがね・・・・

ネグリジェを捲くってみたら自分でちゃんと穿いていた
ゴミ箱のパンツは濡れているのかどーかわからないけど
とりあえずシーツにくるんで一緒に洗濯

問題はトイレ容器の中の箱ティッシュ
やっぱりこのままじゃ流せない。。。。

どうやって処分しょう??

そんなこと考えていたら
なんか気持ちが落ち込んできた

結局、尿で膨らんでじっとりと重くなったソレを
手が汚れないようにレジ袋で取り上げ
その中に入れて家庭用のゴミバケツに・・・・

終わってからも
情けない気持ちがなかなか収まらない

これぞ介護ウツってことなのかなぁ








category: 認知な姑

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。