同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

家庭円満 

夕方、暑いので自室でクーラーをかけ涼んでいるバアサンに
食事ができたと声をかける

定席についてテーブルの上を見たバアサマ

「朝から、こんなに食べれん」

アハハハヾ( ̄ω ̄=)ノ。。oO(バアサン また、寝とったか・・)

「・・・今は夕方」

「あぁそうかい」と箸を持ったバアサン

「朝から肉かい?」

「だから、夜!夕食だってば!」

「あぁそうだったね、ハハハ」
今度こそ納得したかに見えたバアサン

食べながら

「ミムメモちゃんは、まだ寝てるのかい?」

・・・・バアサマの頭ン中は、まだまだ"朝"なのであったo

ミムメモは学校で、まだ帰ってきていないと答えた

このいったん居睡りをすると
朝昼晩が全く分からなくなるのはいつものことなので
いまさら驚きはしない

テレビにキレイな菊の花が映っていた
蚊がいたのか足を掻いていて掻き毟り血が出たバアサマ

「菊の花から血が出た」

アハハハヾ( ̄ω ̄=)ノ。。oO("o(―ω―)

自分の足も花もごちゃまぜだ。。。。

認知症で脳が縮んできていることが分かった現在は

『あー、そうなんだ
ちーちゃんがこうなのは仕方がないことなんだ』
と、深く納得して驚いたり腹を立てたりしない自分がいる

しかし、自分のボケを分かっているバアサン

「こんなにバカになって・・・もう私は終えた
もう永くない。
エマさんも私が居らんようになったら清々するよね?」


「うんにゃ、お義母さんが居らんようになったらさびしか~
喧嘩する相手がおらんようになるもん」

ハイハイ、家庭円満、円満

機嫌が悪くてイライラしている時だったら
この口悪嫁は深くうなづいてバアサマを泣かせていたかもしれんが
たまたまこの日は良かったとみえる

d( ̄ ̄*) ヾ(^o^;オイオイ・・・ 他人事かい!?


スポンサーサイト

category: 認知な姑

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

脳が萎縮 

予約を入れていた"MRI"に姑を連れて行く
その道中、何処に行くのか?とバアサンが訊く

この前、ものわすれ外来に行ったでしょ
はっきりした診断をしてもらうため
今日は脳の写真を撮りに行くの


「ものわすれ・・・・
はぁぁぁ~~」


いっきにウツ突入か!?
バアサン、ため息をつきっぱなし

内心しまったなァと思いながらも
これ以上、ひどくならないためにも
ちゃんと診てもらいましょうよ
と、溜息には気付かないフリをする

写真を撮り、医師の説明を待つ間
時間があったので昼食をする

その和食系のレストラン
駐車場がいっぱいで奥のほうに車をとめる
終わってから車のところまで歩くのは大変だろうからと

「店の前まで車を持ってくるから
お義母さん、ぼちぼち歩いて前で待っていて」

言い置いて前まで乗り付けた
が、しばらく待ってもバアサン出てこない
店の中に入って探すが・・・いない 
ま、まさか、徘徊??
慌てて店の周りを探すが、影も形もない

もしかしてトイレ?
トイレだった・・・( ̄〓 ̄;;

クリニックはすぐ其処だし
トイレはそこですると言っていたのは
私が車を取りに行くため店を出る直前
もう忘れて入っていた・・・●| ̄|_

「なんて言われるだろう?」
ドキドキの姑と一緒に写真を見せてもらった
姑の手前、ボカシ気味の説明だったが
バアサンが席をはずしてからの説明によると

脳の前の部分と横にだいぶ萎縮が見られます
それとこの白い部分は血管が詰まった跡のようです
日本人に多いのですが
アルツハイマー型と脳血管型が混合した認知症で
その程度は軽度ではなく中程度です


まあね、この前そういう診断が出ていたから
今回はそんなにショックでもない
ただし、処方された【アリセプト】という薬
この薬はどうなんだろうね?
説明書によると自然に任せていた場合は
な具合になる状態が
投与するとなだらかなカーブ状態で進行を遅らせるという
ただし途中で辞めると悪化する・・らしい

( ̄~ ̄;)ウーン・・・ どうするべ・・・

とりあえず帰宅したのが3時
バアサンが言う

「エマサン、お腹空いたろう?
早くご飯にすれば?」


アハハハヾ( ̄▽ ̄ )ノ。。oO(レストランでお昼、食べたろがっ!?)

そういえば本で見たんだけど
80代の半数が認知症なんだって
うちの両親もそうだったし弟嫁のお母さんもそうだったし
義兄嫁のお母さんもひどかったらしい
お隣や近所の人もおかしかったしで

認知症→誰にでも訪れる病気なのかも?かも?


category: 認知な姑

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

個人情報 

自閉娘フェチ子の高校のときの養護教諭
つまりフェチ子いうところの保健室のお母さんから

なんでも養護教諭の研究会で発表をすることになり
その発表に高機能自閉症児の例として
フェチ子を出してもいいか
許可を得たいとのこと

もとろん、氏名とか住所など本人を特定できるようなことは一切出さないという

( ̄~ ̄;)ウーン・・・ 別に出してもらっても構わんけどなぁー
中にはイヤな人もいるかもしれんけど
障害を隠すこと自体が、フェチ子が以前訊いてきたことがあるように

「自閉症って、障害があるって悪いこと?」

に繋がるような気がしてならない

これって結局、昨今の個人情報の秘匿ってことなのよね

そういえば今のセンターに入るとき
センター長が自分の講演のときフェチ子の例を出すための
承認書と印鑑をと求められたっけ・・・
あのセンターではいわゆる就労支援のために入った最初のケース
テストケースということで、いろんな場で発表するらしい・・・

いやはや、あっちこっちで話題になるフェチ子ちゃん
確かに自閉症のケースとしては我が子ながら面白い子だモンなぁ

前述の保健室のお母さんからは
ホントーにお世話になりっぱなしだったし
彼女のおかげで卒業にもこぎつけたようなもの
フェチ子でお役に立てるモンだったら(立ちすぎるかも?ぷっ!!)
どーぞどーぞ

しかし、私との連絡帳の内容にも触れたいとのこと

( ̄へ ̄|||) ウーム  つい半年前まで続けた連絡帳だが
どんなこと書いていたっけ??
・・・・ちょっと不安である

それにつけても【個人情報】
なんでもかんでも【個人情報】
フェチ子でさえ口にする【個人情報】
確かに大事なものではあるのだろうけど
近頃は行き過ぎて息が詰まりそうな感がする


category: 自閉娘

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

小姑たちが帰る 

来てしまえばなんてことはないのだが
来る前が何かと気忙しい小姑たちの来訪

やっと、やっと帰ってくれた

義妹、義弟夫婦
義弟の娘と息子夫婦

姑はデイにやって、その間に最近の姑の様子
病院で認知症だと診断されたことを話す

さすがにショックを受けたようだが
それでも別に暮らしている彼ら
ことの深刻さは私らとは比べものにもならないはず

家に帰り着いたと連絡してきた義妹に

「去年、来たときと比べて(姑が)
だいぶ悪くなっていたでしょ?」


「ううん、あんまり変わっていない
あんなモンでしょ」


・・・・あーたらがいた間
洗面後、水を出しっぱなしだったのに?
デイから帰ってきて
「昼食はなかった、おやつだけだった」と言ったのに?

夜に近くの料亭で会食した折
トイレに入ったはいいが
石鹸で手を洗ったあと流し方が分からないと
うろうろしていたのに?

「明日は(デイが)休み?」と
それこそたてつづけに10回も訊いたのに?


それでも去年と変わってない・・・
ふーーーん

なんだか
あんまり変わっていないのに
ボケも大したことないのに
大げさにいってくれてなにさっ!
といわれたような気がした

帰った後、いつも思うんだけど
アノ人たちは結局お客様なんだよね
親であっても自分らは負担がない
元気かどうかだけを心配してればいい
嫁がちゃんと面倒見てくれているかどーかを
チェックして帰ればいい

ったく!いいよねーあんたらは!!

今朝さ、あんたらのちーちゃん
起きるなり
「息苦しい」

ハイハイ、いつものことと
安定剤を飲ませても
まだ苦しい、苦しいと騒いだんだよねー
今日はどこの病院も休みなのっ!!
絶対大丈夫だからと言って聞かせると

「んじゃ、このまま寝てろというのか
もうこのまま死ねというのか」


(#ノ`皿´)ノ…━ ┫:・'.::
このぉぉぉぉぉ
クソババアぁぁぁぁぁ


「仏夫ー、仏夫ー
あんたのお母さんが息苦しくて死にそうだというから
休日指定の病院に連れて行って!!」

休みなのをコレ幸いに仏夫に押し付ける

バアサン、出かけるときになって

「なんだか、具合が良くなった」

アハハハハ♪(メ^Д^)。o0(アン?テメーザケンナヨ!!)


行けっ!逝ってこいっ!!とばかりに
仏夫に連れて行かせる

ついさっき帰ってきたふたり
結果は分かってたけど異常なし
アハハ(^Д^#)。o○(ヽ(゚Д゚#)ノバカヤロー )

元気なバアサンに代わって
3時間も点滴を受ける間
じっと待っていた仏夫が具合が悪くなったと
げっそりして帰ってくる

あんなこんなもなーんもしなくていい
口だけ「大変ね」と言ってりゃいい、あーたたち・・・
ホント、よかよね~、うらやましか~~~~





category: 小姑

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

ものわすれクリニック 

ケアマネに探してもらったものわすれ外来
バアサンを連れて行く

車で40分の距離だと聞くとバアサン
盛んに
「大丈夫だろうか、大丈夫だろうか
わたし具合が悪くなるかもしれない」

ヽ(д`ヽ)。。オロオロッ。。(ノ´д)ノ

有無を言わせず車に乗せると
何の目的で?何処に?

「買物をしにいくわけ?」

面倒なのでテキトーに答えておく

あまりなじみのない土地だったので
方向音痴の私は不安だったが
何とかスムーズに着けてホっ

そこはデイケア、サービス、ホームなどがまとまった場所にあり
こじんまりとした老人専門のものわすれクリニック

最初に問診表を私が書き
あとから医師によるバアサマの問診

姓名、年齢などは無事クリアー
がっ!

若いころは働いていましたか?
それは何年くらい?


「はい、働いていました
えっと、1年・・いや、2、3年?」


助けを求めるように私を見る

実は私が嫁に来る直前にリタイアしたちーちゃん
40から60位まで20年くらい仕事をしていた

お風呂は一人で入れますか?

「ハイ」

d( ̄ ̄*) ヾ(^o^;オイオイ・・・

胸の聴診で手術跡を見つけた医師

手術をされたんですか

バアサン、はてな?の顔で

「いいえー」

汗; 。o0○((8年前にバイパス手術したじゃん!!))

こんな具合に問診が続き
あとから私が呼ばれて結果を聞く

お義母さんは30点中17点でした
今日の日付は7月30日、季節は"秋"
暗算の100-7=93までは出来ましたが
そのあとの93-7=87で、出来ませんでした
最近のことはもちろん、昔のことの物忘れもだいぶあります
コレは単なる老化というよりも認知症
それも軽度とはいえません
アルツハイマーだとは思いますが
動脈硬化によるものかも知れませんので
MRIをとって脳の状態を調べたいと思います

ということで、MRIの予約を取って来た

ずっと、おかしいおかしいと
認知症に間違いないとは分かっていても
こうやって専門家に改めて老化によるものじゃない
それも軽くはないと太鼓判を押されると・・・ショックだ汗あせ

いや、これはちーちゃんのためを思ってじゃなく
だんだん悪くなる一方のこの人を私が
看ていかなくちゃいけない
それを思ってのガーンなのである・・・




category: 認知な姑

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

残されたジイサンは・・・ 

ちーちゃんのカラオケ仲間だったFさん
生涯学習センターの週一の練習日には
ちーちゃんを、いつも車で送り迎えしてもらっていた

Fさんには身体の不自由なご主人がいて
どんな時でも助手席にはご主人
車で一泊旅行も度々していたし
周りが女性ばかりの寄り合いでも
常にご主人同伴

あんなにダンナに尽くす奥さんも珍しいと
常々、感心していた

そのダンナを
「週3回、デイサービスにやるようになった
デイサービスは良いよぉ~
あんたも家にジッとしていないで行ってみらんね」


と、盛んに勧めてくれたのは確か今年の2月頃

そのFさんが亡くなった
まだ70半ばなのに、身体の不自由なご主人より先に・・・

新聞の訃報欄を見て
慌ててちーちゃんに報告

Fさんには随分お世話になったんだし
葬儀にはお義母さん、絶対出なくちゃね!
私が葬儀場の前まで送るからそんなに歩かなくて良いしね!
の言葉に頷く、バアサマ

当日、バアサンの部屋で喪服を出し
「さあ、用意して」

バアサン
「何のため?どこに?」 jumee☆whyR


・・・・たぶん、忘れるとは思っていたが
_| ̄|○ ガクーリ

説明してやると

具合が悪いから行けそうにない
行ったら私は、倒れるかもしれない


ハイハイ

往復50歩ぐらいの距離でも死んじゃうんだよねー

結局、私が慌てて喪服を着て弔問に行った

車椅子に乗った、喪主席のご主人
これから誰が面倒見るんだろう?
本来なら同居している息子夫婦なのだろうが・・・

まさか、アレだけぴんぴんしていた人が先に逝くなんて
思いもしなかっただろうしなー

誰でもアノ人みたいな至れり尽くせりはできないだろうし
結局、施設にでもあずけるしかないのじゃなかろうか・・・
他人事ながら気になってしまう

さて、うちのちーちゃん
今朝は3時に起こしてくれました
水差しの水がなくなったから、水を汲んでくれと・・
部屋を出て階下まで来て呼ぶんだったら
あと数歩で台所なんですけどぉ~

二階から降りてくるのを待つよりも
自分で行ったほうが早いんですけどぉ~

ま、わたしは寝たふりでダンナに行かせたから良いけど

d( ̄ ̄*) ヾ(^o^;オイオイ・・・

それにしても
一回起こされたら寝られんっちゅうのっ!!やってやんねぇな・・


category: ひとりごと

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

初盆? 

田舎のくせに
都会並みにお盆が7月のここら辺

今日からのお盆
提灯やら仏壇の掃除やらお供え物などで忙しい

それに加えて初盆の家でのお参りもある
本来なら姑の付き合いばかりなのだが
とても行けそうにない(←行ったら具合が悪くなって死ぬかもしれない・・だそうだ)

仏夫に行ってくれと頼んでいたところ
バアサン、何をトチ狂ったか

「うちは初盆しなくて良かったっけ?」

・・・・誰か、死んだっけ?

訊かなくても分かっていたがジイサンのだと言う

去年、13回忌したでしょう?
もう亡くなって14年にもなるんだよ


「じゃー、来年が初盆だね?」

年と日を間違えている 

アノね、馬場家が今度初盆を迎えるのは
順当にいけば、あーたの時なのよ

でもこればっかりは分からないものなァー
案外、私だったりして・・・
^_^; アハハ…

category: 認知な姑

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

やがて行く道 

ガソリンの値上がりが半端じゃないので
倹約のため
ほこりをかぶっていたママチャリを引っ張り出し
近くのスーパーに行くときは利用している

毎日行っていた買物も二日に一回にした
必然、一回の量が多くなる
昨日、終わって帰る途中 

アッ!!

バアサン、デイだしお昼は自分ひとりだけだからと
店で買った惣菜
レジの人が、まだ温かいからと別のレジ袋に入れた
アノ惣菜
・・・・忘れてる汗;;

気付いたのはもう行程の半分くらい

この暑い中、また こいで引き返す労力と惣菜を計りにかけた

やーめたっ!
惣菜あきらめたっ!

コレが車だったら多分引き返してたんだろうな・・・

倹約といいながら、そしてチラシに載っていた安いものを買っても
こうやって忘れてくるんじゃ意味ないじゃん!!
と、自分につっこんでみる

コレが初めてじゃなく
こーいうことは良くある注意欠陥気味の私
買物に行って、一袋忘れてくるのはこれで何回目だろう・・・
片手じゃきかんなぁ~・・・。

エコのため買物袋を持って行っているときは
忘れることはないんだけど
レジ袋もいるんだよね、うちは
ゴミ箱の内側に入れて利用しているから・・・・

注意欠陥なら負けてはいない仏夫
日曜日に朝食を取りながら
あ゛ーーーーっ!!絵文字名を入力してください

「受付を通さないで持って来たかもしれない・・・」

図書館で、本を借りにいき
受付をスーッと通り過ぎてそのまま帰ってきて
あくる日、そのことを思い出す仏夫

図書館の本って盗むの簡単なのね~
オイオイ (;^◇^)ノ~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ イテッ

私ら、ホント似合いの夫婦だ 

ふたりの子のミムメモがあーなのも
無理からぬことかもな~・・・・・(倍返しで生まれてきた感がある)

私ら夫婦もちーちゃんへの道
そんなに遠くないのかもしれん汗

さて、その ちー様
前夜にかけたエアコンで風邪を引いた私ら夫婦
熱もあるし早めに就寝
そんな日に限って、起こしてくれる

「暑くて眠れない、でも扇風機のかけ方がわからない
忘れた」
がっくり


寝せるとき、タイマーを入れていたのが切れたはいいが
スイッチの入れ方を忘れたらしい(ボタンを押すだけなのに・・・)

やれやれの次の早朝5時

「だれかぁ~だれかぁ~起きてるぅ?」

ったく!今度は何よっ


聞くと、電話が鳴っていたという

でんわぁ

・・・鳴っとらん、なっとらん

きっと、バアサンの頭ン中だけで鳴っていたに違いない・・・



category: ひとりごと

thread: ひとりごとのようなもの - janre: 日記

小姑たちがやってくる~ 

最後に会ったのは何年前だったっけ?
5年前?6年前?

主人の次兄嫁が
自分の実家(←同じ町内)に帰省
"ついで"にうちに寄る

次兄は、義弟の息子の結婚式の席順が
義妹より下だったのが気に食わなくて
義弟と大喧嘩、式以来ずっと断絶状態
んで、どーいうわけか式自体、ナーンも関係ない
第三者だったはずのうちも、とばっちりを食って
絶交を言い渡されていた

アハハー"o(´∀`メ)。o0○((頭おかしいんとちゃうかー))

去年のお盆には、そんなアホ次兄も嫁さんから尻叩かれたのだろう
珍しくお参りに来た(10分もいなかったが)
バアサン最後まで自分の息子と気付かずに
丁寧に応対したもんだった

そんときゃ次兄嫁さんは一緒に来なかったので
もう本当に久しぶり
息子が夏に結婚するので
出席してもらう以上知らん振りもでけんということだろう・・・

しかし、この次兄嫁、昔からだけど喋るのなんのってうーん
一時間半、びったし喋りまくって帰った
それも自分の夫である次兄の悪口オンパレード

製造元のバアサンもうんうん頷いている笑

ホント、言っちゃ悪いがアノ人とうまくやれるのは
滅多にいないだろう
顔からして強面で怖いもん絵文字名を入力してください
ったく、うちの仏夫とは正反対
よくもまぁ、同じ種と畑からこんなに違うものが出てきたもんだ

同じ種と畑といや~、義妹からも電話が来る
来週の連休に来るという がっくり
しかも義弟夫婦と連れもってがっくり


この義妹も目から鼻に抜けるような
頭の回転が速い
ある意味気が強くて根性もん
でもって、A型の典型的タイプで几帳面のキレイ好き

ということで
O型の典型的タイプ
おーざっぱな私は、彼女らが来るまで年末以来の大掃除ですたい泣

同居嫁ってさ、義親の世話ばかりじゃなく
こういうお接待もついてまわるのよねー

category: 小姑

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

お前が言うなっ!! 

朝から、頭のキズがどーのこーのとぐずぐずバアサマ

んなん、当たり前
いっつもいつも、ヒマさえあれば傷に触ったり爪楊枝でつついてるんだもん
治るモンも治らんさっ!
(今もさかんに触っている汗;

憮然顔のバアサマ
いつもの通り
「触ってないって!!何で私の言うこと信じらんとー?」

あ゛~~~もぉ~~~~

信じらんもなんも現につついているじゃん!!

「もー、お義母さんには言っても無駄ね
勝手にかさぶたをむしりなさい」


とたんにウツ突入バアサン

「もぉ死にたい・・・長生きしても迷惑かけるばかりだし
こんなになって生きていても仕方がない・・・」


出ましたっ!バアサン得意技!!
死ぬ死ぬ病!!

(#ノ`皿´)ノ…━ ┫:・'.::

「朝っぱらから、死ぬ死ぬ言わないでくれない
こっちまでイヤな気持ちになる
反対に私が毎日傍で、死にたい死にたい
っていったら
お義母さん、どう思う?どんな気持ちする?」

「どーもない!なんとも思わん」


アハハハヾ( ̄▽ ̄ )ノ。。oO("o( ∇ |||)プルプル)

まだ家にいたフェチ子が一連の騒動をみてポツリ

「お母さん、大変だよね
オバアチャン、あんなだし・・・
ホント大変」


・・・・・お前がお前がぁ
ソレを言うってかぁ

さて、介護認定の更新のためケアマネがくる

一緒にかかり付けの医院に行き
待っている間、質問に答えている

ここはなんと言う病院ですか?

うーんうーん
あれ?病院の名前何だったっけ?


今の季節は春夏秋冬の?

あき!!(キッパリ)

・・・五月の「もーすぐ正月」よりはマシだけど
それにしても・・・・orz



category: 認知症と自閉症

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

言葉を忘れる、間違える 

私たちくらいの年代になると
頭の中では映像として浮かんでいるのに
言葉として出てこないことがよくある

たまの会食などで集まっても
「アレがアレでさー、こうなのよー」
相手も
「うんうん、アレね」
などと相槌をうっている


ブログを書いていても
アレってなんと書くんだったっけ?
どういう表現するんだったっけ?
そこら辺にウロウロしている娘に尋ねる事もあり汗とか

まさに『アレコレソレ』世代突入である

50代の私でさえこうなのだから
80代のバアサン
ましてやボケも入ってるので当然っちゃー当然なのだが
それにしても昨今の誤変換はひどすぎる

デイサービスセンターNHKになったのは、ついこの間
それが今度は会社になった 苦笑い

フェチ子と七夕の話をしていたバアサン

「バアちゃんはね、もう会社で短冊書いてきたよ」

よしゃーいいのに、それを聞きとがめる嫁

「会社ぁ?会社じゃなくデイサービスでしょ?」

ムッとするバアサン

「ただの言い間違いでしょがっ!!」

アハハー"o(´∀`メ)。o0○(言い間違いばかりじゃん)

そーいえば、迎えに来たスタッフにも
「会社に行こうかね」
といって、苦笑いされてたっけ・・・・

他にも反対の言葉を遣うようになった

「トイレに行ったけど○んちが堪えても堪えても出らん」

堪えたら出るモンも出らんのが当たり前っつーの!!

去年のお盆に自分の息子(次兄)をいとこだと間違えて
帰るまで丁寧語で喋り通したのには大汗だったが
今のところ、人の顔はまだ大丈夫・・・だと思う・・・?

これと幾らせんでいいといっても
絶対するお化粧をしなくなった時が
いよいよかもな~


category: 認知な姑

thread: 同居のくらし - janre: 結婚・家庭生活

今朝のNHKニュース 

特集で
発達障害児の母の悩みみたいな事を取り上げていた

ここで知ったのだが
ある地方で、ふたりの発達障害児を持つ母親が
悩んだ末、ふたりを殺害したという事件があったという

ふーーーん、そういう事件があったのかぁ~
ホント大変だもんなぁ
我が子ながらワケ分からん子を育てるのって・・・

TVを食い入るように見ていた母の隣には
うちの発達障害人、フェチ子ちゃん

「発達障害って自閉症のこと?」

黙って見続ける母

番組では、母親が発達障害の子の育てにくさや
周囲の無理解で
どれだけ追い詰められているかみたいなことをやっている

そんな中、話題をそらすようなくだらないことを問いかけるフェチ子
最後にはスッと席を立っていった

・・・・きっと見ていられなくなったんだろうなぁ・・・

以前、私に訊いたことがある
「私を生んで良かった?」と・・・

何にも分からないくらいの重度なら
こういうのを見てもどーもないのだろうが
フェチ子みたいに中途半端な障害で
ニュースが解る分、つらいよなぁ~

と、思いながらも
しっかと見続けた今朝のニュースであった






category: 自閉娘

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

【虐待の母】伝説  

怒るもうね、幾らなんでもね
卒業したと思ってたわよ

【虐待の母】呼ばわり

これは、思い起こせばフェチ子が幼稚園児のとき
幼稚園バスの集合場所orz
待っているお母さん方に

「うちのお母さんが、お母さんがぁぁぁ」
と、訴え始めたのが最初

なんで、ぐずぐずして遅刻しそうなので
早くしなさい!と怒ったことが
他人に訴えでなきゃいかんほどの虐待かい?


それ以来私は
小、中学校、高校と担任する先生方から
自分がその前にしたり言ったりする事は省いて
フェチ子が訴える私の言動に
どーいう親だろう!なんという親だろう!
と、思われてきた(多分)汗あせ



中学のときは相談室の相談員として来ていた先生のOBから

「お母さん、是非あなたとお会いしたい
話がしたい」
・・・

要するに、親がなっとらんからこんな子どもになった
そんなけしからん親を指導してやろうという魂胆ミエミエの
余計なお世話オジサンもいた
その頃発達障害で自閉症だと診断され
学校にもその旨連絡がいっていたにも関わらず・・・である

フェチ子の場合、自閉だとはいっても
自分の都合が悪いときは作話もする

こんなかわいそうな自閉症の私
だれそれがこんなことをいったり、したりして虐めた
初めにどういうことがあってを省き
相手の言動ばかりを担任やら周りの大人に
訴えかけ
それでますます友だちから敬遠される悪循環を繰り返してきて
唯一の親友からも見限られていったのに
どーしてもこの

「絶対あんたが悪い!!症候群」は治らない

でも、友は逃げることが出来る
しかぁし! 親は逃げられない

高校のときは、夏服で下が透けるから白い下着着用なのに
ブラだけをして、担任から咎められたフェチ子
あろうことか
「破れている下着ばかりしかなくて・・・」

「お母さん、下着買ってあげてください」
と、担任から早速電話

でもね、鬼母伝説のあんな事こんな事も
自閉症に特化した支援センターに通っている今は
もうないよね
フェチ子も幼いとはいえ18歳
それくらいは成長していると思っていた・・・

んがっ!


「此の頃、気になることがありまして・・・ 」 
センターより電話

( ̄~ ̄;)ウーン・・・ やな予感

「フェチ子さんが今日は朝ご飯を食べさせてもらわなかったから
体がキツイくて調子が出ないとかおっしゃるんですよぉ」

ク~~~~~~~~ッ!!

確かになんかのことで注意したら、クソババ呼ばわりしたので
朝からあんたの大好きなカレー(!)を温めていたのを止めて
そこのパンを食べていきなさい
カレーは夜!!と言いました~
でも、それがネグレクトかい!?

迷わずスタッフに言いました
「私虐待の親ですので・・・」

そうそう、なんでも母の所為
あんたの失敗を許してくれるんだったら
そう言って世の中渡れるんだったら
わたしゃ虐待でも鬼でもなってやるわいっ!!怒り

category: 自閉娘

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター