同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

大腿部骨折 

「足の付け根が折れているようなので救急車を呼びました
●●整形外科に運ばれましたので
すぐに行ってください」

義母が入所している施設より突然の

その日が日曜日だということもあり
受け入れてくれる所に緊急搬送したとのこと

アタフタしながら仏夫も連れて病院へ
ところが詳しい様子を聞こうと思ってた義母に付いてきたスタッフはいない
受付の人に尋ねたら救急車と一緒に帰ったとか。。。

で、医師の話を聞くため待つこと一時間

結論は
『大腿部の骨折で本来なら手術ということになるが
高齢なので全身麻酔に耐えられるか・・・
以前に心臓のバイパス手術もしているとのことなので
うちで出来るか検討中』

なんかあまりしたくなさそな返事

取り敢えず、明日決めるのでまた来てくれとのこと

で、入院の運びとなるのだが
これがまた手続きがなかなか終わらない
待つだけでくたびれてしまった

で、翌日
手術することに決定とのこと
出来なくても仕方ないと思っていたので拍子抜けした
勿論もしものことがあった場合の念書に
何枚も押印させられた上だが。

三日後、手術
だいぶ気を揉んだが、何のことなく終了
本人も(何があったか分からずのままだろうが)元気

その後、謝罪を兼ねて
経緯を説明したいので施設長と訪ねたいと担当スタッフ

齢も齢だし骨粗しょう症の所為だと思うので
謝罪とか良いですと固辞したのだが
夕方に二人で訪ねてきた

『搬送の二日前のオムツ交換時にボキッと音がした
その時は気付かなかったが次の日太ももの付け根がどす黒くなっていた
で、様子を見ていたのだが本人も痛がっていたので
今回の緊急搬送となった』

申し訳ないと謝られたが
うちとしては預かってもらっているだけで有難いと思っているので
却って恐縮モンだった

でも昨日の岐阜の介護施設のニュースを見たら
やっぱ責任問題になるので早めに手を打ったということなのだろう

うちとしては、なんかあったとしてもそれが寿命だと思っているので
施設の責任云々なんてチラッとも考えてなかったんだけどね






スポンサーサイト

category: 認知な姑

突然死 

年が替わるたび
「今年かなぁ~」と思って早五年
義母、悪い也に安定している

最近では
もぉこのまんま
百歳を目指せるんじゃなかろうかと思うようになった(←んなバカな)

そんな中、ちょうど前記事の娘の自閉友達が来る予定日の早朝の事
仏夫の次兄嫁の実家から(←次兄嫁の姉)

「妹が亡くなった」
との電話
 う、うそー

いや、病気がちだとかそんな話聞いたことなかったし
ホント青天の霹靂で、いっぺんに目が覚めた

話に依れば、(亡くなる)前日に夕食の用意をしていて頭痛がするというので
近所の医院に診せに行き
帰宅してからトイレに入り、それきりなかなか出てこないので
同居している息子が大丈夫かと尋ねたところ
「大丈夫」
と応じたので安心していた

ところがそれからも出てこなかったので又様子を見に行ったら
その時は既に意識がなかったという
で、救急車を呼んで病院に運ばれたが
そのまま朝方に・・・・

死因は『クモ膜下出血』

いや、これが何かと病気持ちの次兄というのだったら
納得も出来るが
それまでぴんぴんの次兄嫁だったからホント驚いた

残された次兄やまだ独身のその息子
ショックが大きくてうちに連絡も出来ず
兄嫁の実家に頼んだらしい

少し落ち着いては来ているみたいだが
まだ夢の中のようだという

だろうなぁ~

でも残された者は大変だろうが
ピンピンコロリ…ある意味羨まし~

私なんか、半身不随の仏夫や、自閉娘を抱えているから
病気も出来ないというプレッシャーがあるしねぇ

でも今のうち
長女には私が亡くなった時のあれこれを
言い聞かせとかんば
と、固く思った次兄嫁の死だった



category: 3人の嫁ズ&婿

自閉女子会 その2 

(前記事のつづき)

リリィちゃんがこんなことを言った

「私ね、自分が障害を持っているとは思えないんだよね
それなのに、年金とか貰えて仕事も障碍者枠で優先的に入れたし
そのほかいろんな面で優遇されるしさ
もしかしてズルしてんじゃないかと気が咎めるんだよね」

・・・・あぁ、このフレーズ
以前Yちゃんも自分が自閉症だとは思えないって言っていたっけ
ンじゃあん時やった
AQテストってしてみる?

えぇ~、なにこれ~、面白ーいと言いながらやりだすリリィちゃん

結果は30点

33点が間違いないだろうってレベルだから
やっぱグレーゾーンだわ

でも本人も疑っているように
こだわりが強いフェチ子の親としては
彼女はとても同じ障害を持っているとは思えない
本当にふつーの可愛い女の子にしか見えない

当たり前の話だが
四人が話しているのを傍で見ていて
同じ自閉症でも
四者四様だなってつくづく

まずうちの娘
今話題になっている事柄と全く違うことをいきなり
それも自分が興味を持っているオタク話を始める

Aちゃん
仕事場での嫌な出来事を思い出したと
いっぱいいっぱいだからクールダウンすると言って
手作りをした人形を抱いて別の部屋に避難

妹のYちゃん
その話題はもう終わったと思っていたのに
彼女の中では終わってなかったらしく
延々と続ける、あくまでマイペース貫き女子

リリィちゃん
この中では一番アチコチの話題についていけてるようには見えてるが
もしかして、それは大変な努力の結果かもしれない

でも
「あと十年、遅く生まれていたら
もっと楽に生きられていたかもしれない」

と、リリィちゃんの言葉には全員賛同

この子たちが幼い頃は発達障害とか高機能自閉症なんか
言葉自体なかったもん
ん?あった?
あったとしても診れる医師はほとんどいなかっただろうし

きっとさそれ以前にしてもそれが障害の所為だとは分からず
『変な子』とか『不思議ちゃん』、『天然』て゛片付けられていたんだろうなぁ

しかし、いろいろあって辛かったであろう学生時代を経て
現在は26、27歳となり、全員が働けている
しかもフェチ子以外は、親元を離れて自立してるんだもん
大したもんだ

うちの娘もいずれは嫌でも自立の時が来るんだろうが・・・・

夜中の一時位までワイワイみたいだったが(私ゃとうに寝てた)
でもね、こんな風に集まって
障害のことやら
色んな悩みもざっくばらんに話せる仲間がいて
娘にとってはほんとに良かったなと思う

現在は布ブローチ作りに凝っているAちゃん
銘々にプレゼントしてくれた
フェチ子にはピンク、そして私にまで紫を。
IMG_0911.jpg
IMG_0912.jpg

ありがとね、Aちゃん

ホント、みんなよい娘ばっかりだ
またおいでね~

category: 自閉症

自閉女子会 

先週末、フェチ子の自閉友達が家で一泊した
同じ県内に住むAちゃんや彼女の妹Yちゃん(←同じく自閉症)とは
年に一,二回は会っているのだが
今回は他県に住むリリィちゃんも一緒
四人で会うのは実に三年振りだ

Y ちゃんの車でリリィちゃんを最寄りの駅まで迎えに行き
その足で昼食やら買い物、図書館などをぶらついたそうで
うちに着いたのが五時間後・・・・・・

その間、気を揉んでフェチ子のケータイにかけるも
留守電に変わるばかり 
これもこだわりの一種かもしれんが
メールは伝わるのに通話になると、自分からはかけるのに
中々、出ることはない自閉娘
留守電に要件を残しても、どーも聞いてはいないようだし
緊急の用は足さないケータイである

夕方やっと到着した自閉女子一行
久々の邂逅とあって盛り上がる、盛り上がる
で、観ていないとのことだったので
録っておいたNHKスペシャル「発達障害」を全員で観た

ここは(自分とは)違う、うんうん分かる~同じ~等々
そのにぎやかなこと
自分の特性についてYちゃん

「私さ、他人をジーと見つめちゃうんだよね」

そうそう、彼女がまだ中学生くらいの頃
私もそれやられて何となくきまり悪かったような記憶がある

Yちゃんに同調してリリィちゃんも

「私もその癖があって、男性から
『もしかして俺に気があるの?』て言われたことある
慌てて否定したけど、心ン中でだーれがお前なんか
だったよ」

で、大笑い

どーもね、彼女らにはジーっと見たら相手が嫌な気持ちになるし
かといって顔を見ないで話したら失礼とか言われるしで
『適切に』というのが苦手みたい

そこでフェチ子がいう

「小学生の時さ、友達に言われたんだよね
何睨んでんだよって
それから人の顔を見れなくなってさー」

・・・・・・・・・・んーと、それ違う
生まれた時からだよ

「私、知的もあるんだよね」

ン、それは正解。

category: 自閉症

尻尾切断手術 (グロ注意) 

きなおの神経が切れた尻尾
IMG_0899.jpg

元気が出るまで手術は出来ないと医師
で、待っていた
が、尻からダランと垂れ下がっている尻尾
階段の上り下りとかでバッタンバッタン
打ち付けてケガしてもマヒしているから分からんきなお

ふと気づくと先がビミョーに短くなっている
IMG_0900.jpg

多分、壊死した部分を自分で舐め剥いだのだろう
元気も出てきたしと手術の予約を入れると
二週間後だという
いや、そんなに~?
そー言えばこの病院
何年か前には看護師さん(?)は二人位しかいなかったのに
今じゃ四人
診察受けている間にも次々と来院していたし
今はブームなのかね、ペットの。

で、やっとこさ手術を受けて帰って来た
手術痕をなめたらいかんということでカラーを嵌められ
鬱陶しそうなきなお
IMG_0902.jpg

その毛を刈られた手術痕がなんとも・・・・
まるで羽根をむしり取られたチキン
で、十日後
やっとこさ抜糸でカラーも外されのびのび

IMG_0905.jpg

刈られた毛もボチボチ生えてきた
IMG_0906.jpg

ま、ここまでは良いんだけど
去年から突如始まった『何処でもうんちぃ~』
が、シッコまで・・・・・
ストレス?それとも仏夫みたいに排泄の感覚が失われたとか?
最近は、夜の、オシッコ地雷に気をつける毎日である

にしても、家の中が臭くてたまらん。。。。。。

category: ペット

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター