同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

自閉女子会 その2 

(前記事のつづき)

リリィちゃんがこんなことを言った

「私ね、自分が障害を持っているとは思えないんだよね
それなのに、年金とか貰えて仕事も障碍者枠で優先的に入れたし
そのほかいろんな面で優遇されるしさ
もしかしてズルしてんじゃないかと気が咎めるんだよね」

・・・・あぁ、このフレーズ
以前Yちゃんも自分が自閉症だとは思えないって言っていたっけ
ンじゃあん時やった
AQテストってしてみる?

えぇ~、なにこれ~、面白ーいと言いながらやりだすリリィちゃん

結果は30点

33点が間違いないだろうってレベルだから
やっぱグレーゾーンだわ

でも本人も疑っているように
こだわりが強いフェチ子の親としては
彼女はとても同じ障害を持っているとは思えない
本当にふつーの可愛い女の子にしか見えない

当たり前の話だが
四人が話しているのを傍で見ていて
同じ自閉症でも
四者四様だなってつくづく

まずうちの娘
今話題になっている事柄と全く違うことをいきなり
それも自分が興味を持っているオタク話を始める

Aちゃん
仕事場での嫌な出来事を思い出したと
いっぱいいっぱいだからクールダウンすると言って
手作りをした人形を抱いて別の部屋に避難

妹のYちゃん
その話題はもう終わったと思っていたのに
彼女の中では終わってなかったらしく
延々と続ける、あくまでマイペース貫き女子

リリィちゃん
この中では一番アチコチの話題についていけてるようには見えてるが
もしかして、それは大変な努力の結果かもしれない

でも
「あと十年、遅く生まれていたら
もっと楽に生きられていたかもしれない」

と、リリィちゃんの言葉には全員賛同

この子たちが幼い頃は発達障害とか高機能自閉症なんか
言葉自体なかったもん
ん?あった?
あったとしても診れる医師はほとんどいなかっただろうし

きっとさそれ以前にしてもそれが障害の所為だとは分からず
『変な子』とか『不思議ちゃん』、『天然』て゛片付けられていたんだろうなぁ

しかし、いろいろあって辛かったであろう学生時代を経て
現在は26、27歳となり、全員が働けている
しかもフェチ子以外は、親元を離れて自立してるんだもん
大したもんだ

うちの娘もいずれは嫌でも自立の時が来るんだろうが・・・・

夜中の一時位までワイワイみたいだったが(私ゃとうに寝てた)
でもね、こんな風に集まって
障害のことやら
色んな悩みもざっくばらんに話せる仲間がいて
娘にとってはほんとに良かったなと思う

現在は布ブローチ作りに凝っているAちゃん
銘々にプレゼントしてくれた
フェチ子にはピンク、そして私にまで紫を。
IMG_0911.jpg
IMG_0912.jpg

ありがとね、Aちゃん

ホント、みんなよい娘ばっかりだ
またおいでね~
スポンサーサイト

category: 自閉症

自閉女子会 

先週末、フェチ子の自閉友達が家で一泊した
同じ県内に住むAちゃんや彼女の妹Yちゃん(←同じく自閉症)とは
年に一,二回は会っているのだが
今回は他県に住むリリィちゃんも一緒
四人で会うのは実に三年振りだ

Y ちゃんの車でリリィちゃんを最寄りの駅まで迎えに行き
その足で昼食やら買い物、図書館などをぶらついたそうで
うちに着いたのが五時間後・・・・・・

その間、気を揉んでフェチ子のケータイにかけるも
留守電に変わるばかり 
これもこだわりの一種かもしれんが
メールは伝わるのに通話になると、自分からはかけるのに
中々、出ることはない自閉娘
留守電に要件を残しても、どーも聞いてはいないようだし
緊急の用は足さないケータイである

夕方やっと到着した自閉女子一行
久々の邂逅とあって盛り上がる、盛り上がる
で、観ていないとのことだったので
録っておいたNHKスペシャル「発達障害」を全員で観た

ここは(自分とは)違う、うんうん分かる~同じ~等々
そのにぎやかなこと
自分の特性についてYちゃん

「私さ、他人をジーと見つめちゃうんだよね」

そうそう、彼女がまだ中学生くらいの頃
私もそれやられて何となくきまり悪かったような記憶がある

Yちゃんに同調してリリィちゃんも

「私もその癖があって、男性から
『もしかして俺に気があるの?』て言われたことある
慌てて否定したけど、心ン中でだーれがお前なんか
だったよ」

で、大笑い

どーもね、彼女らにはジーっと見たら相手が嫌な気持ちになるし
かといって顔を見ないで話したら失礼とか言われるしで
『適切に』というのが苦手みたい

そこでフェチ子がいう

「小学生の時さ、友達に言われたんだよね
何睨んでんだよって
それから人の顔を見れなくなってさー」

・・・・・・・・・・んーと、それ違う
生まれた時からだよ

「私、知的もあるんだよね」

ン、それは正解。

category: 自閉症

尻尾切断手術 (グロ注意) 

きなおの神経が切れた尻尾
IMG_0899.jpg

元気が出るまで手術は出来ないと医師
で、待っていた
が、尻からダランと垂れ下がっている尻尾
階段の上り下りとかでバッタンバッタン
打ち付けてケガしてもマヒしているから分からんきなお

ふと気づくと先がビミョーに短くなっている
IMG_0900.jpg

多分、壊死した部分を自分で舐め剥いだのだろう
元気も出てきたしと手術の予約を入れると
二週間後だという
いや、そんなに~?
そー言えばこの病院
何年か前には看護師さん(?)は二人位しかいなかったのに
今じゃ四人
診察受けている間にも次々と来院していたし
今はブームなのかね、ペットの。

で、やっとこさ手術を受けて帰って来た
手術痕をなめたらいかんということでカラーを嵌められ
鬱陶しそうなきなお
IMG_0902.jpg

その毛を刈られた手術痕がなんとも・・・・
まるで羽根をむしり取られたチキン
で、十日後
やっとこさ抜糸でカラーも外されのびのび

IMG_0905.jpg

刈られた毛もボチボチ生えてきた
IMG_0906.jpg

ま、ここまでは良いんだけど
去年から突如始まった『何処でもうんちぃ~』
が、シッコまで・・・・・
ストレス?それとも仏夫みたいに排泄の感覚が失われたとか?
最近は、夜の、オシッコ地雷に気をつける毎日である

にしても、家の中が臭くてたまらん。。。。。。

category: ペット

帯に短し、たすきに・・・ 

二年前に買い替えた助手席リフトアップ車
ここで記事にしたように乗り降りに不満があった
そんな中、購入した一年後にこのシリーズがモデルチェンジ 
car_list_fre_plift.jpg
今度のは前後にスライドシート出来るし
グローブボックスと膝との間隔がだいぶ広くなっているという

きっとユーザーの不満やら意見を取り入れて改良したのだろうが

うーーーーーーーん
(後悔先に立たずだ)

ンでも、考えた
わたしゃ、後何年元気で介護出来るだろ・・・・・・

てことでここ五年で三台目
ただし助手席は今回はハイブリットは作ってないとのことで
サイドリフトアップ車にした
car_list_fre_slift.jpg

考えてみたら最初からサイドリフトアップだったら
ここまで乗り替えんでもよかったのよね

ていうか、リフトアップ車自体がニーズもあんまりないだろうし
第一、展示車が近辺にはないから
実際に使ってみるまで分からんのよね〜

ま、とにかくこれで最後・・・・のつもり
車に遣ったお金・・・・・
いやいや、いやいや
自分の体力と健康を秤にせんばね


category: ひとりごと

きなおくんが・・・・ 

きなおが夜に脱走した
いつもだと二、三時間で戻ってくるのに
その日は一晩中帰って来ない
朝、気になってテラスから「きなお〜、きなお〜」。

仏夫も心配だったのか
『車に轢かれて玄関で死んでいた』
と、縁起でもない夢を見たという

それからしばらくして、テラスで呼んでいたのが聞こえたのだろう
玄関のガラスにちょこんと座っているきなおの影

あぁ、良かったと家に入れたのは良いが
なんか様子がおかしい

いつもご機嫌でこんな風に尻尾がピーンの筈が
ダラーンと垂れて、元気もない
IMG_0858.jpg


脱走して帰ったらいつも餌に直行が
食欲もなさそ・・・・うーむ
IMG_0639.jpg

病院に連れて行くとレントゲンを撮られた
その結果
肛門の近く、尾の付け根当たりの神経が切れているという
IMG_0883.jpg

「これは事故ですね」と、医師
そっか〜・・・・・
そして、神経が切れて感覚がないから
元気になったら付け根から切断した方が良い
そうしないと引きずって汚れるし大小便も付いてしまうのだと言う

きなおちゃん
あんたの尻尾ぴーん姿、もぉ見れんとね
母ちゃん、悲しかよぉ

ンでも、よぉ考えたら
尻尾で良かったかも?
もぉ少し上の部分の神経だったら仏夫の二の舞だったかもしれんしねぇ
猫の車椅子?
あんたの介護までは母ちゃん
無理

category: ペット

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター