同居から解放された嫁のぶつぶつ日記

認知姑&自閉娘&四匹の猫との非凡な毎日をつづる備忘録

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Aちゃん 

先週の土曜日にフェチ子の自閉友達Aちゃんが
一泊の予定で遊びに来た

電話では度々話しているようだが
会うのは去年の九月以来

四人いる自閉友達の中では性格、体格、趣味等
娘と一番似ているタイプのAちゃん
自閉度も同じようなものかな〜

だったのだが・・・・

思えばNPO法人の女子会(?)で知り合って13年
あの頃の中学生が早いもので
もぉ全員20代後半に突入だ・・・・

フェチ子はあの頃と大して変わっていないような気がするが
今回のAちゃんに、似ているようで違うんだなとつくづく
(ま、大人になったともいえるのだが)

まず気をものすごく遣う(←遣える?)
但し、その遣い方がやっぱり障害の所為か
この状況でそこまで恐縮する?
と、いささか的外れ感が度々・・・


で、Aちゃんは元々弁が立つ方ではあったが
理屈をこねりまわして、屁理屈の域に達している

そして、フェチ子と一番違うと思ったのがクヨクヨするところ

フェチ子もクヨクヨはするが
陽気なクヨクヨというか
周りにぶちまけて
次の瞬間はケロッで
あれはいったい何だったのか?だが
Aちゃんの場合、いつまでもグチグチブチブチ
少々、うつっぽい感じ?



親との関係においても
フェチ子はいつまでも子供で
私が上から押さえつけている感じなのだが
高校卒業時から
グループホームで親元から離れて暮らしているAちゃん
(週末だけ帰省)

迎えに来たAちゃんママとのやり取りで
あぁ、これは対等な関係
いや、もしかしたらママの方が弁では負けているかもと・・・

で、よそ様のお子さんを評して悪いのだが
同じ自閉症でも
登らせればどこまでも登るフェチ子は
分かりやすい楽な部類なんだと思わされた

いやぁ、Aちゃんママは明るい女性なんだが
そしてその苦労をあまり見せない人だが・・・大変だわ

スポンサーサイト

category: 自閉症

施設からの電話 

義母が入所して今月で丸6年
じんわり〜と魂が抜けていっている・・・・という感じだ
きっと頭の中は混沌としてるんだろうな
もうあらかた違う世界にいっている、そんな気がする

認知症の所為で
動かし方も忘れた手足
使わないから固まってしまった手指

もちろん言葉も完全に失っているし
笑顔などの表情も全くなしの能面状態

義妹は生きてくれているだけで嬉しいと言うが
面会に行くたびに思う
こんなになってまで生きていなきゃいけないのだろうかと。。。。

ただ、こうなる前の義母はとても怖がりの人だったから
"死"を意識せずにいられるのはそれはそれで幸せなんだろう

なんて、つらつら考えていたら

昨日から眼が動かなくなって意識が飛んでいる感じがします
微熱もあるようなので食事を控えさせていましたが
今日は幾分良いようなのでまた再開しました


と、施設からの電話


何時でもおかしくないと覚悟はしているつもりだったが
オタオタしてしまった

取り敢えずいきなりじゃなかったのは良かった

category: 認知な姑

プロフェッショナル 仕事の流儀 

今週、月曜日にNHKであった「プロフェッショナル 仕事の流儀
フェチ子がだーい好きなフォントワークスのデザイナー特集だった

フォントがどうやって編み出されていくのか
娘にとっては垂涎モンの番組になっていた

どこがどう違うのか私にゃさっぱり分からんが
フォントが出てくるたびに
筑紫体やらロダンマリアやらなんやらかんやらと口走る
喜色満面の自閉娘
ま、アンタがそれで幸せならそれでええわ
*****************************************************

さて下で記事にした大人の塗り絵
流石は凝り性で粘りが身上の仏夫
ここまで上達した

(上段が仏夫)
IMG_0879.jpg
IMG_0880.jpg

ここまで出来るんだったら
「写真を見て下絵から描けるんじゃない?」と
ただいま木に登らせている最中であるヽ(´∀`)ノ

category: 日常

大人の塗り絵 

仏夫の手のリハビリにも良いのではと
何かの番組で見て気になっていた"大人の塗り絵"を購入してみた

ただし利き手である右は
鉛筆がかろうじて握れても
握力がないので筆圧も弱い

で、幾分圧が出る左手でやっと塗れるくらい
まだ完成ではないがここまで出来た
IMG_0877.jpg

見本と比べるとまだまだ塗り重ねが要るが
それでも不自由な手でここまで出来るのはさすが我慢が身上の仏夫

IMG_0878.jpg

筆圧が弱いので芯が柔らかいドイツ製の色鉛筆も購入したのだが
使い勝手が良いと言う

当初は塗り絵
子供のお遊びじゃん

いささかバカにしてたんだけど
さすがは評判になっただけあって
「時間が経つのが早い」と仏夫

どうやら面白いらしい
買うてよかった


category: クローン仏夫

空飛ぶタイヤ 

活字中毒の私
週に三冊は本を読んでいる
もちろん買うわけではなく図書館で借りるのだが。

で、先週借りて読んだ中にこれがあった

51gN2Mb545L._SX344_BO1,204,203,200_

いやぁ〜、面白くて一気読み
気付いたら夜中の一時だった

このモデルって三菱だよねぇて思いながら読んでいたんだけど
今日のニュースを聞いてびっくり
あの小説の通りになってるぅ。。。。

この作者は十年も前にこうなることを予見してたってか

category: ひとりごと

四季の花時計

リンク

最近の記事

プロフィール

最新のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。